ベビーカー用レインカバーは雨除け以外の役割も! 100均での代用法もご紹介

雨や風の強い日、赤ちゃんとのお出かけには心配やストレスが伴うものです。しかし、「ベビーカー用レインカバー」があれば、そんな気持ちを少しでも楽にできるでしょう。ベビーカー用レインカバーの選び方やおすすめの機能・具体的な商品を紹介します。

ベビーカー用レインカバーの役割とは?

ベビーカーは赤ちゃんとお出かけするときの心強い相棒ですが、天候が優れないときは、ベビーカーでの外出が億劫になりがちです。

そんな悪天候の日に力を発揮する「ベビーカー用レインカバー」について、まずは役割について見ていきましょう。

赤ちゃんが雨で濡れないように

赤ちゃんがいても、雨の日に用事で外出しなければならないことがあります。荷物が多い日などは、抱っこひもに、傘をさして外出は危険を感じることもありますよね。

そんな悪天候の外出時に、ベビーカー内の赤ちゃんを雨や風から守ることができるのが、ベビーカー用レインカバー。

また、ベビーカー用レインカバーを利用することで、ベビーカー内の温度や湿度の変化がしにくくなります。寒い日の外出時には赤ちゃんの体調管理にも役立ちます。

砂埃や虫、有害物質から守る

赤ちゃんが生まれると「今まではあまり気に留めていなかったことが、気になるようになった」というママは意外に多いものです。

ベビーカー用レインカバーを利用すると、砂埃や花粉、排気ガス、害虫、PM2.5(微小粒子状物質)をはじめとした有害物質の遮断が期待できます。赤ちゃんはマスクができないので、大気汚染が気になるママには強い味方となりそうです。

少しでもベビーカー内の赤ちゃんを守れるのは、うれしいポイントといえるでしょう。

紫外線がカットできる物も

赤ちゃんの目や肌にとって、紫外線は刺激になります。しかし、日焼け止めの使用は生後半年以降が望ましいといわれています。日除け用の帽子やサングラスもある程度成長してからでないと習慣づけるのは難しいでしょう。

ベビーカー用レインカバーの中には、紫外線カット機能が付いた商品もあります。こうしたレインカバーを上手に利用してデリケートな赤ちゃんの目や肌を保護できると安心ですね。

ただし、気温の高い晴れた日にレインカバーを装着すると、ベビーカー内の温度・湿度は急激に上がるため注意が必要です。赤ちゃんの様子やベビーカー内の状況に気を配りながら利用しましょう。

どこをチェックする?レインカバーの選び方

雨はもちろん、有害物質や紫外線などから赤ちゃんを守ってくれるベビーカー用レインカバーは、あると便利なアイテムです。

さまざまな種類のベビーカー用レインカバーが発売されているので、どれを買ったらよいのか迷う人もいるでしょう。レインカバーを選ぶときに参考になる、重要なポイントを紹介します。

持っているベビーカーに付けられるか

ベビーカー自体もA型またはB型といった種類・サイズ・車輪の数など、さまざまなタイプがあります。

ベビーカー用レインカバーの中には決まった型のベビーカーにしか装着できない商品もあるので、購入するときはまず、持っているベビーカーに装着できるか確認が必要です。

「フリーサイズ」「幅広のベビーカーに対応」などとうたわれているレインカバーでも、海外製のベビーカーの場合はマッチしない場合があります。専用のレインカバーがあるかもしれないので、しっかりとチェックしましょう。

カバーの機能性を確認

ベビーカー用レインカバーには、紫外線カット機能をはじめとして防塵・抗菌などの機能が付いたものがあります。赤ちゃんの健康を考えて、こうした機能付きのベビーカー用レインカバーを選んでおくと安心です。

また、ベビーカー内は蒸れやすいので通気口が付いたベビーカー用レインカバーを選びましょう。さらに赤ちゃんの様子を確認しやすいクリアタイプがおすすめです。

開閉方法や付け方、収納のしやすさで

便利なレインカバーですが、注意したいのは赤ちゃんの乗り降ろし時です。カバーを全て外してからでないと、赤ちゃんが降ろせないタイプだと、泣き出した赤ちゃんをすぐに抱っこしてあげることができません。

そのため、ベビーカーに装着したまま、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりできるタイプのベビーカー用レインカバーは人気があります。前面がファスナーやマジックテープで開け閉めできるタイプを選びましょう。

また、ベビーカー用レインカバーは、紐やマジックテープ・ボタンなどで装着するものがほとんどです。自分にとって装着が楽なものを選んでおくと、ストレスが少なくてすみます。

さらに、普段から持ち歩けるようにコンパクトに収納できるタイプであれば、急な雨や温度の変化にも対応できるので、お出かけがより気軽になるでしょう。

おすすめのシンプルなレインカバー3選

多くのママやパパに支持される、おすすめのレインカバーを見ていきましょう。シンプルながら、赤ちゃんにやさしい機能満載のベビーカー用レインカバー3点を紹介します。

【1】カンプトン レインカバー スタンダード


カンプトンのレインカバーは価格は手ごろですが、機能性抜群のため数あるベビーカー用レインカバーの中でもベストセラーの商品です。

丈が長いためハイシートのベビーカーや大型バギーなどにも装着可能で、赤ちゃんの足元や座面下の収納かごもすっぽり覆います。

フロント両サイドにダブルファスナーを完備しているため、赤ちゃんの乗せ降ろしが簡単にできる点もポイントが高いでしょう。

また、前面には風にあおられにくい『巻き上がり防止機能』が付いているほか、クリアタイプで赤ちゃんの様子が確認しやすいメッシュの窓付きなので通気性抜群など、赤ちゃんにとって必要な機能がそろっているベビーカー用レインカバーです。

【2】コンビ マルチフィットレインカバー  


コンビのA型ベビーカーにおすすめなのが、「マルチフィットレインカバー」です。

専用設計だからこそ、装着時の面倒な調節が不要で、抜群のフィット感が味わえます。レインカバー前面にファスナーが付いているので赤ちゃんの乗せ降ろしにも便利です。

また、ベビーカー用レインカバーを装着中でも、楽にベビーカーの背面をリクライニングできるよう設計されています。赤ちゃんがお昼寝のときも安心ですね。

通気口にカバーが付いているため、風の強い日や寒さが厳しい日でも安心してお出かけできるでしょう。

【3】ACTIVE WINNER ベビーカー レインカバー

広げて被せるだけの簡単な装着方法で人気のACTIVE WINNER のベビーカー用レインカバーもおすすめです。

ロング丈で大きめバギーにも使用できる設計ですが、フロント両サイドにファスナーが付いているため赤ちゃんの乗せ降ろしが苦になりません。

曇りづらく耐久性の強いクリア素材は、楽に赤ちゃんの様子を確認できます。通気口が前面に付いているので、梅雨の時期など暑い日の利用にも安心といえるでしょう。

かなりコンパクトに折りたためるので持ち運びも便利です。天候の変わりやすい季節にはお守り代わりになるでしょう。

外出が楽しくなるかわいいレインカバー3選

億劫になりがちな雨の日の外出を彩ってくれそうなベビーカー用レインカバーも人気です。

赤ちゃんの好きなキャラクターやカラフルプリントされたものなら、いやいや期の赤ちゃんでもお出かけを楽しめるでしょう。かわいいだけでなく機能も兼ね備えたベビーカー用レインカバーを紹介します。

【1】小川 ディズニー ベビーカーカバー


ミニーちゃんがモチーフのディズニーベビーカー用レインカバーはこだわりのデザインだけでなく、機能性も高いため人気の商品です。ミニーちゃん型の通気口がベビーカー内の蒸れやフロントの曇りを防ぎベビーカー内を快適に保ちます。

フロント部分は両サイドファスナーで赤ちゃんの乗り降りがしやすく、前裾が泥はねを防ぎます。A型・B型のベビーカーに対応し、リクライニング時にも利用できます。

また、夕暮れや夜のお出かけ時に安心の反射テープが付いているほか、トートバッグとしても使えるかわいい収納袋が付いているのもうれしいポイントです。

【2】アリサナ ベビーカーレインカバー


サイドや背面のプリントがかわいいアリサナのベビーカー用レインカバーは、オシャレなママに人気があります。

フロント部分とサイド上部はクリア素材のため赤ちゃんの視界を遮りません。ママやパパも赤ちゃんの状況を確認しやすいでしょう。

さらに背面にはポケットも付いています。カギやスマホなど手近に置いておきたい小物や収納袋をしまっておけるので、大変便利です。

両サイドの通気口でベビーカー内の温度・湿度対策も万全といえます。A型・B型のベビーカーに対応可能で、背面の紐で調節・装着できるので簡単です。4種類の色・柄から好みのものを選びましょう。

【3】ロディ ベビーカー用レインカバー


赤ちゃんに人気のおもちゃ、ロディ柄のベビーカー用レインカバーはいかがでしょうか?

プリントのあるサイドもクリア素材なので、赤ちゃんの様子を確認しやすく、赤ちゃんにとっても快適なお出かけができるでしょう。背面・対面どちらにも対応しているところもポイントが高いですね。

かわいらしさはもちろんですが、両サイドの通気口やファスナーなど、あると便利な機能がしっかり付いています。

素材が少し厚めにできているので冷たい外気もしっかりシャットアウトしてくれそうです。カラーはブルーとイエローの2色から選べます。

雨除けを100均アイテムで代用するなら

車や自転車の移動が多いママにとっては、ベビーカーの使用頻度はそれほど多くありません。ベビーカー用レインカバーを買うほどでもないママたちには、100均アイテムで代用する人もいるようです。

ベビーカー用レインカバーが壊れたときにも役立つ、100均アイテムでの代用方法を紹介します。ベビーカー用レインカバーを持っていないお出かけ時の急な雨にも役立ちますよ。

ビニールクロスで代用

100均では、120×150cmくらいのサイズのビニールクロスが販売されています。長い方を前方~背面、短い方をサイドにしてベビーカー全体を覆えば、レインカバーとして代用可能です。

ただし、通気口がないためビニールクロスを折るときにサイドにスキマを作ったり、ずれやすいので大きめの洗濯ばさみで留めたりするなど工夫が必要です。

蒸れやすく曇りやすいので、こまめに赤ちゃんの様子を確認しなければなりませんが、急な雨などのときには充分な代用品といえるでしょう。

大人用レインコートで代用

100均で手に入る、半透明の大人用レインコートもベビーカー用レインカバーとして代用可能です。

ボタンを外してベビーカー前方にレインコートの背面を被せます。アームをベビーカーのハンドルに結び付ければ完成です。もともと雨に強い素材なのですっぽり覆うことさえできれば、しっかり雨風を防いでくれるでしょう。

大人用レインコートをベビーカー用レインカバーとして代用するときに大切なのは、Lサイズなど大きめサイズを選ぶことです。 使い捨てができ携帯に便利なので、折りたたみできないタイプのレインカバーを購入した人に教えてあげると喜ばれるでしょう。

雨の日のお出かけを快適に

小さな子どもとの雨天の外出は、ママにとって大変なものです。しかし、ベビーカーにレインカバーを付けることで、雨や風から子どもを守れれば、外出は少し身軽なものとなるでしょう。

ベビーカー用レインカバーは、有害物質や紫外線カット機能が付いたものであれば、雨天に限らずに利用することも可能です。

ママにとっても赤ちゃんにとっても快適なレインカバーを付けて、外出を楽しみましょう。

文・構成/HugKum編集部

ベビーカー用おもちゃ8選|選び方ポイントやおすすめストラップで移動時間も楽しく!
ベビーカーにおとなしく乗ってくれない… ベビーカーに乗るのを嫌がる子や、おとなしく乗ってくれない子は、少なくないです。少しでもベビ...
ママの必須アイテム!雨対策以外にも使えまくる、防水スプレーの活用法
公園での泥遊びや、絵の具で工作などをした後のお子さんの衣類の汚れは、一度の洗濯ではなかなか落ちにくいものですよね。そこでおすすめしたいアイテ...

編集部おすすめ

関連記事