おすすめのタオルケット10選|無印良品や今治タオルの人気タオルケットをご紹介!

お子さんのちょっとしたお昼寝の時などに、寝具としておすすめなのが「タオルケット」。一枚は持っておきたいですよね。そこで今回は、人気の「無印良品」や肌に優しい「今治タオル」など、おしゃれなタオルケットをご紹介していきます。夏場はもちろん、季節を問わず重宝するアイテムなので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

おすすめのおしゃれタオルケット

デザイン、材質、肌触りなどから厳選したおすすめタオルケットをご紹介します。お好みにあわせて選んでみてください。

【1】『今治産タオルケット かろやかカロケット』

◆おすすめポイント

細めの糸でしっかり織った、今治産のタオルケット。
シングルサイズのシーツとしての使用できる約140cm×190cmのサイズ。
なめらかで優しい使い心地で、寝汗も吸収してくれる抜群の通気性は、シーズン問わずに重宝します。

【2】『綿100% ジャガード織 オルテガ柄タオルケット』

◆おすすめポイント

高級綿の代表格・エジプト綿100%のタオルケットです。
やさしい風合いとシルクのような光沢が特徴で、とても丈夫なため、洗濯を繰り返しても風合いが損なわれません。
天然素材でお肌のデリケートな方も安心♪

【3】『無印良品 インド綿パイルタオルケット』

◆おすすめポイント

インドで採れたオーガニックコットンを、染色せずに使用。
しっかり厚みのあるタオルケットに仕上がっています。
肌触りもよく、落ち着いた色合いがどんなインテリアとも相性バッチリ!

【4】『クオーレ(CUORE) パイルタオルケット』

◆おすすめポイント

高品質の今治タオルケット。吸水性の良いパイルでさらっと快適!
使い込むほど肌触りがよく、しっかりふんわりな風合いが魅力です。
ご家庭で洗濯可能なので、汚れてしまっても安心ですね。

【5】『今治タオル認定 残糸使用タオルケット』

◆おすすめポイント

タオルが出来上がる工程で多めに用意して余った「残糸」を使用。
カラフルなストライプが織り上がっています。
高品質の証である「今治タオル」ブランド認定のタオルケットで、オールシーズン活躍するアイテムです。

赤ちゃん用バスタオルおすすめ12選|可愛くて機能的なものを選ぼう。自宅用にもギフトにも
赤ちゃん用バスタオルって、大人用と違うの? 出産準備に赤ちゃんのお風呂グッズは欠かせませんよね。赤ちゃん用バスタオルは、赤ちゃんの敏感...

【6】『キャシーマム アイランドスタイル(Kathy Mam Island Style) ハワイアンキルト柄タオルケット』

◆おすすめポイント

ハワイアンキルト作家・キャシー中島さんプロデュース。
ハワイで古くから親しまれているキルトモチーフをデザインした、リゾート感溢れるタオルケットです。
寝具としてはもちろん、ソファに掛けたり床に敷いたりしてもオシャレですよね。

【7】『エムール(EMOOR) スプリングサマータオルケット』

◆おすすめポイント

東京発の寝具ブランド「エムール(EMOOR)」が提案するデザインタオルケット。
飽きの来ないモダンなデザインが好評です。
一年中活躍するコットン100%素材で、毎日の眠りを楽しく上質にしてくれます。

【8】『デニム調 タオルケット』

◆おすすめポイント

デニム調に仕上げた綿100%のやわらかタオルケット。
吸水性に優れた素材感で、汗をかく季節もサラっと感が続きます。
さらに丸洗い可能なので、いつでも清潔に保てます。

【9】『アノラック(Anorak) ハーフケット』

◆おすすめポイント

インパクト抜群のおしゃれなデザインが◎。
イギリス発のアウトドアブランド「アノラック(Anorak)」の子ども用タオルケットです。男女を選ばないかわいい模様ですね。
綿100%のタオル地は、汗も吸い取ってくれてお洗濯も簡単♪

【10】『ディズニー(Disney) ハーフケット』

◆おすすめポイント

子どもに人気!
ディズニーキャラクターがおしゃれなタオルケットです。
ゴワゴワしない柔らかな染料プリント仕様で、保育園などのお昼寝用にピッタリですね♪

ベビーブランケットまとめ|手編み用キット、冬用・夏用の季節別、人気のブランドおくるみもご紹介
赤ちゃんの就寝時はもちろん、外出時や授乳時にも重宝する「ベビーブランケット」をまとめました。手編みに挑戦したい方におすすめの「編み図...

夏はお昼寝用、冬はひざかけやブランケットがわりに

タオル生地でさらっとした肌触りは、冬場でも汗をかきやすい子どもの寝具や室内防寒アイテムにぴったりです。
シーズンを問わず使いまわせるタオルケットは、ぜひお部屋のインテリアやファブリックにあわせて、お気に入りのものをそろえましょう。

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事