キッチンの水切りが使いやすくなるアイディア集|カゴを置かない代用方法も!

食事の後片付けになくてはならないのが水切りカゴ。さっと食器の水を切れれば、清潔に食器を使うことができますよね。でも水切りカゴはどうしても場所を取ってしまうもの。今回は、省スペースの水切りカゴや、水切りカゴを置く以外の代用アイディアをまとめてみました。ぜひチェックして。

キッチンの水切りどうしてる?

料理の後片付けに必須になる作業が、洗った食器の水切り。通常は水切りカゴなるものを使うことがほとんどだと思いますが、置き場所に悩む人も多いもの。そこで、悩みのポイントやお助けアイディアをご紹介します。水切りがすっきりできると後片付けもストレスフリーにできるのでしっかりチェックしましょう。

水切りカゴに悩む理由

まずは、水切りカゴについての悩みはどんな点なのか、ポイントやデメリットをまとめました。

置き場所が狭い

水切りカゴはそれなりの場所を取るもの。洗って水切りをしている時はもちろん、使っていない時にも場所を取ってしまうので、キッチンの作業スペースが自ずと狭くなってしまいます。せっかく広いキッチンにしたのに、と残念なことになる人もいるはず。

掃除が複雑になる

水切りカゴは、スムーズに水をシンクに流すためにカゴの下にプレートが付いていたりと、便利に使うためには、構造が複雑になりがち。大きいものなので、シンクの中での掃除が面倒になるのも困るポイント。

水がかかるので水垢を取るのが大変

常に水にさらされているカゴは、水垢の温床に。一度ついた水垢は落とすのも大変なので、お手入れの手間がかかります。

狭い場所にもぴったりな水切りカゴ

キッチンが狭くて水切りカゴを置くのが大変、というおうちにぴったりな、スリム設計など工夫を凝らしたアイテムをご紹介します。写真を参考にしてチェックしてみて。

シンクの上に設置する

まずはこんな手があったのかと、うなる人も多いのがシンクの上。ここに水切り棚を設置することで水もシンク内に落ちるので問題なし。洗いながら前に置けばいいのでスムーズな食器洗いが叶います。

デッドスペースが活用できる

シンクと壁の横に細いスペースがあることは多いですよね。その狭い部分はデッドスペースになりがち。細い水切りカゴであれば、お椀やお茶碗を置くことができ、キッチンスペースの有効活用につながります。

一時的に調理台に置く

薄い水切り台は、キッチンの作業台に一時的に置いて、使わない時には壁や引き出しにしまうことですっきり収納できます。狭いキッチンでもしっかり水切りができるのが魅力的。

棒に引っ掛ける

突っ張り棒などをシンク上に設置し、空間を有効活用するアイディア。使わない時には一時的な収納カゴとしても使うことができます。

水切りカゴを使わない代用アイディア

そもそも水切りカゴを使わなければジャマになることもなく、すっきりとしたキッチンスペースが確保できるもの。代用できるアイディアをご紹介します。

水切りマットで一時的に

吸水性に優れた厚みのある水切り用のマットは、1枚あると便利に使えるもの。水切りが終わったら、乾かして畳んでおけば収納に場所を取ることもありません。

吊戸棚で空間収納を設置

カゴというと下に置くことを想定しがちですが、空間収納を利用するという手も。とにかくスペースがないなんていう場合には有効な手段です。

 

折りたたみタイプで使うときだけ出す

使わないときにも出しっぱなしの水切りカゴだと、ほかの作業の邪魔になります。そこで、使用しないときは収納するという発想で、収納向きのアイテムを活用するという手も。ふだんはコンパクトに折りたたんでしまっておき、使うときだけ出して使用するタイプです。

珪藻土マット

吸水性の高い珪藻土マットは、水を吸うとさっと乾くので水切りカゴの代用にぴったり。アスベスト不使用のものをしっかりチェックして選んで。

工夫をこらした水切りカゴで、広々キッチンに

場所をとってしまう水切りカゴを省スペースタイプに切り替えるだけで、キッチンの作業スペースがぐっと広く使えることに。もともと狭めなキッチンや、せっかく広々つくったキッチンをしっかり活かすことができると、料理の効率もぐっとアップしますよ。

あなたにはこちらもおすすめ

スチールラックの活用術&おしゃれな収納のコツ|キッチンでもリビングでも大活躍!
スチールラックとは? 耐久性に優れて、汎用性の高いスチールラックは、収納家具の大定番。サイズのバリエーションが豊かなことに加えて、可変性タ...

文/松川麗 構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事