おすすめ青春ドラマ10選|昭和の名作や主題歌が話題の学園ドラマなどをご紹介

子供から大人まで、幅広い層に人気のある「青春ドラマ」をピックアップ。懐かしの「昭和の名作」から、「ヤンキー学園ドラマモノ」、「熱血教師モノ」まで、主題歌や人気俳優の出演で話題になったドラマを厳選してご紹介いたします。恋愛や友情、将来の夢、思春期ならではの葛藤など、描かれるストーリーに感動間違いなしです!

甘酸っぱい恋愛に目が離せない!人気の青春ドラマ

★ ここがポイント!

高校生ならではの恋愛と友情が描かれた珠玉の2作品。主演のみならず、脇を固める俳優陣も話題となりました。

【1】『花より男子』

◆おすすめポイント

超金持ち名門高校に通う主人公の貧乏少女が、学園を牛耳る御曹司4人組とぶつかりあい、様々なトラブルに巻き込まれながらも、持ち前の明るさと雑草魂でたくましく生きていく姿を描いた、痛快青春ラブストーリー。

【2】『白線流し』

◆おすすめポイント

長瀬智也主演による名作青春ドラマ。
長野県松本市を舞台とした、卒業間近の高校3年生を中心とした男女7人の青春物語。
偶然出会った定時制生徒との友情、恋愛を松本の静かな風景の下で綴っていくストーリー。

熱血教師に感動!名作青春ドラマ

★ ここがポイント!

勉強以外にも様々な事を教えてくれる学校、そして教師を描いた2作品。いずれも人気コミックを原作としたドラマで話題に。

【1】『ドラゴン桜』

◆おすすめポイント

平均偏差値36で大学進学率2%のバカ高校として知られる「龍山高校」。
24億円の負債を抱え経営危機に陥っていたところにやってきたのが、阿部寛演じる元暴走族のリーダーで今は冴えない三流弁護士・桜木建二。
負債整理をするはずが、ふとしたことから「1年後に東大合格者を5人出す超進学校にする」と宣言。東大合格のための特別進学クラスを作る。
しかし集まったのは、将来に夢も希望も持てない生徒たち…。
果たして、龍山高校と生徒たちの運命は?

【2】『GTO』

◆おすすめポイント

元暴走族の鬼塚(反町隆史)は、ふとしたことから私立高校の臨時教師に採用される。
しかし彼が受け持ったクラスの生徒たちは、問題児の集まりだった…。
藤沢とおる原作の大ヒットコミックの実写ドラマ化。

不良たちの成長に涙!ヤンキー学園ドラマ

★ ここがポイント!

学校・社会から見放された不良たちと熱血教師の交流を描いた人気ドラマたち。衝突を繰り返しながら徐々に分かり合っていく両者の関係と、ストーリー展開に感動必至です。

【1】『ROOKIES(ルーキーズ)』

◆おすすめポイント

将来に希望を抱けず、自分が何をしたいのかも分からない二子玉川学園高等学校、通称“ニコガク”の野球部生徒たち。
そんな彼らの前に、希望に燃える新任教師の川藤幸一(佐藤隆太)が現れた。
夢を大切にし、生徒のためなら職を捨てる覚悟の川藤と本音でぶつかりながら、生徒たちは「まだ夢を捨てていない、捨てたくない」という心の叫び声をあげる…。
高校野球を通して問題児たちを更正させる熱血教師の活躍と、不器用ながら再び這い上がろうとする問題児達の成長を描く、熱血青春ストーリー。

【2】『ごくせん』

◆おすすめポイント

森本梢子原作の同名コミックをドラマ化した『ごくせん』の大人気シリーズ第3弾。
極道の家に生まれた型破りな女教師・ヤンクミ(仲間由紀恵)と、荒廃した赤銅学院高校3年D組の不良生徒たちとの心の交流を描いていく。

友達との友情や葛藤が描かれた青春ドラマ

★ ここがポイント!

ママやパパ世代が夢中になった作品をピックアップしました。時代背景は違えども、主人公たちの「心情」や「葛藤」は現代の子供たちにも伝わるはず!ぜひ親子でご視聴ください。

【1】『野ブタ。をプロデュース』

◆おすすめポイント

白岩玄の小説をドラマ化。
爽やかなクラスの人気者なるものを自ら演出し、本音を隠している高校2年生の桐谷修二(亀梨和也)は、親友だと言ってついて回る草野彰(山下智久)と共に、陰気なイジメられっ子の転校生・小谷信子(堀北真希)の変身プロデュース作戦を開始することに。
はたして二人のプロデュースで、信子=野ブタは人気者になれるのか?

【2】『未成年』

◆おすすめポイント

1995年の夏の東京を舞台にした、野島伸司脚本の青春群像劇。
大学ラグビーの花形である兄と何かと比較され、家庭内に居所がなく、将来のことも分からない高校三年生の戸川博人(いしだ壱成)。
アルバイト先で偶然出会った女子大生・新村萌香(桜井幸子)のことが気になり始めるが、兄が交際相手として家に連れてきたのは、その萌香本人だった。
博人を中心に、知的障害者の仁(香取慎吾)、優等生の勤(河相我聞)、博人の幼なじみの順平(北原雅樹)、そして暴力団末端構成員の五郎(反町隆史)の5人の、漠然とした不安感と息苦しさを抱えながらも生きる姿を、カーペンターズの名曲の数々をBGMに描く。

スポーツ系おすすめ青春ドラマ

★ ここがポイント!

仲間たちと共通の目的を目指して励む若者の姿に感動!今も人気の俳優陣の初々しい姿も新鮮です。

【1】『チア☆ダン』

◆おすすめポイント

幼い頃に強豪チアダンス部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った主人公の藤谷わかば(土屋太鳳)は、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、JETSのある高校の受験に失敗。
いつしかチアダンスさえ「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、勉強も運動も中途ハンパな高校に入学。弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。
そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。

【2】『ブザー・ビート 崖っぷちのヒーロー』

◆おすすめポイント

現実と理想のギャップに苦しみながらも夢を諦めない男女の恋と友情を描いた青春ラブストーリー。
プロバスケットチーム「JCアークス」に所属する上矢直輝(山下智久)はプロ入りして2年、試合で思うように実力を出せずに苦しんでいた。
一方、音大を卒業して2年、書店アルバイトを続けながら、プロのバイオリニストを目指す白河莉子(北川景子)。
ある日、直輝の携帯電話をバスの中で偶然拾った莉子。その後、JCアークスのヘッドコーチ・川崎(伊藤英明)と出会う…。

おわりに

過去の名作を中心に、珠玉の青春ドラマをピックアップしました。子供たちにはこれからの自分を重ねて何かを感じられる作品群かもしれませんね。ママ&パパさんは当時を思い出して涙してしまうかも…。ぜひ、今度の週末はご家族で感動を共有してみてはいかがですか?

編集部おすすめ

関連記事