「ケーキ」の絵本おすすめ4選|人気の「ケーキになあれ!」「しろくまちゃんのほっとけーき」などプロが厳選!

編集部が、甘いもの好きなお子様におすすめな「ケーキ」の絵本をご紹介。「ケーキになあれ」「しろくまちゃんのほっとけーき」など、可愛いお菓子絵本を厳選。おすすめポイントを一挙に解説します!

おすすめ「ケーキ」の絵本4選

【1】『ケーキになあれ!』

ふじもとのりこ/著者, 編集 BL出版

◆こんな本

いろんな果物に、「ちちんぷいぷい」と魔法をかけると、いちごがショートケーキに、りんごがアップルパイに変身。いろいろな果物が登場するので、どんなケーキに変身しているのか、親子でわくわくしながらページをめくって楽しんで。果物やケーキは、色鉛筆で描かれています。

【2】『きのみのケーキ(もりのおくりもの2)』

垂石真子/著者, 編集 福音館書店

◆こんな本

たぬきは、森でひろった木の実でケーキづくり。とてもきれいにできたので、森の仲間を呼びに行ったら、戻ってみるとケーキが消えてしまっていました…。果たしてケーキはどこへ!?  ほっこりした結末に心が温まります。

「もりのおくりもの」シリーズ2で、福音館の手のひらサイズの小さな絵本。お出かけの時に持って行く絵本としても大活躍しそう。

【3】『フルーツケーキいただきます(はじめてえほん)』

おかむらしまこ/著者, 編集 ポプラ社

◆こんな本

まずはスポンジにクリームをぬって、それからいちご、スポンジとクリーム…とページをめくっていく過程で、フルーツケーキができ上がっていきます。まるで、お料理を作っているような楽しみを味わえる新しい「しかけ絵本」。音や声を、文字にした「オノマトペ」で構成されており、小さいお子さんから楽しめます。

【4】『しろくまちゃんのほっとけーき(こぐまちゃんえほん)』

若山憲/著者, 編集 こぐま社

◆こんな本

「しろくまちゃん」が、お母さんと一緒にホットケーキを作る物語。1970年の発売以来ロングセラーの「こぐまちゃんえほん」シリーズの人気の1冊。ホットケーキがだんだん焼けていく12の工程、「ぽたあん」、「どろどろ」、「ぴちぴち」…楽しい擬音で構成されています。

◆ママパパの口コミ

「ケーキがおいしそうで後日自分でホットケーキを焼き子供と食べた。」(30代・愛知県・子ども2人)
「ホットケーキを作る過程が書いてあるページが子どもが大好きで何度も読みました。わくわくする絵本だと思います。」(30代・埼玉県・子ども1人)

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事