3歳児におすすめの子供靴まとめ|人気メーカーのキッズシューズ&サイズ解説も

お散歩や外遊びがますます楽しくなり、活発に歩き回る3歳児。アクティブな子どもをサポートするおすすめの靴を紹介します。子どもの足に良いと評判の人気の靴から、子どもの靴のサイズ表&サイズの測り方の解説まで、キッズシューズ選びのお役立ち情報をお届けします。

子どもの平均身長×靴のサイズ表

年齢によって目安となるサイズを一覧でチェックできる表がこちらです。この表は、年齢別に一般的な靴のサイズを紹介しています。洋服のサイズ表もあわせて参考にしてみてください。

ベビーサイズ

キッズサイズ

子どもの足のサイズの測り方

どんどん大きくなる子どもの足。うっかりしているとすぐにサイズアウトしてしまいます。最近は通販で靴を買うこともあると思いますが、サイズをどうやって測ればいいのか迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。特に赤ちゃんのファーストシューズは戸惑うかもしれません。

今回は、自宅にあるもので簡単に測定できる方法や、日本製と海外製のサイズ比較表などをご紹介します。

用意するもの

・紙

・定規

・ペン

測り方

1.紙に、定規を使ってまっすぐな横線を引き、真ん中から垂直に縦の線も引く。

 

2.横線と縦線が交わる場所にかかとの中心を置き、縦の線の先に第二趾を置く。

 

3.かかとから、一番長い指までの長さを測る。

「捨て寸」とは

靴には、捨て寸といって、つま先と靴との間に余裕が必要です。捨て寸がないと歩いた時に足が窮屈になってしまいます。0歳では約6㎜、1~3歳で7mm、4~6歳で9㎝、以降は1㎝くらいが目安です。測定した数値に捨て寸を足したサイズを購入しましょう。

靴によってはあらかじめ捨て寸が含まれているものもあります。その場合は測定結果が15㎝であれば、15㎝と書かれた商品を買ってOK。実際の商品は、15.5~16cmとなっています。メーカによって異なりますので確認してから購入しましょう。

【子供靴のサイズ】赤ちゃん・子どもの足ってどう測る? サイズ表や靴選びのポイントを紹介
赤ちゃん・子どもの足のサイズの測り方 どんどん大きくなる子どもの足。うっかりしていると、すぐにサイズアウトしてしまいますよね。最近は通...

人気メーカーより厳選!3歳児におすすめの「子供の足に良い靴」

 

【選びのポイント】

今回厳選した8足は、どれも歩きやすさや成長中の子どもの足への負担を考慮した機能性のしっかりとした靴で、子育て中のママ・パパからも人気のタイプを厳選しました。どれも脱ぎ履きのしやすいものばかりです!

【1】『イフミー(IFME) ベビーシューズ カラン』

◆おすすめポイント

“足に優しく”で人気の子供靴「イフミー(IFME)」から、女の子向けベビー&キッズシューズ。永遠に「CALIN(かわいい)」と感じるパターンで作り上げた、特別なシリーズ「イフミーカラン」。歩く、跳ぶ、駆ける…、子どもたちの自由な動きを、足もとからしっかりサポートします。

 

【2】『アシックス スクスク(asics SUKUSUKU) アイダホ ベビー』

◆おすすめポイント

「子どもの足の健康を守る」ことをコンセプトに生まれた、アシックスの子ども靴「スクスク」シリーズ。内甲をキモノのように1枚の布で包み込むような構造の“キモノフィットタン”を採用。足首のフィット性を高め、アーチ部の倒れこみを防ぎます。春夏を快適に過ごすために、アッパーには通気性にすぐれたラッセルメッシュを採用。中敷にはシャインアップ+ウォーターマジックの機能素材を採用し、快適な靴内環境を実現しています。

 

【3】『ニューバランス(new balance) ベビーシューズ IZ996』

◆おすすめポイント

「ニューバランス KIDS」の代表モデル、LIFESTYLE「996」のINFANTバージョンを、安定性を高める接地面積の広いラスト&大人モデル同様のアウトソールパターンで提案。親子でコーディネートを楽しめるシリーズです。脱ぎ履きしやすいベルトタイプ。

 

【4】『ミズノ(mizuno) キッズシューズ タイニーランナー 6』

◆おすすめポイント

カラフルデザインで子どもの足元を彩るおしゃれキッズシューズ。ベルト+KIDS専用ラストで、活発な動きにも対応。アーチ形成に大切な時期をミズノ独自設計の『発育インソール2』でしっかりサポートします。

 

【5】『アディダス(adidas) キッズスニーカー TENSOR』

◆おすすめポイント

アイコニックな3ストライプスをあしらった子ども用シューズ。軽やかに、そしてスポーティーに。快適性を高め、小さな足元をサポートする一足です。軽いユニットソールが一歩一歩をソフトにアシストし、透湿性に優れたメッシュアッパーが、気温の上がる日も足元をクールに保ちます。開閉部に面ファスナーのストラップを備え、着脱も簡単な設計に。

 

【6】『シュンソク(瞬足) 足育 キッズスニーカー』

◆おすすめポイント

“足の正しい育成を促すシューズ”をテーマに開発した「足育シリーズ」。履き口が大きく開き、かかとにはタブが付いているので、脱ぎ履きもラクラクです。ベルクロストラップがフィット感をアシスト。
足なり歩行をサポートするヒールロックシステムとアナトミーインソール、プレート構造のソールを搭載。屈曲性のあるアウトソールで正しい歩行が自然と身に付き、トラブルを起こしにくい健康な足に!
カカトには反射材(リフレクター)搭載で、安全面も考慮したデザインです。

 

【7】『コンバース(CONVERSE) ミニ オールスター』

◆おすすめポイント

ミニ オールスター「N V-1」のカラーアレンジモデル。不安定なベビーの足元をやさしくサポートするワンベルトタイプ。アッパーには、ソフトなシンセティックレザーを使用しています。シンプルで様々なコーディネートに合わせやすいデザインが魅力で、プレゼントに最適なギフトボックス仕様。

 

【8】『ナイキ(NIKE) ノービスTD』

◆おすすめポイント

「ナイキ ノービス TD」ベビーシューズは、簡単に着脱できるスリップオンデザイン。足にかかる衝撃を吸収する、柔らかいフォームを採用しています。つま先を補強することで要所の耐久性を強化し、小さな足を保護。足首とカカトにパッドを増量し、一日中快適な履き心地を実現しています。

 

信頼できるキッズシューズを選ぼう

3歳児におすすめの靴を紹介してきました。どれも機能性が高く、脱ぎ履きのしやすいものばかりです。気に入ったデザインやカラーバリエーションもチェックしてお気に入りの一足を見つけてくださいね。気づくと靴が小さくなっていたということも多い3歳児。ときどき「足の指やかかと、痛くない?」と聞いてあげましょう。

 

文・構成/HugKum編集部

 

編集部おすすめ

関連記事