おすすめの泣ける漫画10選|「海街diary」や「3月のライオン」など感動作を厳選!

時折訪れる「泣きたい時」におすすめの「泣ける漫画」を集めました!『僕等がいた』や『最終兵器彼女』など完結済みでまとめ読みしやすい作品から、青春真っただ中の友情や恋愛を描いた『3月のライオン』など絶賛連載中の感動作まで、大人にも子供にもおすすめの「泣ける漫画」をご紹介していきます。

完結済みの泣ける漫画

連載当時から話題で、今は完結しているので一気読みしたくなるような感動作揃い。

【1】『僕等がいた』

◆おすすめポイント

舞台は、北海道釧路市。
明るい性格の人気者ながら心に傷を持つ男子高校生に対して、徐々に好意を持ち彼の幸せを願う女子高校生。
そんな2人の純愛を描いた長編漫画。
テレビアニメ化、実写映画化もされた感動作です。
次々と色んな障害に襲われる二人の恋愛模様に心が打たれます。

【2】『四月は君の嘘』

◆おすすめポイント

母の死をきっかけにピアノを弾けなくなっていた少年が、ヴァイオリニストの少女との出会いを機に、再度ピアノと向き合い成長していく青春作。
こちらもアニメ化&実写映画化された人気作です。
丁寧な心理描写に気が付くと惹き込まれ、読み始めると止まらなくなりますよ。

【3】『BLUE GIANT』

◆おすすめポイント

主人公の少年・宮本大がジャズに出会い、様々な人との交流を経て、ジャズサックスプレイヤーとして成長していく様子を描いた作品。
『岳 みんなの山』の作者・石塚真一の描く青春漫画で、主人公・大の真っ直ぐな性格に感動します!
続編『BLUE GIANT SUPREME』も必読ですよ!

【4】『最終兵器彼女』

◆おすすめポイント

無口で不器用だが心優しい青年・シュウジと、気が弱いが自衛隊により最終兵器化された女子高生・ちせの純愛、そして「謎の敵」との世界戦争を描いたSFファンタジー漫画。
とにかく「スゴイ漫画」という表現がピッタリな作品です。
気を抜いて読むと、涙が止まらなくなるのでご注意を!

【5】『海街diary』

◆おすすめポイント

海の見える街・鎌倉を舞台に、3姉妹+異母妹の4人の出会いから始まり、切なく優しい日常を描いた感動作。
鎌倉の情景や人々の息遣いが丁寧に表現された傑作です。
是枝裕和監督による実写映画も話題に。

絶賛連載中の泣ける漫画

長年の人気作品ばかり。話の先を知りたいものの、完結してほしくない連載中の話題作5作品。

【1】『ONE PIECE』

◆おすすめポイント

麦わら帽子の少年が海賊王を目指して「ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)」を探す冒険に出る物語。
もはや説明不要の国民的人気漫画です。
仲間たちとの関係性やキャラクターのセリフに心が震えます。

【2】『3月のライオン』

◆おすすめポイント

幼い頃に家族を事故で亡くしたプロ将棋棋士の少年を主人公が、周囲の人々との触れ合いを通して成長していく人間ドラマ。
『ハチミツとクローバー』の作者・羽海野チカの描く感動作で、魅力的な登場人物によって孤独な主人公が徐々に変わっていく姿に胸が打たれます。

【3】『青のオーケストラ』

◆おすすめポイント

ヴァイオリニストになる道を「家庭の事情」で諦めていた中学生の少年が、周囲の人との交流を経て、再びヴァイオリンと向き合い、成長していく青春作品。
人間ドラマをメインとした展開や圧巻の演奏シーンなど、見所満載の傑作漫画です。
主人公が高校に進学するあたりから目が離せなくなりますよ♪

【4】『宇宙兄弟』

◆おすすめポイント

舞台は、西暦2025年。
宇宙飛行士として有名人な弟と、失職から宇宙飛行士を目指し始めた兄。
二人の兄弟が様々な事件や出会いを経て成長しながら夢を目指していく物語。
人間模様や設定がとてもリアルで、惹き込まれる漫画です。
小栗旬さん主演の実写映画も話題になりました。

【5】『この音とまれ!』

◆おすすめポイント

高校筝曲部を舞台に、札付きの不良ながら祖父の影響で箏に興味を持った主人公と、仲間の部員たちとの成長や葛藤を描いた青春漫画。
「箏」という珍しいテーマながら、予備知識が無くても十分楽しめ、感動できる作品です。
ストーリー・作画ともに丁寧に描かれている傑作ですよ!

おわりに

感動的なストーリーに涙した後、自分の心が浄化されたような気分になれるのも「泣ける漫画」のメリットの一つですよね。青春をテーマにした作品が数多くあるので、「泣ける漫画」を読んで自分の青春時代を思い出してみてはいかがですか?

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事