外出できない日は!【室内滑り台】で遊ぼう!選び方やおすすめ商品

子どもは公園で遊ぶのが大好き!公園でたくさん遊んだ日は、夜ぐっすり眠ってくれるのでパパママは大助かりですよね。ただし、昨今の外出自粛、悪天候やパパママの体調不良など、どうしても外で遊べないときだってあります。

そんなときに大活躍してくれるのが室内遊具です。公園にある大好きな遊具が家の中にあるなんて、子どもにとっては夢のような話ですね。今回は、数ある室内遊具の中で、比較的小さな子どもでも遊びやすい滑り台についてご紹介します。

室内滑り台の選び方

遊ぶ部屋に合ったサイズ

室内滑り台はコンパクトなものから大型のものまでさまざま。購入してからスペースが足りなくて置けない…なんてことが無いように、購入する前に、商品のサイズと設置する部屋の広さを確認しておくことが重要です。滑り台の近くに家具などがあると、ぶつかって怪我をしてしまう可能性があるので、余裕を持ったスペースを確保するようにしましょう。

滑り台以外の遊具の必要性

滑り台単体のものや、ジャングルジム、ブランコなどがセットになっているものもあります。子どもが小さいうちは滑り台だけでも十分楽しめますが、大きくなるにつれて物足りなくなる可能性も。

滑り台以外の遊具がセットになったものの方が長く遊べるのでおすすめです。しかし、付属の遊具が増えるとスペースも必要になり、価格も高くなります。確保できる部屋のスペースや予算に合わせて検討しましょう。

素材やデザイン

プラスチック素材や木製のものがほとんどです。プラスチック製は鮮やかでカラフルなデザインのものが多く、汚れたときは濡れタオルなどで簡単に拭き取ることができるので嬉しいですね。木製はシンプルなデザインのものが多いので部屋のインテリアに馴染みやすく、手で触れたときに木の温かみを感じることができます。

それぞれのメリットとデメリットを踏まえた上で、子どもの好みやお部屋の雰囲気に合わせて選びましょう。子どもが好きなキャラクターの商品を探してみるのも良いですね。

おもちゃの家で秘密基地作り!段ボールハウス・室内テントも
お気に入りのおもちゃを持ち込んで、自分だけのスペースを楽しむのが子ども達は大好き! おもちゃの家は部屋に置くと少しスペースをとってしまうけれ...

安全に遊ぶための注意点

対象年齢を守る

購入前に、メーカーが定めている対象年齢を必ず確認しましょう。対象年齢より大きくても小さくても、事故に繋がる可能性があります。一緒に遊ぶ兄弟姉妹がいる場合は、耐荷重を確認しておくことも重要です。

マットを敷く

フローリングの床に直接置くと、滑り台本体が動いてしまう可能性があるので、滑り止めやジョイントマットを敷くことをおすすめします。万一、子どもが転落してしまった際にも安心です。マンションに住んでいる場合は防音性のものを選べば、騒音対策にもなります。

室内ジャングルジムはなぜおすすめ?購入するか迷っている方に選び方を伝授!
雨の日など外に出られないときに活躍してくれる室内ジャングルジム。室内で子どもの運動不足を解消できるなら…、と購入を悩んでいるパパやママも多い...

おすすめの室内滑り台5選

アンパンマンうちの子天才ジャングルパーク – アガツマ

滑り台とジャングルジムがセットになったアンパンマンの室内遊具です。
階段を登るときにピッピと音が鳴る可愛い仕組みになっています。90センチの長い滑り台ですが、やわらかくカーブしているので滑り心地は抜群!組み立てるのも分解するのも比較的簡単な作業なので、複雑な作業が苦手だというパパママも安心です。子どもの大好きなボール付きなので、転がして遊ぶこともできます。対象年齢は2~5歳。

アンパンマンうちの子天才カンタン折りたたみブランコパークDX – アガツマ

滑り台だけではなく、ブランコ・ジャングルジムが一体になった豪華なDXタイプ。ブランコを取り外せば鉄棒として遊ぶことができます。子どもは飽きることなく長時間遊んでくれそうですね。ブランコの高さが2段階に調整可能なので、子どもの成長に合わせて安全に遊べます。兄弟姉妹がいる方にも便利な機能ですね!落下防止用の安全ベルトが付いているため、パパママは安心です。
折り畳むと約3分の1のサイズまでコンパクトになるので収納時に困りません。滑り台だけでは少し物足りないという元気な子どもがいるパパママにおすすめです。
対象年齢は2~5歳。

ワンワンとうーたん♪おりたたみロングスロープジムEX – 野中製作所

Eテレで大人気、ワンワンとうーたんの室内遊具です。
滑り台は取り付け方によって、ゆるやかな角度と急な角度に調節が可能。子どもの気分や成長に合わせてあげてくださいね。滑り台の踊り場には子どもの手でも掴みやすい丸みを帯びた手すりが付いていたり、階段が昇りやすいように踏み幅が広めになっていたりと、小さな子どもが安全に遊べる仕組みが盛りだくさん。折りたたみが可能なところも嬉しいポイントです。直径90ミリのボール付きです。

対象年齢 1歳半~5歳。

折りたたみできる滑り台 – YATOMI

グレーとホワイトのモノトーンなカラー展開なので、置いているだけでお部屋がおしゃれな雰囲気に!遊ばないときはひと押しするだけで簡単にコンパクトにすることができます。室内はもちろん屋外にも対応しているため、庭などに設置も可能です。耐荷重が50キロと丈夫なので、友達や兄弟姉妹など複数人で遊ぶときにも安心です。差し込んだりはめ込んだりするだけで簡単に組み立てられるので、工具などは不要。
対象年齢は18ヶ月以上。

白いわんぱくジム – ピープル

滑り台とジャングルジムの遊具です。ロング滑り台だけでも十分に楽しめるのですが、ジャングルジムの部分を組み立てることで遊びの幅がぐんと広がる優れもの!ベビーアスレチック、手すり付きジム、3段ワイドジム、平均棒トンネル、鉄棒付きジム、うんてい付きジム、4段タワージム。子どもの成長に合わせてこのように7通りの遊び方を楽しめます。ジャングルジムの部分が国産紙パイプで構成されているので滑りにくく、万一頭などをぶつけてしまっても痛くありません。また、プラスチック製のものより軽量なので持ち運びも楽にできますよ。対象年齢が8ヶ月から6歳までと長い期間遊べるのは嬉しいポイントですね。1歳のお誕生日プレゼントや出産祝いにも喜ばれることでしょう。
対象年齢は8ヶ月から6歳。

遊び方を守って室内遊びを楽しもう

公園遊びができない日は、子どもだけではなくパパママも憂鬱になりがちです。室内滑り台などの遊具があれば、家でも楽しく体を動かして遊ぶことができます。安全に楽しく遊べるよう、遊ぶ前には必ず親子で正しい遊び方を必ず確認して、室内遊びを楽しみましょう。

室内滑り台おもちゃで遊ぼう!アンパンマン、おしゃれ木製からジャングルジムとセットタイプまで
おうちでも滑り台で遊びたい! 室内用の滑り台のおもちゃは、公園の遊具で遊ぶときのように、身体を大きく使った遊びができるところが魅力です。 ...

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事