小学生の服装|どこで買ってる?おすすめブランドは?アンケートで見えてきた服選びのポイントをチェック!

HugKumでは小学生のお子さんをお持ちの全国のママ・パパ120人に子どもの服装に関して、アンケート調査を実施!意外と悩む小学生の子どもの服装選びについて、最新事情をリサーチしました。他のママ・パパがどんなことに気をつけているのか、どんなブランドを選んでいるかなど、ぜひ参考にしてみてください。

小学生の服装選びのポイント

小学生のお子様の洋服選びで、みんな何を気にしているのか知りたいところですよね。小学生の洋服選びで気を付けていることを今回のアンケートでも聞いてみました。回答の多かった順番に見ていきましょう。

動きやすいこと

一番多かった回答はコレ。小学生の服装選びにとって、まず一番大事なのは、服を着た時の「動きやすさ」のようです。
「運動しやすいように」(40代・北海道・子ども2人)
「走り回って遊ぶ事も多いから」(40代・千葉県・子ども2人)
「外遊びや体育などで支障がでないように」(40代・兵庫県・子ども1人)
「外で遊ぶのにスカートじゃ不便なので」(40代・奈良県・子ども3人)
「のびのびとしてほしいから」(30代・山形県・子ども2人)

まずは本人が遊んだり運動しやすいように、という回答がとにかく目立ちました。休み時間や放課後に外で遊ぶことも増えるので、活発なお子さんなどにはのびのびと過ごしてほしいという親心がわかります。また動きにくくて怪我をしてほしくない、という回答もありました。

本人の好みを大切にする

2番目に多かったのは「本人の好みで選ぶ」というもの。この回答には大きくふたつの理由があるようです。

【1】「選んだ服を大切にしてくれる」という前向きな理由

「大事に着てくれるから」(30代・兵庫県・子ども3人)
「手入れしやすさと、本人が楽しめることが大事」(40代・石川県・子ども2人)
「喜んで着る事が大事だと思うので。」(40代・群馬県・子ども1人)

【2】「気に入らないと結局着てくれない」という仕方ないという理由

「自分が選んでも、子どもが着てくれないことがある」(40代・秋田県・子ども3人)
「親が買っても気に入らないと着ないから」(40代・群馬県・子ども2人)
「本人にこだわりがあるので」(40代・埼玉県・子ども2人)
せっかく買った服をほとんど着てくれないというのも悲しいもの。子どもが喜んで大事に着てくれるとうれしいですよね。

着替えやすさ

アンケートで「着替えやすさ」を挙げた方は、具体的には下記のようなコメントが見られました。

「外で遊ぶ機会に対応できるようにするため」(40代・埼玉県・子ども2人)
「外遊びや体育などで支障がでないように」(40代・兵庫県・子ども1人)
「学校では毎日運動着に着替えるので、短い休み時間で着替えに手間がかからないようにするため」(30代・福島県・子ども4人)

小学生になると自分で着替えをするようになり、体育や外遊びの時にはなるべく早くストレスなく着替えられるようにしてあげたいというママ・パパが多いようです。

汚れにくさ

確かに毎日の洗濯、大変ですよね(笑)。色や素材の「汚れにくさ」を挙げた方も多くいらっしゃいました。
「洗濯が大変だから」(50代・大分県・子ども2人)
「学校で絵の具や書道で汚しやすいから」(30代・千葉県・子ども1人)
「すぐに汚すから 動きやすい物」(30代・埼玉県・子ども2人)
小学生にもなると、活動の場が広がるので、汚れにくい素材や色についても気をつけたいところ。汚れやシミを落とすためにしっかり洗うのが大変という理由と、汚れても目立たないようにしてあげたいという気持ちが見えてきました。

値段

子どもの洋服選びの際に「値段」は確かに悩ましい問題。いいものを着せてあげたいとは思うのものの…
「すぐ大きくなるから」(40代・埼玉県・子ども2人)
「体がすぐに大きくなるから」(40代・千葉県・子ども2人)
「すぐサイズが合わなくなるから」(50代・東京都・子ども2人)
せっかく買ったのにすぐに買い替えが必要になってくると、家計にもダメージが大きいもの。とはいえ、買い替え頻度が高いのはうれしい悩みでもありますよね。

サイズは少し大きめを選ぶ

サイズ選びも悩ましい問題ですよね。サイズ感を重視する人は、今のサイズよりも少し大きめのものを選ぶ方が多いよう。
「すぐに小さくなるから」(40代・東京都・子ども1人)
「長く着れるから」(40代・北海道・子ども2人)
「成長期なので今のサイズの服を買うと長く着れない為」(40代・兵庫県・子ども2人)
せっかく選んだものなので、できれば長く着てほしいという気持ちが表れています。

派手すぎないデザイン

「派手すぎない」洋服を選びたいということはどういう背景があるのでしょうか。
「動きにくいし、周りより浮く」(40代・神奈川県・子ども1人)
「校則で決められている」(50代・大阪府・子ども2人)
「自分らしさを見失わない」(30代・北海道・子ども5人)
「学校生活を送る上で悪い意味で目立つことなく、動きやすい服装の方が良いと思うから」(40代・東京都・子ども2人)
派手な柄やフリルなどの装飾がついているような服は、学校には必要ないと考える人や、悪目立ちしてしまうのでよくないという理由が多いようです。休みの日にはもう少しデザインが凝ったものを着せている人も多いかもしれないですね。

肌に優しく手入れしやすい素材

「素材」にこだわる方も多数いらっしゃいました。
「肌トラブルが出るので」(40代・大阪府・子ども2人)
「子供が着たがらないから」(40代・東京都・子ども2人)
「肌への刺激、通気性など」(40代・埼玉県・子ども2人)
目立った回答は、チクチクしたりと感触が気になって子どもが着るのを嫌がるという理由。特に肌が弱いお子さんには、刺激により肌トラブルが起こる場合もあるので注意してあげたいという方もいます。また、毎日洗うものなので、洗濯機でがしがし洗えたり、すぐに乾くなどお手入れがしやすい服、というのも大事な理由のようです。

小学生の服の必要な枚数は?

次に、みんなどのくらい子どもの服を持っているのかについてアンケートで聞いたところ、下記のような結果になりました。

上衣(Tシャツ、トレーナーなど)の枚数

Q:上衣は何枚持っていますか?

トップスは5枚程度?10枚という人が約半数。10枚?20枚という人も30%近くいて、多くても20枚以内というのが一般的なようです。

下衣(ズボン・スカートなど)の枚数

Q:下衣は何枚持っていますか?

ボトムスは、10枚までという家庭が全体の3分の2程度まで占めています。

上の二つのアンケートから、汚れが目立ったり、いつも同じものを着ているという感じをなくすために、下衣よりも上衣を多く持っているご家庭が多いことがわかります。また下衣はシンプルなものが多いので、たくさんの枚数は必要ないのかもしれないですね。

コーディネートは何を参考にしている?

コーディネートで参考にしているものはあるのか調査してみたところ、こんな結果に。

Q.小学生の服装コーディネートで参考にしているものはありますか?

「特に参考にしない」という方がほとんどでしたが、「SNSを参考にする」という方も少数ながらいます。子どもの載っているSNSを見ると、#キッズファッション #キッズコーデというタグが多くついているので、これから参考にするという人が増えていきそうですね。

小学生に買ってあげたい人気の通学ブランド

世のママ・パパはどんなブランド、どんなショップで通学用のおしゃれ服を買っているのでしょうか? アンケートの集計結果は予想通り、定番人気の王道ブランドがランキング上位を占めました。

1位 ユニクロ

ユニクロは、安い、店舗数が多い、生地が丈夫なこと、すべてを兼ね備えた理由で支持する人が圧倒的多数でした。シンプルで機能的な服が安く買える、というのは小学生の子どもを持つパパママにはとてもありがたいですよね。

「安くて素材、着心地ががいい」(50代・大阪府・子ども2人)
「値段の割にかわいい服があるから」(40代・千葉県・子ども2人)
「コストパフォーマンスが良い。 成長とともに服を買い替えやすい。 汚しても気にならない」(40代・東京都・子ども2人)
「種類が豊富で安いから」(50代・東京都・子ども2人)
「家から近いところにショップがあり、値段と品質とのバランスが良いから」(40代・埼玉県・子ども2人)

2位 しまむら

しまむらも店舗数が多いので、近くで買いやすく、さらにお値段が手頃、という方が多いです。トレンドの取り入れ方が上手なので、おしゃれを楽しみたい小学生女子から熱い支持を得ています。

「安くて素材がいい」(50代・大阪府・子ども2人)
「近くで安く手に入る」(40代・新潟県・子ども3人)
「安くて幼稚じゃないデザイン。店舗数があり取り置きの予約ができるのも魅力」(40代・群馬県・子ども2人)

3位 GU

GUは近くて安いこと以外に、おしゃれ感もあるところが選ばれるポイントのようです!。ママやパパとのリンクコーデも楽しめるのもGUならでは!

この投稿をInstagramで見る

 

GU(ジーユー)さん(@gu_for_all_)がシェアした投稿

家から近いところにショップがあり、値段と品質とのバランスが良いから。(40代・埼玉県・子ども2人)
コストパフォーマンスが良い。 成長とともに服を買い替えやすい。 汚しても気にならない。(40代・東京都・子ども2人)
お手頃でおしゃれ(40代・三重県・子ども2人)

4位 イオン トップバリュ

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」。店舗数も多く、飲食店もあるので休日に家族みんなで遊びに行けて、買いものもしやすいという人が多いようです。

「安くて良いものが多いから」(30代・千葉県・子ども1人)
「行きやすい」(40代・兵庫県・子ども2人)
「近くて安くてかわいいので」(30代・大阪府・子ども3人)

5位 西松屋

ベビー服のイメージのある西松屋ですが、キッズサイズの140や150まであるんです。ほとんどのアイテムが1000円以下で、とにかくお財布にやさしい!というポイントが大多数でした。

この投稿をInstagramで見る

 

西松屋_nishimatsuyaさん(@24028.jp)がシェアした投稿

「安いし、品数がある」(40代・宮城県・子ども1人)
「家から近いところにショップがあり、値段と品質とのバランスが良いから」(40代・埼玉県・子ども2人)

6位 アディダス

スポーツウエアならではの動きやすさと、かっこよさが選ばれるポイントのようです。小学生男子から圧倒的な人気です!

この投稿をInstagramで見る

 

adidas Tokyoさん(@adidastokyo)がシェアした投稿

「動きやすい」(40代・和歌山県・子ども3人)
「デザインもいいし、価格が手頃でいい」(40代・神奈川県・子ども1人)
「動きやすくデザインがシンプルなものを子供が好んでいるので」(50代・神奈川県・子ども1人)
「子供の好み」(30代・山梨県・子ども2人)

BREESE

ロゴTなど遊び心のあるデザインが人気のBREESE。サイズが80から140くらいまでと幅広く、兄弟でおソロコーデを楽しむこともできます。

「デザインが好きだから」(30代・兵庫県・子ども3人)

ALGY

トレンドを重視したデザインが豊富な女の子向けブランド。コストパフォーマンスのよさも選ばれるポイントのよう。
「コスパがいいので!」(40代・京都府・子ども2人)

Right-on

男の子だけでなく女の子向けの服も多く、シンプルで使いやすいと評判。チャンピオンやVANSなど人気ブランドのアイテムも揃います。

「サイズが合うのでお気に入り」(30代・愛知県・子ども1人)

レピピアルマリオ

ベーシックとトレンドが程よくMIXされた、おしゃれな女の子が大好きなブランド。大人っぽいファッションに目覚めた、小学校高学年女子向けのアイテムが豊富です。

「子供が好きなブランド」(30代・東京都・子ども3人)

ひまわり

環境にやさしいリサイクルショップを利用する人も。すぐサイズアウトしてしまう子供服。リサイクルや古着ショップも賢く取り入れていきたいですよね。

「古着屋だが、値段が安く品質もしっかりしてるから」(40代・千葉県・子ども2人)

ジェニー

大阪発の人気ブランド「ジェニー」。ギャル系やガーリー系などトレンドミックスがお得意!雑誌掲載も多く、おしゃれな女の子に人気です。

「子どもが好きなので」(30代・神奈川県・子ども1人)

ベルメゾン

通学用品からフォーマルまでがネットで買えるのが支持される理由です。ベルメゾンは手提げカバンや傘など小学生のための通学グッズも豊富なのも高ポイント。

「ネットですぐ注文できるし、デザインがよい」(40代・長野県・子ども2人)
「耐久性があり可愛い」(40代・東京都・子ども1人)

ラブトキシック

ナルミヤインターナショナルの「ラブトキシック」。アメカジやロックなどテイストをMIXして着こなしたい、おしゃれが好きな女の子に人気です。

「かわいい」(30代・埼玉県・子ども2人)

RAD CUSTOM(ラッドカスタム)

ちょっと背伸びしたい、やんちゃな男の子にぴったり!かっこいい系アイテムが充実しているのがポイント高いです。

「カッコいいから」(30代・埼玉県・子ども2人)

ラルフローレン

きちんとした場やフォーマルには折り紙つきの頼れるおしゃれブランドです。お出かけの時に愛用しているという声が多数。

「おしゃれに見えるので」(40代・広島県・子ども2人)

トミーヒルフィガー

おしゃれ感もありながら、きちんと感もキープできるのがうれしい。特に男の子ママから人気がありました。

「おしゃれに見えるので」(40代・広島県・子ども2人)

小学生も自分らしくおしゃれを楽しもう!

小学生の服装選びについてのアンケート調査、まだまだ動き回りたい年頃の小学生なので、買い替えがしやすい、汚れたり伸びたりしにくい素材を重視する方が多い結果になりました。ただそんな中でも、自我が芽生える時期でもあるので、見た目の可愛さやおしゃれさにも気を遣いながら、子どもと一緒に選ぶ姿も増えてきていますよね。何よりも子どもが学校や遊ぶ時に、自分らしく楽しく過ごせるるように気をつけてあげるのが大切なことと言えるのではないででしょうか。ぜひこれからの洋服選びの参考にしてみてください。
構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事