冷凍の焼きおにぎりが使える! 解凍のコツと自家製レシピ、高級和食風アレンジを紹介

コンビニ、スーパー、通販でも手に入る冷凍の焼きおにぎりは、ちょっと小腹が空いたときに嬉しい食材です。そのままでもおいしく、SNSではさらにアレンジを加える方法が話題に。どんな工夫が人気を集めているのでしょうか。今回は冷凍の焼きおにぎりについてご紹介します。

人気の冷凍焼きおにぎり

よく見かけるけれど、食べたことはない、という方のために、市販の「冷凍焼きおにぎり」についてご紹介します。

人気の理由は

焼きおにぎりは、いたってシンプル。お米を炊いてにぎったおにぎりに、しょうゆベースのタレをつけ、こんがりと焼き色がつくまで焼いています。冷凍なので保存性が高く、袋から出して温めるだけで食べられる簡便さが人気の秘密です。

アレンジレシピが豊富で、白ごはんのように明太子やツナなど、お好みの具材を足すのは定番です。程よい固さを生かして半分の薄さにスライスすれば、ライスバーガーとしての活用も。挟む具材は、きんぴらごぼうや焼き肉が人気です。また、温かい出汁をかければ、お茶漬けとして楽しむこともできますよ。

ベースはお米ですから、アイデア次第でお好きなアレンジができます。

調理は電子レンジで

冷凍食品は、解凍方法が肝心です。詳しくご紹介します。

【1】袋から出した焼きおにぎりを、耐熱皿の上にのせます。ラップはかけません。

お皿にのせて、温めるだけ。これならお子さんにまかせても、安心です。

 

【2】電子レンジでの加熱ムラを避けるため、500〜600W で加熱します。高い温度は短時間で済みますが、冷たい部分が残っている場合も。

以下を目安に、加熱してください。
500W:1個 、1分30秒/2個、 2分40秒/4個 、5分/6個 、7分
600W:1個 、1分20秒/2個、 2分20秒/4個、 4分/6個 、6分

お使いの電子レンジや、商品によって加熱時間は変わります。

◆ポイント

電子レンジで加熱後、オーブントースターで1分30秒ほど温めると、表面のカリッとした食感が楽しめます。

お弁当に入れると固くならない?

冷凍の焼きおにぎりは、自然解凍では食べることができません。お米のデンプンが一度冷えたことにより、固くポロポロした食感に。これは電子レンジで温めることで柔らかさが復活します。

お弁当に入れる場合は、詰める際にしっかりと温める必要があります。解凍モードではなく、温めモードを使って加熱し、粗熱をとってからお弁当箱に詰めると、衛生面でも安心です。

通販が便利

冷凍で届く通販は、届いてすぐに冷凍庫へ保存できるので、溶ける心配がありません。常備しておけば、なにかと安心です。

ニチレイ焼おにぎり10個 480g 【9袋】

化学調味料を使っていない、自然でやさしい味のおにぎりです。ネギや大葉などをプラスすると、驚くほど香りが引き立ちます。

ニッスイ 直火 冷凍 焼きおにぎり 国産米使用 20個入 (70g×20個)

香ばしい香りのする、だしの効いた焼きおにぎりです。まとめ買いして活用している人が多く、ご飯が足りない時や、軽食を兼ねたおやつなどに、助かりますよ。

簡単なアレンジの例

しょうゆ味がついていますが、やさしい味に仕上げられているため、アレンジレシピは無限にあります。食べてみるとどれも、ひと手間で作ったとは思えない、手の込んだ味がするので驚きます。

お茶漬け

しょうゆの甘み、梅干しの酸味と塩気、そして大葉と緑茶の香り。即席とは思えない、深い味わいです。

◆材料

冷凍焼きおにぎり 1個

温かい緑茶 150㏄
梅干し 1個
大葉 適量

◆作り方

【1】冷凍おにぎりを、袋の表示に従って電子レンジで温め、お椀に入れます。
【2】梅干しと大葉をのせて、熱々の緑茶を注いでください。

お茶漬けの素や、ほうじ茶、昆布茶など、お好みの味を選んでください。わさびを加え、出汁や白だしを使うとより本格的な味に。

きのこあんかけ

出汁の効いたあんかけが、体を温めてくれます。やさしい味に、心も体もほっこり。海鮮や、鶏のひき肉を使うとボリュームが増します。

◆材料

冷凍焼きおにぎり 1個

水 300ml
だしパック 1つ
しめじ 100g
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1/2

青ネギ 適量

水 大さじ3
片栗粉 大さじ1

◆作り方

【1】鍋に水、だしパックを入れて火にかけます。沸騰したらしめじを入れてください。
【2】再度沸騰してきたら中火にし、酒、しょうゆ、みりんを入れます。
【3】別の器で片栗粉を水に溶いてください。
【4】【2】の鍋が煮立ったら【3】を入れ、とろみがついたら弱火にしてください。
【5】電子レンジで温めた冷凍おにぎりにかけて、ネギを散らします。

焼きおにぎりを再現する方法

普段お使いの調味料で作る自家製焼きおにぎりは、なじみ深い味に仕上がるため安心できます。たくさん作り置きして活用する方も多いようですよ。キャンプ飯にすると網焼きができて、盛り上がります。冷凍保存の方法もご紹介します。

麺つゆで簡単、焼きおにぎりの再現レシピ

焼きおにぎりのレシピは数多く、お好みの味を探る楽しみもあります。ここでは、麺つゆを使って作る簡単な方法をご紹介します。香ばしい焦げ目がきれいにつきますよ。

◆材料

ご飯 1膳分
粉末だし 1袋
麺つゆ 大さじ1
(麺つゆを使わない場合は、しょうゆとみりんを、2:1の割合で混ぜても。)

◆作り方

(2個分)

【1】材料をすべて混ぜて、5分ほどなじませます。

だしパックの中身を使います。麺つゆとご飯を混ぜて、なじませます。

 

【2】【1】をおにぎりの形に成型します。
【3】アルミホイルを敷いた上におにぎりをのせ、両面焼きグリルで10分程度焼いてください。フライパンで焼く場合は、フライパン用シートを敷くと、くっつきません。トースターを使ってもOK。

◆冷凍方法

出来上がった焼きおにぎりを一つずつラップに包みます。その後、フリーザーバックに詰めて冷凍庫に入れてください。

◆保存期限

1か月をめどに、保存ができます。

◆解凍方法

電子レンジで温めて、お召し上がりください。

活用の場はアイデア次第

日本人のソウルフードと呼ばれるおにぎり。市販の冷凍食品といえど、強すぎない味に仕上げられています。おかずと共に主食として食べてもおいしく、アレンジメニューを楽しんだり、キャンプ飯としても使いやすいので、活用の場はアイデア次第で広がります。コンビニでも買える手軽さですから、ぜひ試してみてください。

あなたにはこちらもおすすめ

五輪選手をサポートする食の専門家直伝!子どもの成長にいい「黄金おにぎり」レシピとは?
習い事の送迎時に食べさせたい「おにぎり」のレシピ 運動系の習い事をしていると、平日の場合は学校終わりの夕方から夜までの練習...
おにぎりレシピ43選|子どもが好きな焼きおにぎり、人気具材を使ったお弁当にぴったりな簡単おにぎり集
運動会に遠足、ピクニック…行楽に欠かせないおにぎりは、色んなバリエーションのレシピを知っておきたいもの。子どもも大好きな焼きおにぎりや、チー...

構成・文・写真(一部を除く)/もぱ(京都メディアライン)

編集部おすすめ

関連記事