【ジャンパルー】は楽しいだけではない!赤ちゃんの運動能力と脳の発達を伸ばしてくれる

ジャンパルーとは、赤ちゃんが床をキックすることでぴょんぴょんジャンプ遊びができる室内用のおもちゃのことです。赤ちゃんが楽しく遊んでくれるだけではなく、運動能力や脳の発達に良い影響があるという話を聞き、使ってみよう、という家庭が増えてきている人気商品です。
ジャンパルーと聞いても最初はあまりピンと来ないかもしれませんが、実際に見てみると「知ってる!」と気づく人もいることでしょう。
多くの人から選ばれているジャンパルー、どんなものなのか気になりますね!

ジャンパルーの魅力

ジャンパルーは赤ちゃんが楽しく遊べるというメリットはもちろんのこと、他にもメリットがあります。また、使ってみて初めて分かるママパパにとって嬉しいメリットも!
具体的にどのようなメリットがあるのかそれぞれご紹介しましょう。

赤ちゃんが嬉しいメリット

ジャンパルーの魅力は赤ちゃんの足の力を鍛えることができるということです。その理由は遊び方にあります。
遊び方はとても簡単!ママやパパは赤ちゃんを専用のシートに座らせてあげるだけ。あとは赤ちゃんが自分で床をキックすると、その力を利用してまるでトランポリンでジャンプ遊びしているような感覚が味わえるのです。ジャンプで遊ぶことは発育に必要な運動能力だけでなく脳の発達にも効果があると言われています。楽しく遊びながら足や脳が鍛えられるなんてとっても最高!

ママやパパが嬉しいメリット

ジャンパルーはママやパパにとっても嬉しいメリットとは? それは、赤ちゃんが楽しく遊んでくれている間はスムーズに家事をこなすことができるということです。抱っこする必要がないので肩や腰の負担が軽くなります。また、平らな場所であれば転倒したり離れた場所に移動してしまう心配がありません。赤ちゃんがいると悪天候の日に外出するのはなかなか億劫なもの。ジャンパルーがあれば室内で体をめいっぱい動かして遊ぶことができるので、外出できなくても夜はぐっすり眠ってくれるかもしれません。

ジャンパルーの安全性は?

魅力あふれるジャンパルーですが、安全性は気になるところです。
基本的にはどの商品も厳しい安全基準を満たしたものです。ただし、商品ごとの利用方法は必ず守らなければいけません。特に対象年齢には要注意!対象年齢より小さくても大きくても事故につながる可能性があります。対象年齢ではなく身長や体重で表記されている商品もありますので使用前には必ず確認するようにして下さい。
対象年齢以外のお兄ちゃんお姉ちゃんがいる場合やお友達がお家に遊びに来た場合、真似して使わないようにあらかじめしっかり説明しておきましょう。

ジャンパルーおすすめ4選

★選びのポイント

ジャンパルーには床置きタイプと鴨居にかけるタイプの2つがあります。
床置きタイプは安定感があり、可愛いデザインのものが多いのでおすすめです。ただし、床置きタイプの商品は広めのスペースが必要になります。お部屋が狭い人は鴨居にかけるタイプがおすすめです。鴨居やドア枠に引っ掛けるだけで遊べるので、組み立てる必要もありません。
タイプ別におすすめ商品をご紹介しましょう。

◆床置きタイプのジャンパルーのメリット

床置きタイプの方が商品の種類が多く、赤ちゃんが好きな動物やキャラクターのものが多いです。置いているだけでお部屋が明るい雰囲気になりますよ。音が鳴ったり可愛いおもちゃがついていたり、楽しい仕掛けがたくさんあるのが特徴です。

レインフォレスト・ジャンパルーII – フィッシャープライス

ジャンパルーと言えばフィッシャープライスのレインフォレストが定番です。
実際に商品を使ったママが他のママにも紹介したいと思った商品を投票する「第6回マザーズセレクション大賞2014」に選ばれたことがあり、多くのママパパから支持されています。
ジャンプするたびに音楽が流れたりライトが光ったりするので赤ちゃんも大喜び!カラフルで可愛いおもちゃが周りにたくさんついていて、赤ちゃんの興味をそそりそうです。360度好きな方向に回転することができるため、好奇心旺盛な赤ちゃんも満足すること間違いなし!
シートは取り外して洗濯可能なので、万が一汚してしまっても安心ですね。
対象年齢 首すわり~12kgまで
適応身長 81㎝以下

 

 

はらぺこあおむし アクティビティジャンパー – 日本育児

子どもに大人気の絵本、「はらぺこあおむし」のジャンパルーです。はらぺこあおむしと仲間たちがとても可愛くて、赤ちゃんの好奇心を刺激してくれることでしょう。動物のミニブックやはらぺこあおむしの形をした大きなビーズなど12種類の仕掛けがあるので、赤ちゃんも大人も飽きずに楽しむことができますね。高さを3段階で簡単に調節でき、赤ちゃんの成長にも対応できます。また、音の大きさも2段階で調整することができるので便利ですよ。
ベビー用品を数多く手掛ける日本育児の商品です。
対象年齢 6ヶ月~12kgまで

 

 

元気いっぱい!アンパンマンベビージャンパー - ジョイパレット

子どもに大人気のアンパンマンのジャンパルーです。シートには大きなアンパンマンが描かれています。「アンパンマンマーチ」や「サンサンたいそう」を含む10種類の音楽入りなので、赤ちゃんもノリノリでジャンプできますね。ミュージックボードにはバイキンマンとドキンちゃん、ミラーにはあかちゃんまんと、アンパンマン以外のキャラクターもたくさん登場します。使わないときは折りたたんでコンパクトにすることができます。体重制限は12kgまで。身長制限は81cmまで。

 

 

◆鴨居にかけるタイプのジャンパルーのメリット

赤ちゃんをジャンパルーで遊ばせてあげたいけれど、お部屋に置くスペースがない!という悩みをお持ちの人には、鴨居にかけるタイプの商品がおすすめです。
床置きタイプの商品よりデザインはシンプルなものが多いので、お部屋の雰囲気を壊したくない人にもぴったりです。お値段も床置きタイプの商品よりお手頃価格になってます。

ドアジャンパー – evenflo

アメリカのベビー用品メーカー、イーブンフローの商品です。
鴨居やドアにかけるタイプです。ただし、取り付ける鴨居の厚みに制限があります。事前に確認してから購入するようにしましょう。ストラップの長さは調整可能なので、お部屋の高さや赤ちゃんの大きさに合わせることが可能です。折りたたむとコンパクトになるため、使わないときの収納スペースにも困りません。持ち運びにも便利。カラーは青(バンブリィ)と赤(フラワー・パーティー)の二種類です。対象年齢は生後4ヶ月~。体重11kgまで。

 

 

楽しく遊びながら運動能力と脳の発達を伸ばそう

ジャンパルーは赤ちゃんの運動能力や脳の発達を伸ばしてくれるだけではなく、家事や育児に日々忙しいママパパにとってもメリットがたくさんあるおもちゃです。また、ジャンパルーでご機嫌に遊んでいる赤ちゃんの姿はとても可愛いので、見ている方も癒されます。男女問わず楽しめるおもちゃなので、お孫さんへのプレゼントや出産祝いにもきっと喜ばれることでしょう。
お気に入りのジャンパルーをぜひ見つけてみてくださいね。

文・構成/HugKum編集部

保育士に聞いた!赤ちゃんのおもちゃはいつから?選び方、消毒方法や【月齢別】人気おもちゃも
赤ちゃんのおもちゃはいつから遊べる? 生まれたばかりの新生児の時期を過ぎると、赤ちゃんは部屋の中をところせましと動き回れるようにな...
「ガラガラおもちゃ」はなぜ赤ちゃんの心をつかむ?ラトル、歯固めつきなどタイプ別おすすめをセレクト
ガラガラおもちゃって、なんていうの? 赤ちゃんへの最初のおもちゃは何がいいのでしょうか? それは「ガラガラ」がおすすめです!  赤ち...

編集部おすすめ

関連記事