世界地図パズルがもたらす学習効果とは? 選び方とおすすめパズルを厳選

世界地図パズルは、子どもの学習や発達によい影響があるといわれています。しかし、さまざまな種類があるので、どれを選べばよいか迷ってしまう人もいるでしょう。世界地図パズルの選び方をはじめ、使用するメリットやおすすめの商品を紹介します。

知育に最適! 世界地図パズルが人気の理由

近年、世界地図パズルが知育玩具として注目を集めています。世界地図パズルが人気の理由やその効果について解説します。

遊びながら自然と学べる

子どもは、机の上で学習したことよりも、遊びの中で学んだことのほうが身に付くといわれています。パパやママの中にも、学校の勉強はなかなか頭に入ってこないけれど、遊びの中で覚えた物の名前は自然と身に付いた経験を持つ人はいるでしょう。

子どもは好奇心を刺激されると、自発的に繰り返し遊ぶようになります。それが結果として知識を得ることにつながるのです。

実際に、子どもに世界地図パズルを与えたママやパパからは「遊んでいるうちに自然と世界の国と位置を覚えた」という意見を多く耳にします。

イラストが入った物や、カラフルな世界地図パズルを選べば、自然と子どもの興味を引けるでしょう。

集中力や記憶力が身に付く

パズル遊びは、「正しい形を見つけて正しい位置に置く」といったシンプルな作業の繰り返しです。この作業に没頭することで脳は刺激され、集中力が向上します。

また、世界地図パズルでは国名や国の形を覚えなくてはなりません。理屈ではなく、好奇心から刻まれた記憶は簡単に忘れることがないものです。記憶をたどって繰り返し遊ぶことで自然と記憶力が鍛えられるのです。

考える力や想像力が向上

パズル遊びは、完成図を記憶し、各パーツがどの部分に当てはまるのかを想像する力が必要です。特に世界地図パズルでは、どの国とどの国が隣り合っているかなど考えを巡らし、想像力をフルに回転させる必要があります。

そのため、遊びの中で「何を覚えれば効率よくパズルを完成させられるのか」「なぜこの国とこの国が隣合わせなのか」といった、考える力と想像する力を身に付けることができるでしょう。

世界地図パズルはどう選ぶ?

子どもの知育にメリットの多い世界地図パズルですが、どのようなことをポイントに選ぶとよいのでしょうか? 失敗しない世界地図パズル選び方を紹介します。

ピースの形やサイズは子どもの成長に合わせる

小さな子どもには、ピースの形状が曲線の物がよいでしょう。また、ある程度の厚みとサイズがある方が握りやすくておすすめです。

年齢と発達を重ねると、凹凸が上下左右にある一般的なピースや、小さなサイズのピースを扱えるようになります。子どもの成長に合わせて取り組みやすい形とサイズ、対象年齢が合ったものを選びましょう。

世界地図パズルでは、各ピースが国の形を表したタイプも販売されています。年齢や発達の度合いによって、どのくらい精巧さを求めるかは異なるでしょう。

大まかな物でも、楽しく国の形や大きさを覚えたり、世界を創造しているような達成感を感じられたりするため、より自然な遊び学習につながると評判です。

ピースの素材もチェック

小さな子ども向けの世界地図パズルは、子どもが手に取りやすく、安全性が高い木製やスポンジのピースが主流です。マグネットでピース同士がひっつくタイプも創造力を伸ばすと人気があります。

小学生以上の子どもには、ボール紙製の世界地図パズルが人気ですが、繰り返し遊ぶのならプラスチック製の精巧な国の形のピースのパズルもおすすめです。

パネルやピースの記載内容も大切

自然な学習や世界への興味につなげるには、パズルのパネルやピースに記載された内容も重要です。大まかな世界地図パズルには地域や主要な国の国名しか記載されていない場合があります。

小学生以上向けの世界地図パズルには、国名や地域だけでなく、主要都市や生息する動植物の名前まで記載されている物もあるでしょう。パネルに国旗やちょっとしたトリビアが書かれているタイプも子どもの好奇心を刺激します。

子どもの年齢や発達、視覚的な興味の強さに合わせた記載内容のものを選びたいですね。

子ども向け地球儀おすすめ6選。本格派からおしゃれな物まで
子どもにとって地球儀は、世界の国々に関する知識を深めるためのアイテムの一つです。学習用の物だけでなく、インテリア向けのおしゃれな地球...

幼児も大人も楽しめる、おすすめの世界地図パズル3選

子どもに興味を持たせる早道は、親が一緒に楽しむことです。子どもに世界地図パズルで遊んでほしいのなら、パパやママも一緒に楽しめるものを選びましょう。

家族で楽しめるおすすめの世界地図パズルを3点紹介します。

マグネット式の壁掛けタイプ  ジャノー パズルワールドマップ


まずは、カラフルなマグネット式の木製世界地図パズルを紹介します。

フランスの知育玩具ブランド・ジャノーの「パズルワールドマップ」は、カラフルな92のピースを使って世界地図を作りあげます。各ピースにはそれぞれの国の観光名所や文化がかわいらしいイラストで描かれているので、国の名前だけでなくその国の特徴も合わせて覚えることができるでしょう。

壁にかけられるよう、ボードの背面には紐が付いています。おしゃれでインテリアのアクセントにもなる世界地図パズルです。

人気商品がリニューアル くもん出版 くもんの世界地図パズル


世界地図パズルの中でも特に人気のある「くもんの世界地図パズル」がリニューアルし、より好奇心を刺激する内容へとパワーアップしました。

「くもんの世界地図パズル」は、持ち運びしやすい形状と精巧に国の形が再現されたピースに定評があります。プラスチック製なので丈夫で軽い点も人気の理由です。地域ごとにカラーリングもされているので地理の勉強に役立つでしょう。

今回のリニューアルではさらに、世界遺産・気候図・世界のことばなど、より世界への興味を広げる付録が加わりました。充実した内容で満足間違いなしの逸品です。

親子で楽しく学べる ハナヤマ ゲーム&パズル世界地図


ハナヤマの「ゲーム&パズル世界地図」は、世界一周旅行ゲームとパズルを楽しめる世界地図パズルです。

山や川・高低差など世界の地理を分かりやすく学べる地勢図パズル、国ごとに色分けされている行政図パズル、世界一周旅行が楽しめるすごろくゲームの3層式構造となっています。

学校の教科書を元に作られているので、遊びながら地理の知識を身に付けることができるでしょう。家族みんなで楽しんで学べるおすすめの世界地図パズルです。

世界地図パズルの効果的な使い方

世界地図パズルを買うなら、効果的に子どもの知力を上げる使い方をしたいものです。世界地図パズルで得た知識が、学習に役立つ使い方を紹介します。

いつでも遊べる場所に置いておく

世界地図パズルを使って、世界の地理を記憶したり好奇心を刺激したりするには、子どもが自ら繰り返しパズルを使うような状況をつくることが大切です。

いつでも遊べる場所に世界地図パズルを置いておくと、大多数の子どもが自発的に世界地図パズルで遊ぶようになります。

親子で一緒に遊ぶ

親子のコミュニケーションがうまくいっていると、子どもはリラックスでき、記憶力が向上するそうです。

楽しいと感じた経験は好奇心や自己表現につながるため、親子で遊びながら学ぶ環境は子どもの学習環境として最適といえるでしょう。

楽しい思い出とともに身に付いた知識は忘れにくいともいわれています。世界地図パズルで子どもに広い知識を付けさせたいと思うママやパパは、一緒にパズル遊びを楽しみましょう。

楽しく遊んで子どもの視野を広げよう

世界地図パズルには、記憶力・想像力の向上や集中力が養われるなどうれしい効果がたくさんあります。楽しく知識を身に付けられる世界地図パズルは、子どもに自信と達成感を感じさせることも可能です。

さらに、いつでも世界地図パズル触れられる環境や親子で一緒に楽しむ時間をつくることで、子どもたちの好奇心と学習意欲を高めることにも役立ちます。親子で楽しく世界地図パズルで遊び、子どもの視野や世界を広げられるとよいですね。

子ども用パズルを年齢別に紹介!並べる・はめ込む・組み立てる・・・知育効果に期待!
パズルは手先を使い集中して1つの作品を完成させるので、脳に良い刺激を与え、集中力が高まります。完成したときには、達成感を味わうことができ、自...

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事