本当にいいおもちゃの条件とは?【グッド・トイ2019受賞作品発表!】子供の創造性を育むおもちゃが勢ぞろい

今年で34年目となる、認定NPO法人芸術と遊び創造協会が実施しているおもちゃの受賞制度「グッド・トイ」。2019年5月25日に発表された全国2000名のおもちゃのコンサルトによって選ばれた45点のおもちゃは、日本のおもちゃ、海外のおもちゃ、木のおもちゃ、カードゲームなどバラエティ豊か。さらにその中から大賞として選ばれたおもちゃなどを紹介していきます。

グッド・トイとは?

親や祖父母がおもちゃを選ぶ際の目安をつくろうというところから始まったおもちゃの受賞制度で、おもちゃコンサルタントが選ぶ「よいおもちゃ」。人は遊びを通して五感を磨き、コミュニケーション能力を養い、夢を育てます。よいおもちゃ=グッド・トイとは、その手助けができるおもちゃのことです。

グッド・トイの選考基準

グッド・トイを選考する際に、おもちゃを見る視点として3つの方針と6つのポイントが設けられています。

【3つの方針】

1.健全なおもちゃ
安全性への配慮を評価するとともに、暴力行為、他を傷つける行為を連想させるもの、遊び内容が暴力的であるものは選ばれません。

2.ロングセラーおもちゃ
流行を求めた一過性の楽しさではなく、ロングセラーのおもちゃとしての可能性を評価します。

3.遊び・コミュニケーション尊重おもちゃ
知育、早期教育への偏重を慎重に取り扱い、ユニバーサルな遊びとコミュニケーションを尊重した選考を行っています。

【6つのポイント】

1.美しい色と形
2.動きのバリエーション
3.適度な大きさと重さ
4.心地よい音
5.感触のよさ
6.丈夫さと壊れにくさ

これらの選考基準のもとで選ばれたおもちゃは、「グッド・トイ」マークをパッケージなどに印刷表示することができます。

グッド・トイ2019の中から賞に選ばれたおもちゃ

今年グッド・トイとして選ばれたおもちゃは、45点。その中からさらに「グッド・トイ大賞」、「林野庁長官賞」として選ばれたおもちゃや推薦理由などを紹介していきます。

【グッド・トイ大賞】アーチレインボー

(グリムス・シュピール社/株式会社ブラザー・ジョルダン社)

メーカー/輸入企業 グリムス・シュピール社(ドイツ)/株式会社ブラザーショルダン社
主な素材/シナノキまたは菩提樹
製造国/ボスニア
販売開始/2010年ごろ
概要/子どもの遊びが輝く虹色のつみき

カラフルなカラーがかわいい、虹の形をしたフェルトのようなあたたかい感触を持つ積み木。表面が滑りにくく、積みやすいので玉の道にする、シーソーにするなど遊びの発展性があります。

おもちゃコンサルタントの推薦コメント
「とにかくあそび方が無限大のおもちゃ。見た目はシンプルだが、子どもたち一人一人の感性で、トンネルにも道路にもシーソーにもなる。奥行きがあるので他社の白木の積み木やジーナ社ベビーキューブ等との相性もよく、さらにあそびが広がる。時が経てば経つほど、あじわいが出てくる色合いも素敵。」

「虹を作るアーチは1枚の材から切り出しており、順番に並べるとパステルカラーの木目がきれいにつながります。職人の手仕事の跡を残したデザインは、画一的な工業製品には無い木と人のぬくもりが感じられます。」

【林野庁長官賞】おうちごっこ

(寺内定夫の木のおもちゃ てのひらえほん)

メーカー/寺内定夫の木のおもちゃ てのひらえほん(東京都)
主な素材/センの木
製造国/日本
販売開始/1970年代
概要/無限の広がりが生まれるドールハウス

国産の木材を最も有効に活用しているおもちゃに贈られる「林野庁長官賞」。ドア・窓・壁を自由に配置して遊びの空間を作ることができ、想像力次第で無限の楽しみ方が生まれます。

おもちゃコンサルタントの推薦コメント
「国産のセンの木で作られた丈夫で高品質な究極のドールハウス。子どもの空想を助けるおもちゃとしてだけでなく、大人になっても楽しく遊んだ思い出とともにインテリアとして飾ったり、フォトスタンドとして活用できます。高齢者もごっこ遊びやリハビリをしたり、『人生のマルチステージ』でずっと心に寄り添ってくれます。」

「遊ぶ人の想像力で補うことによって空間が生まれる。ごっこ遊びが演劇のようなものだとしたら、これはすばらしい舞台装置だと思います。」

「園で働いていたとき、なかなか心を開いてくれない子どもが、この小さな窓越しにお話してくれた思い出があります。かわいいドアや窓を間に置くことで、新鮮なコミュニケーションが生まれる、心の窓を開いてくれる力のあるおもちゃです。」

グッド・トイ2019で選ばれたおもちゃ

「林野庁長官賞」、「グッド・トイ大賞」以外にもグッド・トイ2019に選ばれたおもちゃの中からママライターが気になったものをピックアップして紹介します。

子供の好奇心を刺激!『手を使って記憶するロックボックス』

メーカー/輸入企業 タグトイズ社(アメリカ)/株式会社ブラザーショルダン社
主な素材/木
製造国/アメリカ
販売開始/2011年
概要/10の扉と10のカギが子どもをひきつける

子供はカギをかけたり、宝物を隠したりすることが大好き!10の扉には、それぞれ異なるカギが付いていて開け閉めするだけでも楽しそう。扉の中に物を入れることもできます。何度も繰り返し遊ぶことで手先の器用さや、どこに何を入れたのかという記憶力を養います。

おもちゃコンサルタントの推薦コメント
「探索行動を刺激するためにデザインされたロックボックスです。手作りの丈夫な素材に、10の扉と10の異なった鍵が付けられたロックボックスは、ほかでは見られません。子どもは多様な指先の使い方をして、夢中になって何度も扉を開けてロックを繰り返します。そして自分の大事な宝物を箱の中に隠します。隠したものを探すことで記憶力の保存に役立ちます。」

家族や友達と楽しめる『色あわせつみきゲーム』

メーカー/株式会社エド・インター(兵庫県)
主な素材/天然木、紙
製造国/ベトナム
販売開始/2018年
概要/イラストを積み木で再現!いちばん早いのは誰?

カードに描かれた絵の色を積み木で立体的に再現するゲーム。家族や友達と一緒に遊ぶときは、積み重ねたらカスタネットを叩いて合図して作る速さを競います。集中力と判断力、しっかり積み木を積む器用さがポイントとなり大人も子供と一緒に夢中になって遊べそう。

おもちゃコンサルタントの推薦コメント
「子どもにハンデがいるかと思いきや、意外と子どもの方が早く正しくつみきを並べます。カードに描かれたイラストもとてもかわいらしく。つみきを使わなくても、お話をつくるのも面白い遊びになると思います。」

おもちゃ美術館でグッド・トイに触れてみよう!

2019年の受賞おもちゃ45点は東京おもちゃ美術館での展示も開始されていて、見ることはもちろん、来場者が自由に手に取って遊ぶことができます。各地への巡回展、秋田・山口の姉妹館での展示など、全国各地で多くの親子が手に触れ遊ぶ機会が作られますので、お近くの方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

【グッド・トイとは】
1985年より認定NPO法人芸術と遊び創造協会が実施しています。国内で販売されているおもちゃのなかから、遊びの専門家「おもちゃコンサルタント」の投票によって贈られる受賞制度。受賞すると、グッド・トイマークをパッケージにつけられるほか、同NPOが様々な場所で紹介をしています。毎年20~60点のおもちゃが受賞をしています。制度や他の受賞おもちゃについては、Webサイト「GOOD TOY Awards」(http://goodtoy.jp/)をご覧ください。

色で遊べる、水遊びもできる!枡からできた”ますつみき”【おもちゃ美術館・子どもには物語のあるおもちゃを1】
わが子には良質なおもちゃでたくさん遊んでほしい。でも、どんなおもちゃを与えたらいいの?どうやってあそんだらいい?と迷ってしまうこともあります...
全国各地に続々オープン!おもちゃ美術館がファミリーを虜にするワケ
アクセスが必ずしもよくないのに、人が集まるおもちゃ美術館の魅力って? 東京おもちゃ美術館は、赤ちゃんから高齢者までが日本をはじめ世界中から...

東京おもちゃ美術館のサイトは>>こちら http://goodtoy.org/ttm/

文/やまさきけいこ

編集部おすすめ

関連記事