【まぎらわしい動物クイズ】プレーリードッグとミーアキャット、見分けられたらすごい!

見た目はよく似ているのに、実はまったく別の動物=「まぎらわしい動物」だけを収録した世にも珍しい動物図鑑から、クイズを出題! プレーリードッグとミーアキャット、見分けられますか? クイズにチャレンジしたあとは、見分け方ポイントを確認しておきましょう。

まぎらわしい度2<中級>  プレーリードッグとミーアキャット

さて、下の画像の中のプレーリードッグは何匹?  ミーアキャットは何匹?

【ヒント1】
口がとがっているのがミーアキャット、丸みを帯びているのがプレーリードッグ。

【ヒント2】
ミーアキャットの祖先はネコのなかま、プレーリードッグの祖先はネズミらしい。

 

【こたえあわせ】プレーリードッグが3匹、ミーアキャットは9匹、

プレーリードッグとミーアキャットは、ここがちがうんです。

口もと
昆虫やサソリを食べるミーアキャットの口はとがっている。草食のプレーリードッグは丸みのある口もと。

背中
ミーアキャットの背中はしま模様、プレーリードッグは模様なし。


ミーアキャットは長め、プレーリードッグは短め

ミーアキャットはこんな動物

ミーアキャット【ネコ目マングース科】
分布/アフリカ南部 大きさ/25~35cm

プレーリードッグはこんな動物

プレーリードッグ【ネズミ目リス科】
分布/アメリカ合衆国中央部 大きさ/28~33cm

こんなふうにちがう、ミーアキャットとプレーリードッグ

ミーアキャットは口もとがとがっていますが、プレーリードッグは丸みを帯おびていますね。そのわけは食べるものがちがうからです。

ミーアキャットもプレーリードッグも同じようなポーズで、あたりを見張っていますが、ミーアキャットはネコ目のなかまで、昆虫やサソリを食べています。つまり肉食なので、前歯ばより牙(犬歯)が大きいんです。それで顔がとんがっているんですね。

プレーリードッグは、実はリスのなかま。食べているのは草原の草で、草をちぎる前歯ば (門歯)が大きいんです。

プレーリードッグは、地下にトンネルをほって定住しますが、ミーアキャットはアリ塚や岩のすき間でねています。食物の昆虫をさがしながら移動するので、定住はしません。

どっちがどっち?【まぎらわしい動物】モモンガとムササビ、見分けられる? どうちがうの?
まぎらわしい度1<初級> モモンガとムササビ モモンガとムササビは、どちらもリスの仲間です。さて、どっちがどっち? ...

動物たちのサバイバル戦略が「まぎらわしい」結果に

動物クイズ、正解でしたか?  このように、もともと別の種なのに、そっくりな外見や習性を持つ動物がいるなんて不思議ですね。でもそれは動物たちのサバイバル戦略の結果なんです。

動物たちにとって、自分の体こそが生き残るための道具です。どんな所に棲んで、何を食べているのかで、体の形は決まってきます。樹上や水中にはその環境に有利な体、また肉食・草食といった習性に適した歯、というものがあります。もともとが別の種であったとしても、同じようなものを食べ、同じような環境で生きていると、長い時間をかけて環境に適応していった結果、よく似た形(キャラクター)と、習性(ビヘイビア)を持つようになるのです。

こうした現象を、動物学の世界では「収斂進化(しゅうれんしんか)」と呼びます。この収斂進化に着目すると、進化の不思議をわかりやすく理解することができますよ。

ほかにもいる「まぎらわしい動物」について知り、進化の不思議を感じてみましょう。

『世界一まぎらわしい動物図鑑』で「まぎらわ動物博士」になる!

監修/今泉忠明 小学館 1320円(税込)

『ざんねんないきもの事典』『わけあって絶滅しました。』でお馴染みの今泉忠明先生の、児童向け動物学入門最新刊です。見た目や習性はそっくりでも、実はぜんぜん別種の動物=「まぎらわしい動物」にスポットを当て、進化の不思議を解き明かしていきます。ここでご紹介したプレーリードッグとミーアキャットのほか全20組ものまぎわらしい動物たちが収載されています。

【おまけ】まぎらわしい「プレーリードッグとミーアキャット」がいる主な動物園

太字は両方いる動物園です。
※2021年11月22日現在。動物の飼育状況により展示されていない場合もあります。

プレーリードッグ円山動物園、弥生いこいの広場、大森山動物園盛岡市動物公園、八木山動物公園、宇都宮動物園那須どうぶつ王国群馬サファリ、かみね動物園、埼玉こども動物公園上野動物園羽村市動物公園、江戸川区自然動物園、千葉市動物公園、市原ぞうの国、夢見ヶ崎動物公園、八景島シーパラダイス、富山ファミリーパークいしかわ動物園、須坂動物園、楽寿園、シャボテン動物公園日本平動物園、東山動物園、岡崎動物園、王子動物園、神戸どうぶつ王国、淡路ファームパーク、池田動物園とくしま動物園のいち動物公園徳山動物園秋吉台サファリ到津の森公園、海の中道動物の森、九十九島動植物園長崎バイオパーク、熊本市動植物園、平川動物公園

ミーアキャット円山動物園、大森山動物園、盛岡市動物公園、宇都宮動物園、那須どうぶつ王国、桐生が岡動物園、群馬サファリ、埼玉こども動物公園、東武動物公園、狭山智光山動物園、上野動物園、井の頭文化園、羽村市動物公園、千葉市動物公園、市川市動植物園、夢見ヶ崎動物公園、よこはま動物園、富山ファミリーパーク、いしかわ動物園、飯田動物園、富士サファリ、伊豆アニマルキングダム、シャボテン動物公園日本平動物園、浜松動物園、豊橋動物園、岡崎動物園、京都動物園、アドベンチャーワールド、神戸どうぶつ王国、姫路セントラルパーク、池田動物園、とくしま動物園、のいち動物公園、安佐動物公園、福山動物園、徳山動物園、秋吉台サファリ、ときわ動物園、到津の森公園九十九島動植物園、長崎バイオパーク、九州サファリ、フェニックス動物園、平川動物公園、ネオパークオキナワ

構成/HugKum
協力/『世界一まぎらわしい動物図鑑』編集部

編集部おすすめ

関連記事