2冊同時に新発売【パウ・パトロール】絵本!大人気キャラがこれでカンペキ

こんにちは!8歳の娘と3歳の息子を育てる2児の母、木村アキラです。今回は3歳の息子、タロウと一緒に、発売したばかりの「パウ・パトロールおはなし絵本」で遊びました!

絵本は2冊、「マーシャルとモッフィー」(だいすき!マーシャル編)と「ニャン・パトロールしゅつどう!?」(ドタバタおおさわぎ!編)です。

パウ・パトロールといえば160か国以上で放送されている人気幼児向けアニメです。ヒーロー好きのタロウは、もちろんパウパトもチェック済み♪(地方在住なので配信で観ています)

それでは!息子も大好きなパウパトの絵本をご紹介したいと思います!!

 

子どもも私も感情移入!パウパトを全力応援!!

まずは1冊目「マーシャルとモッフィー」です。表紙に写るパウパト達を見た途端、タロウは「かっこいい!」と大興奮!

ちなみに、まだパウパトを知らない方でも大丈夫。絵本の最初のページに登場するキャラクターやプチ情報が分かりやすく載っていますよ!

こちらの1冊はパウ・パトロールのメンバー、ダルメシアンのマーシャルがドジばかりの自分が嫌になって落ち込んだり、家出しちゃったり…。

でも悩みながらパウパトのみんなと成長する姿は優しさに溢れていて、子どもたちと一緒に応援したくなっちゃいます!

息子のタロウも、絵本の中でマーシャルが困っていると「あれ~?」と一緒に困ったり、トラブルが解決すると拍手して喜んだりと、素直なマーシャルに感情移入していました。

もちろん私も、このやさしい世界観に引き込まれ、1冊読み終わる頃にはすっかりパウパトのファンになりました。

ドタバタするけどトラブル解決が気持ちいい♪

2冊目の絵本「ニャン・パトロールしゅつどう!?」もハラハラ、ドキドキです!

こちらの1冊は広場をゴミだらけにされたり、超巨大野菜が登場したり、ドタバタなお話です。

今回はパウパトの仲間たちや、指示役ケント君のマシンの出動が多いので、乗り物好きな息子のタロウも大喜びでした!

パウパトの絵本ここがお気に入り!

絵本は2冊とも3つのストーリーが楽しめます。どのストーリーも「どうしたらいいの~?」と困ってしまう様なトラブルをパウパトロールのみんなが“パウっとかいけつ!”してくれます。

キャラクターごとにセリフが色分けされているので読み聞かせもしやすくて気に入っています。ひらがなを覚えたての子どもにも読みやすいと思います。

私はキャラになりきって(似ていない自覚あり)セリフを読んでいました。モノマネに全然反応しないのは寂しかったけれど、それだけ子どもが惹き込まれるストーリーという事ですね!

楽しくてハラハラドキドキ! 読み終わった後は優しい気持ちになれるパウ・パトロールの世界を、ぜひ絵本で楽しんでくださいね!

 

構成/小井詰昌之  デザイン/千葉さやか693円(税込)

いつも明るく、前向きなマーシャル。でも、ちょっとおっちょこちょいで失敗してしまうことも。
そんな愛すべきマーシャルが、持ち前の優しさと頑張りでトラブルを解決する、心温まるストーリーを厳選しました。  

 

構成/村上 綾  デザイン/伊藤 仁|693円(税込)

。ライバール市長とニャン・パトロールの悪だくみから街を守る「ニャン・パトロール しゅつどう!?」、かわいい子豚を追いかけて町中を駆け回る「こぶたと はなびと なつのよる」、びっくり仰天のトラブルをさすがのアイデアで解決する「おおきな やさい ゴ~ロゴロ」。どれも展開が早くてドキドキわくわくするお話です。

 

イラスト・写真・文/木村アキラ

編集部おすすめ

関連記事