ベビーハンガーでベビー服を綺麗に収納|「これは便利!」なおすすめアイテムをご紹介♪

大人の服に比べてサイズの小さなベビー服は、普段使用しているハンガーとはサイズが合いません。サイズの合わないハンガーを使用していると、大切なベビー服が型崩れをしてしまうことも。

ベビーハンガーを使用すると、型崩れの心配無くきれいにかけられるうえ、見た目にもすっきりと収納できて一石二鳥です。今回は、ベビーハンガーの選び方とおすすめの商品を紹介します。

ベビーハンガーってなに?

ベビーハンガーとは赤ちゃん用のハンガーのこと。一般的な大人用のハンガーよりも、一回り小さいサイズとなっています。

型崩れさせることなくきれいに干したいときは、ベビー服のサイズに合わせた一回り小さいベビーハンガーがおすすめです。ベビー服を長く愛用するためにも、ぜひ用意しておきたいアイテムです。

ベビーハンガーが必要な理由

ベビーハンガーは、洗濯した赤ちゃんの服を乾かすときに必要になります。食べこぼしやよだれなどで赤ちゃんの服は汚れやすく、清潔にするために洗濯する回数も多くなるでしょう。洗濯物が増えれば、それだけベビーハンガーの数も必要です。

またベビーハンガーがあれば、乾燥させた服をそのままクローゼットに収納することも可能です。服を畳む必要がないので、家事の手間と時間を減らせるでしょう。効率的に家事を行いたいパパママにおすすめです。

子どもの衣類のQ&A!こんな場合はどうしたらいい?【整理収納アドバイザーママが教えます!】
子どもの衣類の「困った!」にお答えします! 「家事育児に追われて家の中がゴチャゴチャ!」「本当はスッキリ暮らしたいのに…」という悩みを...

ハンガーは種類によって特徴が違う

大人用のハンガーにも種類があるように、ベビーハンガーにも種類があります。ベビー服の形状に合わせて選びましょう。

個別タイプ

最も種類の多い一般的なハンガーです。大人用のハンガーと同じように、一着ずつ掛けて使用します。一着ずつ出し入れがしやすいだけではなく、クローゼットの中でも目的の服を探しやすいのが特徴です。

個別タイプのベビーハンガーは、シンプルな構造のためデザイン性に優れたハンガーも多いです。カラフルなハンガーなら、赤ちゃん用のクローゼットをかわいく演出できます。また滑り止めが付いていれば、ベビー服が落ちてしまうのを防げて便利です。

連結型タイプ

連結タイプのベビーハンガーは、個別タイプのハンガーを一つに繋げた形状が特徴です。物干し竿に一つ一つ出し入れする必要がないので、家事の手間と時間を減らすことができるのがメリットです。商品によって、3連・5連・10連などさまざまな種類があります。

複数のハンガーが連結しているため、どうしてもハンガー自体のサイズが大きくなってしまうのがデメリットです。少量だけ干したい場合には不向きなときもあります。また、サイズが大きいため服を干したままクローゼットに収納するのは難しいでしょう。ハンガーから服を取り外して収納したいパパママに向いています。

ピンチタイプ

ズボンやスカートを干すときに重宝するのが、ピンチタイプのベビーハンガーです。個別タイプと連結タイプの両方が販売されています。クリップで洋服の端をしっかりと挟めるため、ハンガーからずり落ちる心配がありません。ベビー服以外にも、よだれ掛けやズボンなど、洗濯物の形状を選ばず使えます。

服によっては挟んだ部分が引っ張られて、型崩れを起こしてしまうこともあります。長く愛用したい大切な洋服を掛ける場合には、注意が必要です。クリップ部分が移動するものや、挟む部分が柔らかいものを選ぶのがおすすめです。

ベビーハンガーの選び方

ベビーハンガーにはさまざまな商品があり、デザインだけではなく価格や機能性が異なります。ベビーハンガーを選ぶ際に、何に注目すれば良いのかを解説します。

デザインで選ぶ

可愛いベビー服を掛けておくなら、ハンガーも可愛い方が気分も上がりますよね。ベビーハンガーには、ハート柄や星型など、デザインに凝った種類が多く販売されています。素敵なデザインのベビーハンガーは、リビングや子供部屋のインテリアにもぴったり。パパママの好みに合わせて選びましょう。

価格で選ぶ

基本的にベビー服一着に対して一つのハンガーを使用します。複数枚の服を掛けるなら、それだけハンガーを用意する必要があります。デザインや機能にこだわって作られたベビーハンガーは、高価格なことが多いです。

せっかくベビーハンガーを用意するのであれば、同じ商品で揃えた方が見た目もすっきり見えるのでおすすめです。手頃な価格のものを選べば、赤ちゃんの成長に伴ってベビーハンガーが増えても、低予算で抑えることができますよ。

機能性で選ぶ

ベビーハンガーには、便利な機能が付いた商品も多く販売されています。滑り止め付きのベビーハンガーなら、ベビー服がずれ落ちてしまうのを防げます。また、コンパクトに折り畳みができるベビーハンガーもあります。使わないときにはすっきりと収納できるので邪魔になりません。

さらにサイズを変えることができるベビーハンガーなら、赤ちゃんが大きくなってもそのまま使用できます。兄弟でシェアして使いたいときにもおすすめです。

おすすめのベビーハンガー4選

ここからはデザイン性や機能性に優れたベビーハンガーを紹介します。本数が必要なパパママには、コストパフォーマンスの高いセット商品もおすすめです!

親子で使える子供ハンガー 3本組 – 東和産業


服のサイズに合わせてサイズを変えることができるベビーハンガーです。ハンガーの肩部をスライドさせることで、一般的な大人用ハンガーのサイズまで伸ばせます。子どもの成長に合わせて使い続けるのはもちろん、パパママや年の離れた兄弟とシェアして使うことも可能です

また、ハンガーの肩部を握るとキャッチ部が倒れ、丸首シャツも綺麗に掛けられるのがポイント。本体とキャッチ部の間は手や指を挟みにくいジョイント構造になっています。安全性にしっかり配慮されているので、子どもが自分で服の収納をするときにも安心です。

取り外し10連ハンガー – 赤ん坊カンパニー


キッズデザイン賞を受賞をした、取り外しができる連結型ベビーハンガーです。1本のフレームに、個別ハンガーを複数取り付けて使用します。ハンガーが不要なときには取り外したり、個別のハンガーとして使ったりもできます。

大容量の10連タイプですが、ハンガーの並びを左右互い違いにすることで、空気の通りが良くなり服が乾きやすくなっています。ハンガー上部には棚の上に引っ掛けておけるカモイフックも付いています。天気が悪い日の室内干しにも重宝します。

キッズ10連ハンガー – 西松屋


最大10着までまとめて干せる連結式のベビーハンガーです。シンプルなホワイトカラーで、すっきりとした見た目が特徴です。フレームは中央でパタンと折りたたみができ、使わないときはコンパクトに収納できます。

室内でも干しやすいカモイフックが付いているほか、タオルなどを干すときに便利なクリップも付いています。また、価格は約800円前後と比較的リーズナブル。たくさんのベビー服をまとめて干すことの多いパパママにはおすすめのベビーハンガーです。

ベビーハンガー10本セット – ベビーザらス


有名な玩具メーカー「トイザらス」の通販メーカーである「ベビーザらス」が販売するベビーハンガーです。耐久性が高く、シンプルで使いやすい形状が特徴。長く使いたいパパママにおすすめです。また、1本当たり約50円とコストパフォーマンスの高さもポイント。ベビーハンガーがたくさん必要なときにも重宝します。

ベビーハンガーで赤ちゃんの服をすっきり収納!

ベビーハンガーは、ベビー服の型崩れを防ぐために必要なアイテム。折りたたみやサイズ調整ができる商品もあるので、使用期間や用途を考慮して、最適なベビーハンガーを選んでくださいね!

イケアのおしゃれなハンガーラックで「見せる収納」にチャレンジ!使い方アイデアや人気シリーズをご紹介
ハンガーラックは、クローゼットに収まりきれないコートやワンピースなどの“見せる収納”ができるので、とても便利です。中でも、シンプルで使いやす...

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事