小学生におすすめの英単語帳12選│メリットや選び方、自作の英単語帳の作り方を紹介

gf1190780383m

英単語を覚えないと、英語を読んだり書いたりすることはできません。そこで小学生におすすめなのが英単語帳です。英単語帳の選び方や、小学生向けのおおすすめ英単語帳をご紹介します。さらに自分で英単語帳を作るときのメリットや作り方も解説します。

小学生におすすめの英単語帳とは?

小学生の授業に必修となった英語。でも、子どもにどんな風に英語を教えたらいいか困っている方も多いのではないでしょうか。

小学生の英語の勉強ではずせないのが、英単語の学習です。それは、英単語がわからなければ、読み書きはもちろん会話でも戸惑ってしまうからです。そこでこの記事では、小学生におすすめの英単語帳について、ご紹介していきます。

英単語帳が小学生にとって大切な理由

小学生の英語学習で英単語帳を取り入れたいのは、次のような理由があるからです。

スペルも覚えなければならない

最初は「話す」「聞く」が中心の授業も、小学校5年生からは「読む」「書く」内容がプラスされます。つまり耳で英単語を覚えるだけではなく、スペルもきちんと覚えて、読んだり書いたりできるようにしなければならないのです。

基本の会話で必要な単語がほとんど

小学校の英語学習で覚えるべき単語は、英語の基本として必要な単語ばかり。これらをしっかり身につけることで、英語の基礎力をしっかりつけることができるのです。

授業時間数が少ない

小学生3~4年生の英語は週に1時間、5~6年生は週に2時間だけ。これだけで約700もの単語を覚えるのは大変です。授業時間数に限りがあるため、できるだけ家庭で英単語帳などを使い、英語学習のサポートを行っていくことが大切になります。

英単語帳の選び方

gf1190780383m

わからない英単語ばかり出てくる英単語帳を子どもに渡すと、英語嫌いになりかねません。次のようなポイントで英単語帳を選びましょう。

子どもの英語力にあったものか?

子どもにとって難しすぎる英単語が並ぶものはダメ。子どもが楽しみながら英単語帳を使えるように、半分程度は子どもがわかる英単語が並んでいるものがいいでしょう。

スペルも覚えられるものか?

小学生の最初の英語学習では英単語のスペルを覚える必要はありません。でも、高学年になればスペルも覚えていく必要があります。そこで英単語帳はスペルも覚えられるタイプをあらかじめ選んでおくといいでしょう。

音声付きで覚える

初めて見る英単語は、誰でもきちんと発音することが難しいもの。耳で聞いて、目で見て、理解できるように、音声付きの英単語帳もおすすめです。

小学生向け英単語帳のおすすめ

では小学生向けにおすすめの英単語帳をご紹介していきます。英検5級合格を目指すものなど、いくつかの目的別にまとめましたので、それぞれの子どもに合ったものを探してみてください。

英語学習をはじめたばかりの小学生におすすめ

英語の学習をはじめたばかりの子どもにおすすめの単語帳をご紹介します。

小学生の英単語(毎日のドリル)

「1日1枚」やりきるタイプのドリルなので、子どもが達成感を感じながら自信をつけていくことができます。1冊の中でも繰り返し英単語が出てきて練習していくため、英語の基礎力をしっかり身につけられます。

小学生の英単語カード950

表面はかわいいイラストつきの日本語、裏面は英語が書かれているシンプルなスタイル。小学校で知っておきたい全950語がカバーされていて、小学校の6年間を通して使える1冊です。無料ダウンロードの音声もあります。

小学英語 はじめての英単語(早ね早おき朝5分ドリル 30)

朝の短時間でも続けられるように、1日たったの5分でできる英単語帳です。毎日の睡眠時間や勉強時間を記録できる「生活チェック」つきで、子どもに正しい生活習慣を付けながら、英語の学習ができます。

名探偵コナンと楽しく学ぶ小学英語ドリル<単語編>

名探偵コナンのイラストが使われ、コナンと一緒に英単語を学べるドリルです。重要な会話表現や英単語を収録したCD付き。

音声学習もできる英単語帳

目で見て学ぶだけでなく、CDなどを使って耳で聞いて覚えられる英単語帳です。

「意味順」だからできる!小学生のための英単語ドリル はじめの一歩1

イラストを見ながら英単語をなぞり書きしていく英単語ドリルです。音声ダウンロード付きで、耳からの発音・リスニングの学習もできます。小学校2・3年生からでも使える基本の英単語をまとめています。

キクタンキッズ(初級編)見て聞いて覚える英単語帳

CD付きで、リズムにのりながら英単語を覚えていけます。英語学習歴半年以上程度の幼児~小学校高学年が対象。英語学習の基礎となる約350語がカバーされています。

うんこドリル 英単語 小学1~6年生

あまりの人気で社会現象にまでなった「うんこドリル」シリーズの英単語版です。うんこ絵物語を見ながら、重要英単語224単語を覚えていけます。QRコードを読み込むと英単語の動画を見られるので、正しい音声を確認できます。

ドラえもん 小学生の英単語・英熟語1050

小学生に身近な言葉を37のテーマに分け、1050の英単語と英熟語を紹介している一冊です。ドラえもんのイラストがあちこちに散りばめられていて、子どもが飽きずに楽しみながら学習できます。特設サイトにアクセスすれば、ネイティブの発音も確認できます。

英検5級合格を目指す

子どものやる気を伸ばすために「英検5級」の合格を目指してもいいですね。

まとめて覚える 英検5級 イラスト英単語

すべての英単語にイラストが付いていて、目で見て確認しながら英検5級の合格に必要な英単語を覚えていけます。さらにテーマごとに関連する単語や表現がまとめられていて、効率的に学習できます。

英検5級 でる順パス単

過去5年分の英検5級の過去問題を徹底分析。よく出題される英単語が「学校で習う単語」「英検にでる単語」にカテゴリー分けされてまとめられています。ロングセラーの英単語集です。

タッチペンで音がきける!はじめての英検5級

英検5級合格に必要な単語やフレーズが1000以上。付属のタッチペンを使うと、英単語とフレーズを耳で聞きながら確認できます。過去問題・本番形式問題も付いているから、試験対策もバッチリできます。

英検5級 寝る前5分暗記ブック

就寝前の学習は記憶の定着をうながすと言われています。そんなメソッドをもとに、英検5級合格に必要な英単語と文型を、語呂合わせやイラストでまとめています。毎日の寝る前の習慣に取り入れてみて。

小学生が英単語帳を自分で作るメリット

英単語帳は市販のものを利用するほか、自分で作ってもいいでしょう。自分の手を動かしていくと脳が活性化され、その英単語を記憶として残しやすくなっていきます。

英単語帳の作り方

英単語帳を作る基本のステップは次の通りです。

ノートなどの単語帳を用意する

まず単語帳を作る小型のノートなどを用意しましょう。いわゆる典型的な“単語カード”は小さすぎて、例文などを書き込めるスペースも小さいため、ノートタイプの方がおすすめです。

英単語を書き込んでいく

覚えたい英単語をそこに書き込んでいきます。ノートの左ページには英語を、右ページには日本語を書くように、わけていくといいでしょう。また英語は赤ペン、日本語は黒ペンを使うなど、色分けしてもいいですね。

使うときは声に出して読む

作った英単語帳は、ちょっとした合間の時間にぜひ使っていくようにしましょう。そのとき、英単語をただ見るのではなく、英単語や例文を声に出して読むのがおすすめです。

自作英単語帳におすすめのアイテム

自分で英単語帳を作るときに便利なアイテムをご紹介します。

パイロット メモリーライン シートセット

覚えたい英単語にマーカーを引いて、付属のカラーシートで覆うとマーキングした部分が見えなくなります。だから英単語を覚えるときに便利。ペンとカラーシートのセットです。

ぺんてる 暗記用マーカー 暗記スナップ

暗記したいところをマーカーでなぞり、専用アプリで読み込むと自分だけの暗記シートが作れる便利なペン。オレンジのほか、スカイブルー、ピンクなど5色がラインナップ。色わけして効率的に学習できます。

暗記ノート

覚えたい英単語を赤系のペンで書き、赤いシートで隠せば見えなくなるので、暗記するときに便利なノートです。B5サイズのほか、B6などもあります。

英単語帳

シンプルでベーシックな英単語帳です。水に強い合成紙でできており、鉛筆や油性ペンで書き込めて、お風呂の中での勉強にも使えます。持ち運びにも便利。

英単語帳やアプリなども活用しよう

小学生の英語学習は楽しみながら進めるのが大前提です。英単語帳だけでなく、アプリなども併用して、耳で聞いたりしながら楽しんで英語に触れられるように進めていくことが大切ですね。

あなたにはこちらもおすすめ!

英語アプリのおすすめ14選|大人から子供まで無料で使える英語学習に人気のアプリ
大人から子どもまで人気の英語アプリを紹介 幅広い世代に利用されている英語学習アプリ。アプリだと気軽に英語学習を始めることができるので、忙し...
英検、漢検…「子どもに取得させたい資格は?」ママパパ814名に聞いてみた!
「いつか子どもに取得させたい資格」TOP10 取得後だけでなく取得するまでの勉強や努力もまた、知識・経験としてタメになる「資格」。 今回...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事