ベビーカーとチャイルドシートを兼用できて便利! おすすめの「ベビーシート」を紹介

ベビーカーのシートとチャイルドシートを兼用することができる便利なベビーグッズといえば「ベビーシート」です。少々高価なイメージのあるベビーシートですが、赤ちゃんを車やベビーカーへ載せ替えするときにかなり重宝します。ここではおすすめのベビーシート5選と選び方のコツを紹介していますので、購入を検討しているパパママはチェックしてみてくださいね。

ベビーカーとチャイルドシートは兼用できる!

チャイルドシートとしてもベビーカーのシートとしても使えるベビーシート。ベビーシートと専用ベビーカーを合わせて「トラベルシステム」とも呼ばれています。日本ではあまり馴染みが無いベビーグッズですが、欧米では一般的に使用されています。

ベビーシートの一番のメリットは、赤ちゃんとのお出掛けがスムーズになるところではないでしょうか?車での移動中に赤ちゃんが寝てしまったときでも、ベビーシートに乗せたままベビーカーに乗せ替えできて便利。反対にベビーカーから車への載せ替えも簡単に行うことが可能です。一般的なベビーカーやチャイルドシートよりは高価な商品が多いですが、一つ持っているとパパママの負担を大きく減らすことができますよ。

選び方のポイント

ベビーシートを選ぶときは、商品のデザインや重さはもちろん、使用期間や用途を考慮して選ぶと良いでしょう。

ベビーシートの重さをチェック!

ベビーカーから車へ移動させるときに、ベビーシートが重いとパパママにとって大きな負担となります。特に海外製はどうしても重さのあるものが多いので注意が必要。女性一人で移動させる機会が多い人は、本体がなるべく軽いものを選ぶと良いでしょう。赤ちゃんの体重も加算されることを考慮して、ベビーシートは3〜4kgのものを選ぶと安心ですよ。

対象年齢を確認しよう

ベビーシートは一般的に新生児~1・2歳ごろまで使用できる商品が多いようです。ですがコンパクトタイプの商品であれば、対象年齢がそれ以下の場合もあります。また、新生児が不可であったり新生児用の別売りパーツが必要であったりする商品も販売されているので、購入の際には注意が必要です。いつからいつまで使用したいかを考慮して選ぶと良いでしょう。

さまざまな使い方ができる商品もある

ベビーシートはベビーカーのシートやチャイルドシート以外の使い方ができる商品も多くあります。中には赤ちゃんを安全に運ぶことのできるクーファンとして使えたり、赤ちゃんの家での居場所に最適なロッキングチェアやバウンサーとして使えたりする商品も。マルチに使えるベビーシートがあれば、屋外ではもちろん家の中でも大活躍してくれますよ。

必要であればベビーカーとセットで購入すると良い

あらかじめベビーカーとベビーシートがセットになっている商品であれば、別々に購入するより安く購入できることが多いようです。ベビーカーも合わせて購入したいと考えているパパママは、セット商品の有無をチェックしてみましょう。

ベビーシート・チャイルドシートはいつまで使う?対象年齢や選び方、おすすめ製品をピックアップ!
赤ちゃんを車に乗せるときに必要になるのが、ベビーシートです。当記事では、ベビーシートの対象年齢や、チャイルドシート、ジュニアシートとの違いな...

おすすめのベビーシート5選

ジェム – Joie(ジョイー)


Joieのベビーカーに取り付けることができるベビーシートです。チャイルドシート、ベビーカー、キャリー、チェアとさまざまな使い方ができるのが特徴。さらにバウンシング機能が付いているため、ぐずっている赤ちゃんをあやしたり寝かしつけたりするバウンサーとしても使えます。

また、ふかふかの柔らかいインナークッションが付いているので、長い時間の使用でも赤ちゃんが快適に過ごすことができます。さらに、ハンドルは柔らかいグリップ付き。人間工学に基づいた持ち運びやすい形状のため、パパママの負担を減らすことが可能です。キャノピーは自由自在に開閉できるので、日差しの強い屋外やエアコンの風が気になる屋内でも、安心して使用することができますよ。対象年齢は新生児以上。

カブリオフィックス – Maxi-Cosi

取り外し可能なヘッドサポートが付いたベビーシートです。重量が3.5kgと軽量のため、乗せ降ろしの際にパパママの負担になりにくいのが特徴。きちんと装着されているかを光と音で知らせてくれるので、ベビーシートが初めてのパパママにもおすすめです。別売りの車載専用ベースメントを使えば、車への着脱もワンタッチで行えます。

また、サラッとした素材のサマーカバーや蚊対策になるモスキートカバー、雨の日に最適なレインカバーなど、さまざまな別売りアクセサリーが販売されているのもポイント。お子さんの成長や気候に合わせて、そのとき必要なものだけを買い足すことが可能です。色はブラックやピンク、グレーなどさまざまな種類があるので、お気に入りの色を選ぶことができますよ。対象年齢は0ヶ月以上。

スムーヴ トラベルシステム – アップリカ

 

アップリカの三輪ベビーカー「スムーヴシリーズ」と組み合わせて使用することができるベビーシートです。58cmのハイシート仕様になるため、乗せおろしもラクラク。本体の重量は2.6kgと軽量設計のため、パパママの負担を減らすことができるのも特徴。

シートは赤ちゃんが自然な姿勢でいられるよう、ゆったりとした設計がポイント。万が一シートが汚れてしまったら、簡単に取り外して洗うこともできますよ。また、キャリーの持ち手を後ろに返すことで、ローチェアとして家の中で使うことも可能です。別売のインファントカーシートベースを使用すると、ISOFIXで簡単に車への取り付けができますよ。対象年齢は生後1ヶ月以上。

 

F2用トラベルシステムキット – コンビ

コンビの超軽量ハイシートバギー「F2シリーズ」に装着できるベビーシートです。新生児から使えるチャイルドシートとしてはもちろん、ロッキングチェアやゆりかご、キャリーとして、さまざまな場所で活躍してくれます。

車にはISOFIXでの着脱はできませんが、シートベルトでしっかりと固定することができます。慣れるとベビーカーへの装着も簡単に行えるとの口コミも見られました。日本メーカーのトラベルシステムを使用したいパパママにおすすめです。対象年齢は新生児以上。

アイレベル – Joie(ジョイー)

115度・130度・150度の3段階でリクライニングができるジョイーのベビーシートです。新生児から身長85cm未満・体重13kg未満までは、後ろ向きで使用することができます。側面衝突の試験を繰り返して作られているため、チャイルドシートとしても安心して使えますよ。

また、キャノピーは自由に開閉ができるので、大きく広げて寝ている赤ちゃんを覆ったり取り外して持ち運んだりすることも可能。新生児用インナークッションは取り外しができるので、赤ちゃんの成長に合わせて最適な状態で使用できます。ISOFIXベースがセットで付いているため、車への取り付けも簡単です。対象年齢は0ヶ月以上。

高機能チャイルドシートで新生児も安心! 国内外各おすすめメーカーの特徴を解説
新生児を車に乗せるときは衝撃から身を守れることはもちろん、日常生活でストレスを感じさせない快適な使い心地のチャイルドシートを選ぶことが重要で...

赤ちゃんとのお出掛けを快適に!

価格が高いイメージの強いベビーシートですが、パパママにとってさまざまなメリットのある育児グッズ。車からベビーカーへ、ベビーカーから車への移動を手軽に行うことができますよ。「赤ちゃんと一緒のお出掛けが大変!」と感じているパパママは、使い勝手の良いベビーシートの購入をぜひ検討してみてくださいね。

冬のドライブは「かくれ脱水」に注意!1時間ごとに摂取する水分はどのくらい?
長時間のドライブで気を付けたい“かくれ脱水”って何? 子どもと一緒に冬のドライブ。途中でトイレに行きたくなったら困るからと、なるべ...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事