雨の日にも活躍!買ってよかった「クッション型トランポリン」選びのポイント教えます

もうすぐ梅雨がやってきますね。そんな雨の日のおうち遊びにお勧めなクッション型のトランポリン!子どもはジャンプし放題で大喜び、大人は運動不足解消やテレワークの気分転換に最適。更に邪魔にならず、インテリアとしてもお洒落な話題のクッション型トランポリンをご紹介したいと思います♪

クッション型トランポリン選びのポイント

自粛生活に続き、梅雨に入ると雨続きで、おうち時間が長くなってきた昨今、子どもとの室内での過ごし方に悩むのに加え、大人の運動不足も気になるところ。

そんな昨今、クッション型のトランポリンが気になっている方も多いのではないでしょうか?

でも、いろんな種類があって、どれにしようか迷う所ですよね。クッション型トランポリンを選ぶ時には、目的別に選ぶのがポイントだと思います。

子どもの遊びやエクササイズが目的であれば、ジャンプ力などの機能性が充実したもの、クッションとして利用するならインテリアに馴染みやすいデザイン性の高いものがおすすめです。

エクササイズ用であれば、安全面も考慮して、着地スペースも重要になるので、50cm四方以上あるものが安心かと思いますが、デザイン性重視の場合はもっとコンパクトなものもあります。

  • ・どれくらい跳ねるか?
  • ・デザイン性
  • ・大きさ
  • ・騒音
  • ・予算(一万円以下)
  • しっかり飛べる!コイル入りトランポリン

我が家は、子どもたちの室内遊び様なので、ともかく、跳ねる力強いというのが最優先でした。なので、しっかり飛びたい方には弾力が強いコイル入りのものがオススメです。兄弟で2台必要なので、予算や大きさも気になるところ。

私は一番ジャンプ力がありそうで、予算やサイズもちょうどいいこちらを選びました。

しっかりジャンプできるケラッタのトランポリンクッション

購入前にクッション型のトランポリンのレビューを見た時に、通常のトランポリンと比べると全然飛ばないなどの感想もあったので、ネットでの購入は少し不安がありました。

でも、こちらのコイル型のトランポリンは想像以上に跳ねました!特に、5歳の娘には身長や体重がちょうどよく、大喜びで毎日飛び跳ねています。

ジャンプ力はしっかりあるのに、騒音は殆どないので、マンションの我が家でも安心して使えます。何より、ソファーでジャンプすることがなくなり、ソファーの寿命が伸びただけでもコスパ面でも良いと考えています。

また、おうちにトランポリンがあるので、自宅でいつでも飛び跳ねることができるせいか、ホテルや出かけ先でもソファーやベッドで飛び跳ねることが少なくなりました。

大人には飛びすぎないトランポリンがおすすめ

ケラッタのトランポリンは、大人の私もしっかり跳べて楽しいですが、大人には飛び跳ねすぎて、怖いと感じる方もいるかもしれません。

体力に自信のない方や年配の方は安全面を考慮して、ジャンプ力が少ないトランポリンと比べて検討されることをおすすめします。

大人の場合は、数回飛んだだけで、息切れするほど。大人のエクササイズ用には、子どものように高く飛ぶスリル感の必要がない場合は、高反発素材のシェイプアップキューブの様なタイプの方がおすすめです。

インテリアにもなじむシェイプアップキューブ

 

安定感重視なら大きめトランポリン

また、直径60cmもあるスイートマミーの円形のトランポリンは、私が見つけた中で最も一番大きいサイズだと思います。

構造もユニークで、一層目が高弾性ウレタンフォーム、二層目が硬めの高反発ウレタンフォームを使用していて、ジャンプ力をキープ。

滑り止めのついているカバーは、滑り止め部分が洗えないので、丸洗い出来ず、洗濯の手間は少々かかりそう。使用する時に取り外して使わなくていけない手間が気にならなければ、丸洗いできるカバーは別売りにあり、インテリアとしてもお洒落です。

ただ、17800円とお値段がお高め。我が家は兄弟で2台必要なので円形で大きく置き場がないことと、予算オーバーということでこちらは見送ることになりました。

安定感抜群のスイートマミー

 

クッション型トランポリンの注意点

ジャンプ力のあるコイル型は、4〜5歳から小学生くらいのお子さんにオススメです。

しっかりバランスが取れず、ジャンプができないと危険なので、低年齢のお子さんにはおすすめしません。

初めは5歳の娘用に買ったのですが、案の定、3歳の息子も欲しがり、お姉ちゃんのトランポリンで試してみて、しっかり遊べるのを見極めた上で、結局二つ買うことになりました。

3歳の息子は、年齢の割にしっかりした体付きでジャンプもできるので楽しんでいますが、年齢ではなく体格と運動能力をご家庭で判断されることをおすすめします。

逆に高反発のものはお子さんが小さいと軽すぎて反発力が弱く、ジャンプそのものができない可能性もありますので、こちらも注意が必要です。

トランポリンに子守りは厳禁!

また、お子さんが使用する場合は、必ず保護者が見守ってのご使用を強くおすすめします。

クッション型トランポリンは、気軽な分、着地の面積が狭く、事故を起こす可能性も高いのです。周囲に何もない平らな床で使用し、いきなり高く飛ぶのではなく、小さなジャンプから慣らして下さい。

  • ・床や周辺を片付け何もないこと確認
  • ・小さなジャンプから体を慣らす
  • ・目線は下で着地場所を意識しながら飛ぶ

特に、真ん中に着地しないとバランスを崩しやすいので、初めは保護者の方が両腕を掴みながら練習すると良いと思います。

なので、トランポリンで子どもだけを遊ばせてその間に家事や仕事をするという使い方は危険なので、あくまでも見守りながら、一緒に遊ぶということを前提に購入を検討して下さいね。

デザイン性か機能性か

ジャンプ力ではダントツのケラッタですが、オレンジ、黄色、赤の原色で目立つので、デザイン性重視の方には落ち着いたインテリアとの相性が難しいかもしれません。

子供たちには楽しい色のようですし、我が家はのインテリアには馴染んだので、気になることはありませんでした。汚れやすい色なので、別売りのカバーがないのは気になる点。洗濯する時に、カバーを洗っている間にもう一枚カバーがあればいいなとは思います。

ちなみに、シェイプアップキューブはブラウンやグレーなど落ち着いた色合いで、別売りのカバーもあるので、お洒落でインテリアにも馴染みやすく、デザイン重視の方にはおすすめです。

便利なその他の使い方

クッション型だから、隙間に収納できる

通常のバネ式のトランポリンを買ってしまうと、トランポリン意外の使い道がなく、場所を取るというデメリットがあります。

でも、クッション型だとちょっとした隙間に入りますし、またそのまま置いてもインテリアに馴染みやすいです。何より、置いたままなので気が向いた時にいつでもできます。

私もリモートワークの合間の気分転換に利用していますが、ガチガチになった肩がほぐれていい感じです。日頃の運動不足とダイエットも期待して、時々ぴょんぴょん飛んでいます。(笑)

また、トランポリンをしていないときは、トランポリン以外の利用もできて期待以上に役にたっています。

  • ・オットマンとして使う
  • ・ミニテーブルとして使う
  • ・ちょっと届かない所への台の代用
  • ・踏み台昇降や筋トレのサポート

ぜひ、クッション型のトランポリンで、梅雨の室内を楽しく過ごして下さいね!

▼トランポリンのおすすめ記事はこちら

子供用トランポリンのおすすめ5選|体幹を鍛えて運動能力を高めよう!
子供の体幹を鍛える運動として、人気のあるトランポリン。室内の運動施設やキッズパークなどに設置されていることもありますが、家庭用トランポリンを...
子供に人気のトランポリンの習い事!その効果は?選び方や費用、おすすめ教室をピックアップ
子どもの習い事を考えるとき、スポーツをさせたいと考えるパパやママも多いと思います。スポーツを習うなら、全身運動になり、運動能力の発達につなが...

文・構成/Rina Ota

編集部おすすめ

関連記事