離乳食の「ピーマン」、中期からのおすすめレシピ、皮むきや冷凍保存の方法まで

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は緑のお野菜の代表格「ピーマン」のお話。「ピーマンって赤ちゃんには苦いんじゃないの?」「離乳食に使えるの?」と、赤ちゃんがに食べさせるのは敬遠しがちですが、調理方法によっては赤ちゃんもパクパク食べてくれます。ということで、「ピーマン」を使った離乳食を紹介します。

離乳食でピーマンはいつから食べてOK?

ピーマンを食べられるようになるのは離乳食中期。7カ月頃の赤ちゃんからです。独特の苦みのあるピーマンですので、まずはごくごく少量からチャレンジしてみましょう。ポイントは、ピーマン単品で食べるのはなかなか難しいかもしれないので、別の食材と合わせることから始めてみましょう。

 

離乳食で使うピーマンは皮をむくの?

離乳食にピーマンをつかうときは、表面の薄皮をむきます。生のままだとむきにくいので、使う分量を大きいまま少し茹でてみましょう。そうするとスルスルっと皮がむけますよ。この皮むきですが、離乳食完了期までするとより丁寧ですね。奥歯が生え、カミカミできるようになってきたら、少しずつ皮ありにもチャレンジしてみましょう。

 

【離乳食中期・後期・完了期】ピーマンを使った離乳食レシピ

【離乳食中期】 じゃがいもとピーマンのポテサラ

<材料>

じゃがいも 15g

ピーマン 3g

にんじん 5g

かつお昆布だし 5ml

<作り方>

・野菜を大きめに煮やすい大きさに切る

1.鍋に水を入れて、にんじん、じゃがいも⇒ピーマンの順に茹でる

2.1がやわらかくなったら取り出し、にんじんはみじん切り、じゃがいもはつぶす、ピーマンは皮をむいてみじん切り

3.2をすべて混ぜ合わせて、かつお昆布だしを加えて滑らかにする

 

【離乳食後期】 鶏そぼろとピーマン丼

<材料>

5倍かゆ 80g

鶏ひき肉 15g

玉ねぎ 15g

ピーマン 5g

かつお昆布だし 150ml

しょう油 0.5ml

<作り方>

・玉ねぎとピーマンを5㎜に切る

1.かつお昆布だしに材料をすべて入れて、弱火でゆっくり煮る

2.しょう油で風味付けして、5倍かゆにかける

 

【離乳食完了期】 しらすとピーマントマトパスタ

<材料>

スパゲティー(ゆで) 80g

しらす 5g

ピーマン 5g

トマト 20g

かつお昆布だし 150ml

味噌 0.8g

<作り方>

・しらすは湯がいて塩抜きする。大きければ1㎝程度に切る

・スパゲティーは大人用もやわらかく茹でて、1㎝に切る

1.かつお昆布だしにピーマンを入れて取り出し、薄皮をむき1㎝角に切る

2.1の鍋に戻して、他の材料もすべて入れる

3,味噌で風味付けする

 

離乳食で使うピーマンの冷凍保存方法

ピーマンを冷凍する場合は、下ごしらえをしてからが使いやすいですね。

1.茹でて薄皮をむく

2.調理しやすい大きさに切る

3.密封容器に入れて冷凍庫に入れる

1週間までに食べきるようにしましょう。

 

赤ちゃんが苦そうにして嫌がる場合は無理強いしなくても大丈夫です。わが家もピーマンを喜んで食べるようになったのは小学生になってからです。気長に時々ピーマンを食卓に登場させてくださいね。

 

 

中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事