息をしていない、誤飲、やけどの応急処置は?【子供の家庭内の事故】

NPO法人Safe Kids Japan代表を務め、小児の傷害・事故予防を専門とする山中龍宏先生に、家の中で起こりやすい事故の応急処置について伺いました。

もし、子供が倒れて息をしているかわからない状況になったら、どうしたらいいでしょう。

心臓や呼吸が止まり、脳への血流がとだえると5分で生命が危うくなります。救急車も5分では到着できないので、ひるまずに救命処置をとりましょう。救命講習は地域の消防署や保健所、町内会 などでも開催されるので積極的に参加して体験しましょう。

 

呼びかけても子供の反応がない!

応援を頼み、胸骨圧迫(心臓マッサージ)スタート

119番に電話して救急車を呼ぶと同時にやるべき応急処置を聞く。近くにAEDを備えた施設があれば、持ってきてもらう。

「救急車を呼んで! AEDを探して!」
「わかった!」

 

胸骨圧迫(1歳以上の方法)

呼吸がないとき、おかしいときは、胸骨を強く早く押して、血流を促す。基本は「強く早く絶え間なく」。両手を重ねて指を組んで押すが、片手でもかまわない。子どもの胸の厚さの3分の1まで沈む強さで1分間に100回が目安。
※通常時は子どもを相手に練習してはいけません。

 

胸の真ん中を

手のひらの根元で

胸の厚さの 1/3沈むくらい

強く早く 絶え間なく行う
1分間に100回以上押す

 

■人工呼吸ができる場合

胸骨圧迫30回
くり返す
人工呼吸2回

胸骨圧迫だけでも救命率が上がるが、可能なら人工呼吸を組み合わせる。あごの先を持ち上げて頭を後ろにそらせて、気道を確保。子どもの鼻をつまみ、自分の口を大きく開けて子どもの口をすきまなく覆う。子どもの胸が上がる強さで1秒間息を吹き込んだら口を離す。これを2回くり返し、変化がなければ胸骨圧迫に戻る。

 

■AEDが使える場合

AEDは心臓の状態を自動的に判断、必要な場合に電気ショ ックを与える医療器具。ふたりいれば、ひとりが電極パッドをつける間にも胸骨圧迫を続ける。電源を入れ、音声ガイドの指示に従う。電気ショックの指示があれば、子どもから離れるが、その後はすぐに胸骨圧迫を再開する。

 

子供が誤飲した!

基本的に吐かせるが、下の場合は吐かせずに急いで病院へ !  判断に迷うときは医療機関に問い合わせる。

■こんなときは吐かせないで、すぐ病院へ!

磁石・ボタン電池

ボタン電池は、30分〜で腐食が始まる。磁石は腸を挟んでくっつくと、腸に穴があくこ ともあり危険。

 

除光液・灯油

ガソリンやシンナーなどは揮発性のガスを吸い込んで化学性肺炎を起こすことがある。

 

漂白剤・トイレ洗剤

強力な酸性・アルカリ性のものは吐かせると食道などにも被害が拡大する。パイプ洗浄剤も同様。

 

ピアス・画鋲

ホチキスの針、ガラスの破片も同様に、とがったものはのどを傷つける危険がある。

 

 

中毒110番

公益財団法人日本中毒情報センターによる電話情報サービスです。化学物質やたばこ、動植物の毒などによる急性中毒が対象。情報提供は無料。通話料は自己負担。
大阪 072-727-2499(365日24時間対応)
つくば 029-852-9999(365日9~21時対応)
たばこ専用電話 072-726-9922(365日24時間対応)※テープ方式

 

子供ののどに何か詰まった!(気道異物)

呼吸があるかないかで対応を変えて

呼吸ができている→無理に叩いたり、ゆすったりせず病院へ
呼吸がない→救急車を呼び、下の処置をくり返す
反応がなくなったら→左図の胸骨圧迫に移る

1歳以降は上腹部をつきあげる

後ろからかかえ、子どものへその上あたりで片手を握りこぶしにし、その手をつかんで一気に上に押し上げる。

 

乳児からは背中を叩く

ひざの上で子どもをうつぶせにする。頭が胸よりも低くなるようにして、手のひらの根元で背中をし っかり叩く。

 

子供がやけどした!病院は?

すぐに流水で患部を冷やす

20~30分流水にあてて冷やす。服の上からやけどしたとき、服は無理に脱がせずに服の上から流水をかける。発熱時の冷却シートや軟膏類は使用しないこと。水ぶくれは破らないようにする。

 

本人の手のひらより広い やけどは、すぐ病院へ

範囲が広いときや、関節部分、手のひら、顔のやけどは、患部を冷やしながらすぐに医療機関を受診する。患部の色が白や黒になっているときも重症なので、受診すること。

 

救急車の呼び方

119番に電話する。消防車と同じ番号なので「救急車をお願いします」と伝える。住所と目印を伝えるが、携帯電話の場合は都道府県名も言う。患者の年齢や状態、通報者の氏名を伝え、応急処置の指示を受ける。

 

判断に迷うときは・小児救急電話相談事業 ♯8000に電話

♯8000では、医師や看護師が夜間休日の小児救急電話相談に応じている。ただし、自治体によって時間帯など対応が異なる。地域の救急指定病院やかかりつけの医師にも相談を。

 

山中龍宏先生
緑園こどもクリニック院長。NPO法人Safe Kids Japan代表。小児科医の立場から長年にわたり子どもの事故予防に尽力、安全な環境づくりを研究、提言している。

出典:『ベビーブック』2017年5月号

編集部おすすめ

関連記事