女の子部屋のかわいい作り方│壁紙やカーテンの選び方や、おすすめの部屋着をチェック

小学生になると、おしゃれに敏感な女の子はかわいい自分だけの部屋に憧れます。今回は、小学生の女の子部屋の作り方、シンプルな家具・かわいいインテリアの選び方を解説。さらに、SNSに投稿されたかわいい女の子部屋のアイデア、おすすめのかわいい部屋着を紹介します。

女の子の部屋をかわいくしたい!

ママ・パパと離れて寝るのはイヤ!と言っていたお子さんも、成長するにしたがって、自分だけのスペースが欲しくなるお年頃に。子ども部屋を作るタイミングはご家庭によってさまざまですが、幼稚園入園や小学校、または中学校に入学するときなど、節目になるタイミングが多いようです。

初めての子ども部屋だからこそ、お子さんの「好き」を詰め込んだ素敵なお部屋にしてあげたいですね。かわいい女の子のお部屋の作り方のコツやおすすめのインテリア、参考になるお部屋の実例などを紹介します。

6畳でシミュレーション! 小学生の女の子部屋の作り方

お子さんはもちろん、ママ・パパもわくわくの子ども部屋作り。でも何から取りかかればよいのでしょうか。ここでは6畳を想定した女の子の部屋の作り方の手順やコツ、注意点を紹介します。

部屋のテイストを決める

まずはお子さんと一緒に、どんなテイストの部屋にしたいかを話し合って決めましましょう。ママ・パパが「可愛いお姫様みたいなお部屋にしたい」と考えていても、実はお子さんはクールでシンプルな部屋が好み、というようなケースもあります。

成長とともに好みは変化していくものですが、せっかくなので、お子さんの好みの子ども部屋を作ってあげたいものです。家具屋さんに出かけて、ディスプレイを見たり、雑誌やインターネットでさまざまなテイストの部屋を探したりして、お子さんが好きな部屋のイメージを固めておくとスムーズに進みます。

家具のレイアウトを決める

家具のレイアウトはお部屋の過ごしやすさ、使いやすさを左右する重要なポイントです。まずはベッドや机、収納家具など、大きな家具の配置を考えましょう。

ベッドや収納家具は、窓やドア、クローゼットの扉の開け閉めに支障がない、なるべく広い壁に面した位置に。ベッドはシーツの交換のしやすさなどを考え、壁から10㎝ほど余裕を持って設置できるとさらによいでしょう。机はドアが背後に来る位置だと勉強に集中できないことがあります。

メインカラーを決める

カラフルな部屋は子どもらしくて可愛いですが、お部屋の統一感を出すためにはカラーを絞ることがおすすめです。

使う色は、まずメインカラーとなる色を選び、それにプラスして1~2色くらいにしましょう。ごちゃごちゃした感じが抑えられ、スッキリと統一感のある部屋にすることができます。またカーテンやベッドカバーなど、面積が大きいものの色から考えると全体のイメージが把握しやすくなります。

ブルーとグレー、ピンクと白、はたまたシンプルなモノトーンなど、色味もスモーキーなものからビビッドなものなどさまざまです。部屋の印象がガラリと変わるメインカラー、ぜひお子さんと一緒にぴったりの色を考えてみてください。

家具を選ぶ

ベッドや机などの家具は、何度も買い替えなくても済むように、長い期間使える大きさやデザインのものを選ぶとよいでしょう。子どもの成長に合わせて収納棚を増やしたり、組み合わせを変えられるタイプのものもおすすめです。

収納家具は子どもが自分で片付けしやすいものを選ぶと、自然と整理整頓の習慣が身につくようになります。ランドセルや学用品など、毎日使うものの定位置を決めておくことで忘れ物の防止にもなります。

家具の色は建具や床の色に合わせると、より部屋の統一感を出すことができます。

ウォールステッカーやお気に入りのコーナーを作って個性的に

お子さんの好きなものを集めたコーナーがあると、部屋への愛着が強くなります。壁の一部分を使って、学校で描いた絵や作品を飾ることができるコーナーを作ったり、お洒落が好きな子ならアクセサリーや帽子、洋服などを見せる収納にするのもおすすめです。

また、手軽に部屋の雰囲気を変えられるウォールステッカーを使うと、壁を傷めないタイプのものを選んで貼るだけで、簡単に部屋の模様替えができます。飽きてきたら、はがして別の柄を貼ることができるので、思い切った柄を選ぶこともできます。

子ども部屋・リビングのレイアウトを見直すと暮らしが変わる? ポイントは動線・光・視界…【実例あり】
工場のような作業場は物の配置がすごく考えられています。無駄な動きがその都度生まれないように、徹底して動線や物の位置が決められているわけです。...

女の子部屋のシンプルな家具・かわいいインテリアの選び方

お部屋のイメージが決まったら、それに沿って家具やインテリアを選びましょう。ここでは壁紙やカーテンなど、女の子の部屋のインテリア選びのコツを紹介します。

壁紙

壁紙は部屋の面積の多くを占めるので、色や柄は部屋のイメージを決めるうえで重要なポイントになります。将来リフォームなどを予定している場合は、その時のお子さんの好みを意識した壁紙にすると良いですが、長く使いたい場合は成長とともに好みのテイストが変化していくことを念頭に、なるべくシンプルな色や柄を選ぶことがおすすめです。

どんな家具にも合う白は壁紙選びの基本の色ですが、淡い色合いのペールカラーを選べば、爽やかで優しい印象のお部屋になり、ウッドテイストや白色の家具にもよく合います。

淡いピンクやライラックなどの色が女の子に人気ですが、ペールブルーやブラウン系も根強い人気があります。また、明るい灰色みがかったライトグレイッシュトーンの壁紙にしておくと中学生、高校生になっても違和感なく使えそうです。

アクセントになるポイントが欲しい時には、壁の一面だけを濃い色のアクセントクロスにしたり、簡単に張り替えのできるウォールステッカーやポスターを使うとよいでしょう。

木目調クロスひとつとっても、さまざまな風合いが

カーテン

カーテンも面積が広く、部屋の印象を左右するポイントになります。ですが、壁紙や家具よりも比較的買い替えがしやすいため、色や柄を選ぶ自由度は高くなります。

よいものを長く使いたい、という方には無地やストライプ、落ち着いた中にも可愛らしさのある北欧柄などがおすすめです。カーテンをシンプルにする代わりにタッセルで遊び心をプラスする方法もあります。リボンタイプやフリンジタイプなど、可愛らしいタッセルがたくさんあります。

カーテンを選ぶときには、色が与える効果にも注目してください。

緑は安らぎを与え、リラックスできる効果があります。そのうえ、どんな色とでも調和しやすいので取り入れやすい色です。黄色は心を陽気に、部屋を明るい雰囲気にしてくれます。青系は集中力を高め、気分を落ち着かせてくれるので勉強に集中できる雰囲気に。オレンジやピンクは緊張を和らげてくれる効果があります。お子さんの性格やお好みで色を選んでみてください。

また、機能面では、カーテンは意外にほこりや汚れがつきやすいため自宅で洗えるウォッシャブル機能があると便利です。

透光性のあるレースと、遮光性のあるカーテン、2種を組み合わせても

 

西日や朝日が強い、暑いなどの問題がある場合は、部屋の窓の向きに合わせて遮光機能のあるカーテンを選ぶと良いでしょう。ただし遮光性の高いカーテンだと朝日をシャットアウトして朝の目覚めが悪くなる可能性もあるので、遮光2級、3級など、適度に遮光性のあるものを選ぶなど注意してください。

ラグ

ラグはインテリアのアクセントとしての役割のほか、床材の保護や足元の保温、足音を軽減するなどの役割も果たしてくれるアイテムです。

家具の下まで敷き詰めたい場合は面積の大きい正方形や長方形のラグを選ぶのがおすすめ。お部屋のアクセントとしてビビットな色や可愛い形のものを取り入れたい場合は、ハート型や雲型、円型などのアクセントラグが手軽に挑戦できるのでおすすめです。

また、子ども部屋に敷くとなると汚れや食べこぼしが気になります。清潔さを保つためには、撥水効果や抗菌・防臭効果の機能があるかどうか、特に自宅で水洗いできるかどうかをチェックしておきましょう。

滑り止めがついているかどうかも確認。ついていない場合は滑り止めシートやシールを追加すると安心です。

ベッド

お子さんが小さい頃は、お姫様のようなベッドに憧れます。ただし、長く使うことを考えると、やはりシンプルなタイプのベッドがよいでしょう。ナチュラルな雰囲気の木製のものや白を基調としたタイプのものが長く使えておすすめです。

可愛らしさをプラスしたい場合は、ベッドカバーや枕カバーを思い切りガーリーなテイストのものにしてみてはいかがでしょう?  後付けできる天蓋を取り付けるのもおすすめ。安価なものもあるので、手軽にトライできます。

サイズはセミシングルかシングルサイズにしておくと大きくなってもそのまま使えます。ジュニアサイズだと小学校高学年頃になると小さくなってしまい、買い替えなければならない可能性があります。

また、子どもは新陳代謝が活発なので、マットレスはなるべく通気性がよく、湿気のこもらないタイプのものを選ぶようにしてください。

イケアの二段ベッドは子どもの夢が膨らむ秘密基地。空間を活かしてコンパクトスペースが特別な場所に
北欧発のスタイリッシュな家具や、魅力的なインテリアでファンを増やし続けているイケア。今回は限られたスペースを有効的に活用できて、子どもの寝室...
子供部屋のインテリアは成長に合わせて選ぼう!赤ちゃんから小学生まで年齢別に解説
片付かない子供部屋に悩んでいるママやパパも多いのではないでしょうか。おもちゃで遊んだあとも、きちんと片付けやすいおしゃれな子供部屋が理想的で...

かわいい女の子部屋のアイデア

よそのお宅では、どんな風に女の子のお部屋を作っているのか気になります。ここではかわいい女の子の部屋の実例とともに、お部屋づくりの参考になるアイデアを紹介します。

茶色の小物をアクセントに

この投稿をInstagramで見る

 

comiri(@comiri752)がシェアした投稿


清潔感のある白いベッドリネンにブラウンのクッションを置いてアクセントに。ラグや小物もブラウンやベージュ系でまとめることで、床材や家具とリンクしてナチュラルで温かみのある雰囲気のお部屋に。

姉妹のお部屋をそれぞれ勉強部屋と寝室に


淡いラベンダーのアクセントクロスによく似合う、白い机が並んだシックで可愛らしい子ども部屋です。今はお姉さんのお部屋に机を2つ置いて勉強部屋に、妹さんのお部屋にはベッドを並べて寝室として、2人で使っているそうです。

白い家具で統一感のあるお部屋に

この投稿をInstagramで見る

 

mii(@chez_ef)がシェアした投稿


こちらも、パープルの壁紙に白で統一された家具がぴったり。ちょっとお姉さんな雰囲気のスッキリとしたお部屋です。

グレーをアクセントにして落ち着いた空間に

この投稿をInstagramで見る

 

tomo(@_tm_note)がシェアした投稿


グレーのファブリックがアクセントになった、シンプルながらもホッと安心できる雰囲気のお部屋です。コンパクトなショート丈のベッドには引き出しがついていて収納力もばっちり。

インスタグラムで見つけた!マネしたくなるほど可愛い子供部屋13選
おもちゃや洋服など、物が多くなってしまいがちな子供の部屋。どうにか片付けをして可愛い子供部屋にしたい!と、思っているママは多いのではないでし...

女の子のかわいい部屋着のおすすめ

可愛い部屋が完成したら、せっかくだから可愛い部屋着で過ごしたい。そんな女の子の希望を叶えてくれるかわいい部屋着を紹介します。

キッズ ダブルガーゼ半袖パジャマ  cotta cotta(コッタコッタ)

キッズ ダブルガーゼ半袖パジャマ 110-150cm cotta cotta(コッタコッタ)
キッズ ダブルガーゼ半袖パジャマ 110-150cm cotta cotta(コッタコッタ)

 

通気性・吸収性・速乾性に優れたダブルガーゼを使用したルームウエア。柄はふんわり優しい雰囲気の小花柄や爽やかなレモン柄、シンプルなストライプなど全部で10種類。サイズ展開も豊富なので姉妹でお揃いにするのもおすすめです。

キッズ パジャマ  お姫様ナイトウェア  2点セット

キッズ パジャマ ネグリジェ 女の子 子供服 夏 半袖 可愛い お姫様 ルームウェア ナイトウェア 部屋着 寝巻き 2点セット 綿パジャマ オシャレ 2色
キッズ パジャマ お姫様ナイトウェア 2点セット 綿 2色

 

フリフリのお洋服を学校に着ていくのは、ちょっと恥ずかしい。でも可愛いお洋服が本当はまだまだ大好き!という女の子におすすめ。お家の中でお姫様気分が味わえる素敵なルームウエアです。ブルーとピンクの2色セットなので、その日の気分に合わせて。

La poche biscuit【ラ・ポシェ・ビスキュイ】ガールズ ワンマイルウェア

 La poche biscuit【ラ・ポシェ・ビスキュイ】ガールズ ワンマイルウェア
La poche biscuit【ラ・ポシェ・ビスキュイ】ガールズ ワンマイルウェア

 

お家でのくつろぎタイムにも、ちょっと近くまでお出かけというときにもぴったりの、お洒落で涼しげなルームウエアです。柄は白いドットが可愛いブラック、デニム風のブルー、小花柄が優しい雰囲気のラベンダーの3種類から選べます。

ママ274人が選んだ「かわいい子供服」人気ブランド・ショップは? おすすめ通販サイトも
男の子も女の子も、かわいい洋服を着せてあげたいと思うのが親心。おしゃれでキュートな服を見つけたら、すぐに子供に買ってあげたくなる方も多いはず...

お部屋作りを楽しもう!

どんなテイストにするか考えたり、インテリアを選んだり、部屋作りの工程も楽しい女の子のお部屋。お子さんがあれこれ悩みながら自分の好みのものを選ぶ姿は、微笑ましいと同時に成長を実感できる瞬間です。ぜひ親子で一緒に素敵なお部屋づくりにチャレンジしてみてください。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事