離乳食のアスパラガスはいつから?穂先の処理、手づかみレシピを紹介

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、茹でても、炒めても、揚げても美味しい「アスパラガス」を離乳食に使うときのお話をしますね!

離乳食のアスパラはいつから?穂先や根本の使用は?

アスパラガスは、離乳食中期から食べられるようになります。

離乳食で使うアスパラガスの穂先や根本の処理

アスパラガスの穂先は、皮をむかずにそのまま離乳食に使えます。月齢に合わせた大きさに切って加熱しましょうね。

アスパラガスの穂先は柔らかいのですが、その下の方の外側は、赤ちゃんには硬く細かく切っても食べにくいです。固い部分はピーラーで剥いてから調理しましょう。特に離乳食中期は、やわらかい穂先の部分を使うといいですね。

アスパラを使った離乳食レシピを教えて!

離乳食完了期の後半の赤ちゃんにおすすめな噛むことを鍛えるレシピを紹介します。

【離乳食完了期後半】 アスパラガスのささみ焼き

<材料>

アスパラガス 15g

鶏ささみ 15g

<作り方>

・アスパラガスの皮をピーラーで剥く

・鶏ささみを薄く平たく切る

1.アスパラガスをやわらかくなるまでゆがく

2.鶏ささみをアスパラガスに巻く

3.フライパンにオリーブオイルを入れて2を焼く

4.火が通ったら食べやすい長さに切る

 

手づかみで食べられるアスパラガスの離乳食レシピ

アスパラガスは、野菜スティックにしやすいので、手づかみメニューとしても重宝します。今日は、アスパラガスの手づかみメニューを2品紹介します。

【離乳食後期】 アスパラガスのチーズ焼き

<材料>

アスパラガス 15g

チーズ 3g

<作り方>

・アスパラガスの皮をピーラーで剥き、縦半分に切ってから2㎝の長さに切る

1.アスパラガスをやわらかくなるまでゆがく

2.耐熱皿にアスパラガスを入れ、チーズをかけてチーズに色がつくまで焼く

 

【離乳食完了期】 アスパラガスの豆腐ディップ

<材料>

アスパラガス 15g

絹ごし豆腐 15g

すりごま 少々

かつお昆布だし 5ml

<作り方>

・アスパラガスの皮をピーラーで剥き3㎝の長さに切る

1.アスパラガスをやわらかくなるまでゆがく

2.豆腐を裏ごしして、かつお昆布だしとすりごまを混ぜる

 

アスパラガスのアレルギーはある? 

アスパラガスは、アレルギーが起こりにくい食材のひとつです。多くの食材に言えることですが、加熱してアレルギーの可能性を軽減させることが大切です。アスパラガスも、ほかの食材と同じように、初めて食べるときは

・まずは小さじ1程度にとどめる

・初めて食べる食材はアスパラガスだけにする

ことがルールです。食べた後に赤ちゃんの体調に変化があれば、医師に相談しましょう。

 

メニューに一品添えるだけで、緑が鮮やかで見た目も華やかになるアスパラガス。ぜひ日々の離乳食に活用してくださいね!

 

中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事