どっちがどっち?【まぎらわしい動物】モモンガとムササビ、見分けられる? どうちがうの?

見た目はよく似ているのに、実はまったく別の動物=「まぎらわしい動物」だけを収録した世にも珍しい動物図鑑から、特にお子さんに人気の動物クイズを特別公開しちゃいます! 今回はモモンガとムササビ。 親子でチャレンジしてみてください。

まぎらわしい度1<初級> モモンガとムササビ

モモンガとムササビは、どちらもリスの仲間です。さて、どっちがどっち?

【ヒント1】
ムササビは広葉樹、モモンガは針葉樹の森が好き。

【ヒント2】
眼が大きいのがモモンガ、眼の横に模様があるのがムササビ。

【こたえあわせ】モモンガとムササビは「ここがちがう!」

左がモモンガ、右がムササビです。

大きさ
モモンガはハンカチサイズ、ムササビは座布団サイズ。

皮膜の形
ムササビは尾と後ろ足の間にも皮膜がある。モモンガはない。

尾の形
モモンガより、ムササビの方が、尾が長く丸々している。

モモンガはこんな動物

モモンガ【ネズミ目リス科】
日本にはニホンモモンガとエゾモモンガがいます。
エゾモモンガはユーラシア北部にいるタイリクモモンガの亜種(※クイズの写真はエゾモモンガです)。

ニホンモモンガ 分布/本州~九州。日本固有種。大きさ/14~20cm
エゾモモンガ 分布/北海道 大きさ/15~16cm

ムササビはこんな動物

ムササビ【ネズミ目リス科】
分布/本州~九州。日本固有種。大きさ/27~48cm

こんなふうにちがう、モモンガとムササビ

ムササビとモモンガは、どっちもリスのなかまです。手足を広げてわきの皮をのばすと、高いところから、ジャンプ! グライダーのように遠くまで飛んでいきます。

いちばんのちがいは大きさ。ムササビはモモンガの2倍くらいあって、別名「空飛ぶざぶとん」。さらによく見ると、飛膜のつきかたもちょっとちがいます。

どちらも夜行性なので、暗い森ではわかりにくいですね。手がかりは標高です。モモンガは標高が高めの針葉樹の森に、ムササビは低めの広葉樹の森にいます。というのもモモンガは北で、ムササビは南で進化したから。その証拠にムササビの仲間の多くはアジアにいます。

ムササビは北海道にはいないので、北海道の森で見かけたら、それはエゾモモンガです。

飛べる距離もモモンガよりムササビのほうが長い。最長160メートル飛んだ記録もある。

似ているのにはワケがある。

クイズはいかがでしたか?  なぜ、このように、そっくりな外見や習性を持つ動物がたくさんいるのでしょうか。そこには動物たちのサバイバル戦略があります。

動物たちにとって、自分の体こそが生き残るための道具です。どんな所に棲んで、何を食べているのかで、体の形は決まってきます。樹上ではバランスをとるのに長い尾が役に立ち、水中では流線形の体が便利です。肉食なら鋭い牙が役に立ち、草食なら茎をくいちぎる前歯を必要とします。

こうして長い時間をかけて、自然環境に適応して生き残ったものたちは、もともとが別の種であったとしても、なぜかよく似た形(キャラクター)と、習性(ビヘイビア)を持つようになるのです。

こうした現象を、動物学の世界では「収斂進化(しゅうれんしんか)」と呼びます。この収斂進化に着目すると、進化の不思議をわかりやすく理解することができます。

皆さんも「まぎらわしい動物」を知り、進化の不思議を感じてみませんか?

『世界一まぎらわしい動物図鑑』でもっと「こんがらがって」みる!

監修/今泉忠明 小学館 1320円(税込)

『ざんねんないきもの事典』『わけあって絶滅しました。』でお馴染みの今泉忠明先生の、児童向け動物学入門最新刊です。見た目や習性はそっくりでも、実はぜんぜん別種の動物=「まぎらわしい動物」にスポットを当て、進化の不思議を解き明かしていきます。親子で動物クイズを楽しんだり、動物園のおともにもおすすめです。

【おまけ】まぎらわしい「モモンガとムササビ」がいる主な動物園

太字は両方いる動物園です。
※2021年11月22日現在。動物の飼育状況により展示されていない場合もあります。

ホンシュウモモンガ/盛岡市動物公園、埼玉こども動物公園、上野動物園、井の頭文化園、富山ファミリーパーク 茶臼山動物園東山動物園、神戸どうぶつ王国、高知アニマルランド、安佐動物公園
エゾモモンガ/ 円山動物園、旭山動物園、おびひろ動物園、釧路市動物園
ムササビ/ 埼玉こども動物公園、多摩動物公園、富山ファミリーパーク、小諸動物園、茶臼山動物園、飯田動物園、東山動物園、京都動物園、とべ動物園、安佐動物公園、徳山動物園、熊本市動植物園

構成/HugKum編集部
協力/『世界一まぎらわしい動物図鑑』編集部

編集部おすすめ

関連記事