除湿機のハイブリッド式とは? 選び方やメリット・デメリット、おすすめの衣類乾燥除湿機もチェック

除湿機は雨のシーズンだけでなく、部屋干しが当たり前になってきた生活スタイルの強い味方。特に最新のハイブリッド式は一年中、パワフルな除湿能力を発揮します。ここでは除湿機の種類、選び方、ハイブリッド式除湿機のメリット・デメリット、おすすめモデルなどを紹介します。

除湿機はハイブリッドがおすすめ

湿度の高いシーズンはもちろん、洗濯物を気軽に外に干しにくい昨今、除湿機は一年を通して大活躍するお役立ちい家電の一つとなってきています。この記事では特に通年利用に適したハイブリッド式除湿機を紹介します。

除湿機の種類

除湿機は大きく分けて3つの種類があります。エアコンの除湿と同じ仕組みのコンプレッサー式、乾燥剤を使ったゼオライト(デシカント)式、そしてこの2つの方式のメリットを組み合わせたハイブリッド式です。それぞれ特徴を見ていきましょう。

コンプレッサー式とは

コンプレッサー式は、ひとことでいうと、エアコンの「除湿」と同じ仕組みを使った除湿機です。部屋の空気を取り込んでコンプレッサーを使って冷やし、空気中の水分を結露させることで空気中から取り除き、除湿します。

こんな人におすすめ

空気を冷やして除湿するため、温度が高い時期、具体的には梅雨時期から夏、さらには秋のはじめにかけて、効率的に除湿することができます。また排熱が少なく、消費電力も少ないため、梅雨時期などの湿度が高い時期にパワフルに、効率的に除湿したい人におすすめです。

ゼオライト(デシカント)式とは

ゼオライト(デシカント)式は「ゼオライト」という乾燥剤を使った除湿機です。除湿機の内部にゼオライトを使った除湿ローター(デジカントローター)が設置されており、除湿ローターが水分を吸収することで除湿します。ローターの名称から「デシカント式」とも呼ばれます。

こんな人におすすめ

空気中の湿気を吸い取ったデシカントローターは、除湿機の内部でヒーターで加熱されると水分を外に放出し、再び、空気中の湿気を吸い取ります。そのため、気温が低くなる冬でも効率的に除湿できます。音が静かなこともゼオライト(デシカント)式のメリットです。

ハイブリッド式とは

コンプレッサー式とゼオライト(デシカント)式の仕組みを両方備えているのが、ハイブリッド式の除湿機です。周囲の気温が高いときはコンプレッサー式として動き、低いときはゼオライト(デシカント)式として動きます。

こんな人におすすめ

ハイブリッド式は、2つの方式を搭載しているため、一年中、高い除湿力を発揮します。夏も、冬も、パワフルに、効率的に除湿したい人におすすめです。

除湿機の選び方

除湿方式の違いで3タイプある除湿機。どのように選べばよいのでしょうか。

除湿方式のメリットで選ぶ

3タイプの除湿方式には、それぞれメリットがありました。コンプレッサー式は、気温の高い時期に効率的に除湿できます。一方、ゼオライト(デシカント)式は気温が低い時期が得意。ハイブリッド式は両方のメリットを持ち合わせています。方式だけを考えると、ハイブリッド式がおすすめ、となりますが、2つの仕組みを搭載しているため、サイズが大きくなり、コストも高くなりがちです。

除湿能力で選ぶ

どのくらいの広さの場所で使うのかも、除湿機選びの重要なポイントです。除湿機の能力に対して、使う場所が広すぎると、除湿効果はあまり期待できません。一方、逆の場合は除湿効果は高くなりますが、オーバースペックになり、本体のコストやランニングコストが高くなってしまう可能性があります。使う場所に合った除湿能力を持った除湿機を選ぶようにしましょう。

一人暮らしは優先項目を明確に

一人暮らしの場合は、ワンルームもしくは1LDKなど、部屋の広さが限られているケースが多く、またテレビやベッドの近くに除湿機を置くケースも多くなるでしょう。そのため、除湿機を使う場面をよく考えて、動作音の静かさを優先する、室内干しの洗濯物の乾燥機能を優先する、外出時に動かしておくのでタンク容量を優先するなど、優先事項を明確にすると良いでしょう。

除湿機の電気代は高い? 種類ごとやエアコンと比較、賢い節約術は…
梅雨時など湿気が多い季節には、除湿機を使う家庭も増えますが、そこで気になるのが電気代です。除湿機には仕組みの違う三つの種類があり、かかる電気...

ハイブリッド式除湿機のメリット・デメリット

コンプレッサー式とゼオライト(デシカント)式の2つの機能を備えたハイブリッド式除湿機。2つの方式のメリットをあわせ持っていますが、デメリットもあります。ハイブリッド式除湿機のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット1:一年中、パワフルに除湿

ハイブリッド式除湿機の一番のメリットは、一年中、パワフルな除湿能力を発揮すること。コンプレッサー式は空気を冷やして除湿するため、温度が高い時期が得意。一方、ゼオライト(デシカント)式は空気中の湿気を吸い取った乾燥剤をヒーターで加熱して、水分を放出するため、冬の除湿に効果的。

ハイブリッド式はその両方を搭載しているため、一年を通して、パワフルに除湿してくれます。

メリット2:夏の除湿時も熱くならない

ハイブリッド式除湿機は、夏などの温度が高い時期にはコンプレッサー式として動作します。コンプレッサー式はゼオライト(デシカント)式に比べると、排熱が少ないことがメリット。夏の除湿時にも室温の上昇を抑えることができます。

メリット3:冬も除湿能力が落ちない

一方、冬にはゼオライト(デシカント)式として動作し、コンプレッサー式が苦手な低い温度でも除湿能力が落ちることはありません。ヒーターを使うため熱を放出するのですが、冬の使用にはプラスになるといえます。

メリット4:電気代はゼオライト(デシカント)式より安価

まわりの温度が高い場合はコンプレッサー式として動作するため、電気代はヒーターを使うゼオライト(デシカント)式よりも安価になります。

メリット5:最適な除湿方法を選んでくれる

コンプレッサー式、ゼオライト(デシカント)式の両方を搭載したハイブリッド式除湿機。2つの切り替えは周囲の温度に合わせて除湿機が自動で行うため、面倒な操作などは不要です。常に最適な除湿方法で除湿することができます。

デメリット1:サイズが大きくなる

2つの除湿の仕組みを搭載しているため、どうしても本体サイズが大きくなり、製品の重量も重くなります。

デメリット2:価格は高め

価格もコンプレッサー式、ゼオライト(デシカント)式に比べると高くなります。

デメリット3:動作音はゼオライト(デシカント)式より大きめ

コンプレッサー式として動作する場合は、ゼオライト(デシカント)式よりも音が大きめです。

除湿機と衣類乾燥除湿機と除湿乾燥機の違い

最近では「除湿機」ではなく、「衣類乾燥除湿機」と呼ばれる製品が登場しています。基本的には同じ機能を持っていますが、衣類乾燥除湿機は洗濯物を室内干しした際に、洗濯物に効率的に風を送り、すばやく洗濯物を乾かすことができるよう工夫されています。さらに除菌や脱臭の機能を備えた製品がほとんどです。「除湿機」が今は「衣類乾燥除湿機」に進化したと考えることもできます。

また「除湿乾燥機」と呼ばれることもありますが、ほぼ「衣類乾燥除湿機」と同じ意味と考えてよいでしょう。

洗濯物が乾く時間をもっと短くしたい! 乾かすコツや時短アイテムは?
洗濯物が乾くまでに時間がかかると、嫌な臭いの原因になることがあります。なるべく早く乾かすために、三つのポイントを押さえた干し方を知っておきま...

ハイブリッド式除湿機のおすすめ

除湿機(衣類乾燥除湿機)は、さまざまなメーカーから、いろいろな製品が登場していますが、ハイブリッド式除湿機はまだ新しい製品で、大手メーカーの製品に限られています。

「CV-NH140」(シャープ)

シャープ自慢の「プラズマクラスター」が生乾き臭をすっきり消臭。広角ワイドルーバーが、3種類の左右スイング、 4種類の上下スイングで除湿された風を衣類に届けます。定格除湿能力13L/日(60Hz)。

「F-YHUX120」(パナソニック)

パナソニックの最新スタンダードモデル。「ナノイー X」で衣類を除菌、部屋干し臭を抑えます。仕上がりを検知、自動でストップする「カラッとセンサー」搭載。除湿可能面積の目安(鉄筋)25畳、定格除湿能力10L/日(いずれも60Hz)。

「F-YHSX120」(パナソニック)

パナソニックの2019年4月発売のスタンダードモデル。除湿可能面積の目安(鉄筋)25畳、定格除湿能力10L/日(いずれも60Hz)。

F-YHUX90」(パナソニック)

パナソニックの最新コンパクトモデル。洗濯物を真下から、省スペース、かつ効率よく乾かすことができます。除湿可能面積の目安(鉄筋)16畳、定格除湿能力6.5L/日(いずれも60Hz)。

「F-YHTX90」(パナソニック)

パナソニックの1つ前のコンパクトモデル。除湿可能面積の目安(鉄筋)16畳、定格除湿能力6.5L/日(いずれも60Hz)。

「F-YHUX200」(パナソニック)

パナソニックの最新大容量モデル。大量の洗濯物も1年中、すばやく、カラッと乾かします。除湿可能面積の目安(鉄筋)43畳、定格除湿能力17L/日(いずれも60Hz)。

「F-YHTX200-S」(パナソニック)

パナソニックの1つ前の大容量モデル。除湿可能面積の目安(鉄筋)43畳、定格除湿能力17L/日(いずれも60Hz)。

最近のハイブリッド式除湿機をチェック

梅雨はもちろん、湿度の高いジメジメした日でも、部屋がカラッと乾燥していると気持ちがいいですね。ハイブリッド式除湿機(衣類乾燥除湿機)は一年中、パワフルに、効率的に除湿してくれる優れもの。新しい生活スタイルが必須となった今、ハイブリッド式除湿機はこれからの新しい必需品といえそうです。

おすすめの空気清浄機9選! シャープやダイキン、加湿や除湿機能もチェック!
赤ちゃんや子どもと過ごす部屋は、キレイな空気を保ちたいですよね。通年で気になるハウスダストや季節性の乾燥・花粉などの対策に、空気清浄...
エアコンが効かない原因とは? 対処方は? 修理を依頼する目安って?
エアコンが効かない原因「室内機」 エアコンが効かないときは、「室内機」か「室外機」のどちらかに不具合が起きている可能性があります。最初に室...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事