【「たら」の離乳食】いつから?下処理方法や冷凍テク、後期、完了期のレシピを紹介

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。

たらは手に入りやすい白身魚のひとつ。冬は鍋物にも活躍するたらは、離乳食にも取り入れられます。今日はたらを離乳食に使うときのポイントと、離乳食メニューを紹介します。

離乳食の「たら」いつからOK?

アレルギーを引き起こす可能性があるので、離乳食後期から

たらは白身魚のひとつですが、アレルギーを引き起こす可能性があるので、慎重にという意味で離乳食後期からをおすすめしています。たらはスーパーでは、切り身になっていて骨も少ないため離乳食に使いやすい食材です。

 

離乳食期にたらアレルギーってあるの?

アレルギーを防ぐため、下茹でしてから調理

たらはアレルギーを引き起こすこともあります。ですので、最初に食べるときは下茹でしてから調理を始めましょう。

 

たらを使った離乳食レシピ

離乳食後期完了期のたらレシピを紹介します。完了期のメニューは大人も同じレシピを食べられますよ!

【離乳食後期】たらのおろし煮

大根おろしで煮た煮物です。オクラのとろみが食べやすさを演出!

<材料>

たら 15g

大根 15g

オクラ 10g

かつお昆布だし 100ml

しょう油 0.5ml

<作り方>

・たらの皮と骨を取る

・大根はおろし金ですりおろす

・オクラは縦半分に切って湯がいてみじん切り

1.かつお昆布だしにたらを入れて煮て、火が通ったら鍋の中でほぐす

2.大根とオクラを加えて火を通す

3.しょう油で風味をつける

【離乳食完了期】たらのホイル焼き

大人も同じ手順で作れます。ほくほく甘いかぼちゃと一緒にバター風味のホイル焼きです。

<材料>

たら 20g

かぼちゃ 15g

ブロッコリー 10g

かつお昆布だし 30ml

バター 1g

<作り方>

・たらの皮と骨を取る

・かぼちゃは、皮と種とワタを取り食べやすい大きさに切る

・ブロッコリーは食べやすい大きさに切る

1.アルミホイルに材料をすべて入れて包む

2.トースターで10~12分焼く

 

たらを使った離乳食手づかみレシピを教えて!

・たらのパン粉焼き

パン粉が香ばしくてパクパク食べれちゃいます。大人は塩を振っていただけますよ!

<材料>

たら 20g

パン粉 適量

オリーブ油 少々

<作り方>

・たらの皮と骨を取ってスティック状に切る

1.たらにオリーブ油を塗りパン粉をまぶす

2.耐熱皿に入れて、トースター7~8分焼く

 

たらを使った離乳食冷凍方法は?

たらを冷凍するのは、生でも下処理してからでもOKです。どちらも1回分を密封できる容器やラップに包んで保存するといいですね。

冷凍するたらの下処理方法

1.皮と骨を取る

2.沸騰したお湯で湯がく

3.取り出しほぐして骨がないかみる

4.1回分の小分けにする

冷凍保存は1週間で使い切りましょう。

 

たらは臭みも少なく使いやすい魚のひとつです。大人のメニューからの取り分けもできますので、離乳食にもどんどん取り入れてみてくださいね!

 

 

文/中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事