ベビーラッシュガード8選|男の子用の90サイズや女の子用の長袖ジップなどおすすめを厳選

夏場のプール・海水浴など、陽射しの強い屋外での水遊びにおすすめしたいのが、ラッシュガードです。ラッシュガードには、日焼けによる肌トラブルや体の冷えから子どもたちを守る役割があります。

今回は、水遊びにおすすめのベビーラッシュガードをリサーチしました。男の子におすすめの90サイズや、女の子用に人気の長袖ジップアップなど、可愛いラッシュガードをご紹介します!

男の子に人気のベビーラッシュガード

★選びのポイント

脱ぎ着のしやすいフロントジップや後ろボタンタイプがおすすめ。プールや浜辺で目立つような、真っ白やビビッドな色、遊びのある柄を選びましょう。

【1】『I play(アイプレイ) 長袖ジップ付きラッシュガード』

◆おすすめポイント

赤ちゃんの肌に強い日焼け止めを繰り返し塗るのは気になる、という方におすすめのラッシュガードがこちら。紫外線防止性能は最高値の「UPF50+」なので、強い陽射しからもお肌を守ってくれて安心です。敏感肌の赤ちゃんに配慮したフラットロック縫製で肌触りも快適です。

 

【2】『Carter’s(カーターズ) わにさんラッシュガード』

◆おすすめポイント

サングラスをかけたワニさんがクールなカバーオールタイプラッシュカード。こちらもUVカット率は「UPF50+」。子どもの肌をしっかりガードしてくれます!

【3】『Combimini(コンビミニ) 長袖ジップラッシュガード【海の生き物】』

◆おすすめポイント

シャチやハリセンボンなど、海の動物柄がおしゃれなラッシュガードです。なめらかで、着ごこちのよいポリエステルスムース素材にUV加工をほどこし、紫外線や体の冷えからガード。外遊びのアウターとしても重宝します。

【4】『Y-BOA 半袖ラッシュガード キャップ付き』

◆おすすめポイント

男の子におすすめのラッシュガードタイプの水着です。伸縮性バツグンでアクティブに動いても窮屈さはありません。背中にファスナーがあり 着脱も楽々です。

赤ちゃん&乳幼児におすすめの日焼け止めと選び方|日焼けのリスクと正しい紫外線対策を皮膚科医・友利先生が解説!
日差しが強くなってくると気になるのが紫外線。子どもにも紫外線対策は必要と言われていますが、どのようにしたらいいのでしょうか。特に、肌...

可愛い&おしゃれな女の子におすすめのベビーラッシュガード

★選びのポイント

UV効果の高さ、着心地のなめらかさ、デザインのかわいさ。この3点をクリアしたラッシュガードを厳選しました。人気のピンクやお花柄、ボーダーなど、水着とのコーディネートも考えて選びましょう。フード付きなら、首の後ろや耳も日差しから守ってくれます。

【1】『BONVERANO 半袖ラッシュガード ワンピース』

◆おすすめポイント

高品質のナイロン生地を採用。紫外線防止指数は最高値の「UPF50+」で有害な紫外線を97.5%ブロックします。可愛いアイスクリーム柄で女の子にピッタリな水着です。

【2】『Combimini(コンビミニ) 長袖ジップラッシュガード』

◆おすすめポイント

水着キッズを紫外線や体の冷えから守るパステルカラーのラッシュガード。
なめらかで、着ごこちのよいポリエステルスムース素材にUV加工を施しています。塩素対応素材なので、本格的プールでも着用可能。

【3】『Daddy Oh Daddy(ダディオダディ) フード付長袖ジップラッシュガード』

◆おすすめポイント

ハイビスカスの柄が全体に入ったラッシュガードです。フード付きで長袖のパーカータイプのおしゃれなデザインが魅力。

【4】『I play(アイプレイ) 半袖ボーダーラッシュガード』

◆おすすめポイント

シンプルなストライプ柄のラッシュガードはどんな水着にも合わせられるのでとても便利。UPF50+素材で強い日差しから子どもの肌を守ります。ストレッチ力の高い素材なので、お着替えも楽々簡単です。

乳幼児のうっかり日焼け、原因や対処法は?皮膚科医・友利先生に聞いた!
海や山などのレジャー遊びが楽しい夏。紫外線対策をしたつもりでも、うっかり日焼けをすることがあります。特に乳幼児は紫外線の影響を受けや...

ラッシュガードは子どもの肌を守るために必要

真夏は暑さもあって、ついラッシュガードを着せずに長時間、海やプールで紫外線を浴びてしまった、ということがあるかもしれません。日焼けは子どもの肌を乾燥させ、軽いやけどのような状態になることもあります。しっかりとガードして、夏の水遊びを楽しみましょう。
文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事