【1000人アンケ】子どもの肌の悩みを大調査!3位は「おむつかぶれ」2位は「日焼け」…1位は?

未成熟な「子どもの肌」はとってもデリケート。今回は、多くのママパパが頭を抱える「子どもの肌」に関するお悩みを調査してみました!

デリケートな子どものお肌には、心配ごとがいっぱい!

「つるつる・すべすべ」と想像されがちな幼児のお肌は、実際にはまだまだ未成熟ゆえに、大人とは比べ物にならないほど弱くてデリケートです。ちょっとしたことで荒れてしまったり、湿疹ができてしまったりと、ママパパが頭を抱えてしまうようなトラブルにも見舞われがち。

今回は、そんな「子どもの肌の悩み」について、1歳〜3歳のお子さんを育てるママパパ1000人にアンケート調査をしてみました!

以下では、みなさんから寄せられた回答をランキング形式でご紹介します。

(調査実施媒体:小学館『ベビーブック』2022年9月号 読者アンケート)

【ランキング発表】子どもの肌について、もっとも心配なことは?

ではさっそく、みなさんからの回答を見ていきましょう。子どもの敏感なお肌ならではの、さまざまなお悩みが寄せられました。

(設問:「お子さんの肌の悩みについて、特にあてはまるものを以下より2つまでお選びください。」

8位:アトピー性皮膚炎

8位にまず挙がったのは、かゆみのある皮膚湿疹を慢性的に繰り返す「アトピー性皮膚炎」。皮膚のバリア機能や免疫の異常反応によって、肌への刺激や強いストレスが原因となり、皮膚が炎症を起こす症状を指します。乳幼児・小児期に発症し、成長とともに改善される傾向にあるといわれますが、親としては心配ですよね。

以下リンク先では、アトピー性皮膚炎に関する過去の記事をまとめてあります。お子さんのアトピーにお悩みの方はご参考にされてください。

子供のアトピー性皮膚炎のまとめ【子供のアレルギー特集】
アトピー性皮膚炎に関する記事をまとめました。こちらでは、アトピーの原因・症状・治療法についての記事をご紹介しています。 アトピーの...

7位:吸いだこ

次いで7位には、「吸いだこ」がランクイン。赤ちゃんの口元に、水ぶくれや、水ぶくれが破れた跡のような皮剥けを発見したことはありませんか?

これは、授乳時に上唇も一緒に吸ってしまうことでできる「吸いだこ」と呼ばれるもの。一時的なものなので、無理に剥がしたりはせず、自然と治るのを待ちましょう。

6位:顔の湿疹・かぶれ

6位は、「顔の湿疹・かぶれ」。デリケートな乳幼児のお肌には、なにかと湿疹やかぶれによるトラブルが付き物。「よだれかぶれ」や乾燥による湿疹のほか、生後3か月ごろまでに現れやすい「乳児脂漏性皮膚炎」など、その種類も多岐にわたります。

やさしく洗って清潔を保ち、保湿ケアもこまめにしてあげましょう。

5位:引っ掻き傷

コンビ ベビーレーベル ネイルケアセット

「引っ掻き傷」は5位に。薄くて鋭い赤ちゃんの爪は、未成熟な自分のお肌を傷つけがち。特に、爪切りばさみで爪切りをした直後に、引っ掻き傷がついてしまうケースが多いのではないでしょうか。

引っ掻き防止にミトンをつけてあげたり、爪切りははさみではなく、爪が尖らない「赤ちゃん用の爪やすり」を使っているママパパも少なくないようです。

4位:乾燥

4位は「乾燥」。皮脂分泌は生後しばらくは活発ですが、生後3ヶ月を過ぎた頃から減少し、赤ちゃんのお肌は乾燥しやすくなります。くわえて、水分を保つ機能も未発達のため、特に空気が乾きやすい秋冬には、乾燥による肌トラブルに見舞われがち。

こまめな保湿ケアを心がけてあげましょう。

▼関連記事はこちら

赤ちゃんの乾燥肌どうしたら?乾燥性湿疹の症状と原因、治療や予防法まで解説【医師監修】
赤ちゃんの肌はデリケート 赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟で、少しの刺激でもトラブルを起こしがちです。「肌のバリア」とは、潤いを蓄えた皮膚の...

3位:おむつかぶれなど体の湿疹・かぶれ

3位には「おむつかぶれ」が挙がりました。

おむつかぶれとは、うんちやおしっこによる刺激や、おむつ内の蒸れなどによっておしりに生じる炎症のこと。赤い湿疹ができたり、ただれてしまったりといった、赤ちゃんのこの症状に悩まされるママパパは多数。清潔・乾燥・保護の観点から、未然に予防することが大切です。

2位:日焼け

2位は、「日焼け」。乳幼児のデリケートなお肌は、大人よりも紫外線に敏感で、日焼けによるトラブルも深刻な場合があります。肌が赤くなったり、ひりひりしたり、乾燥肌の原因になったり……。

日差しの強い日は、帽子や日焼け止めを駆使して紫外線対策をするほか、万が一日焼けをしてしまった場合は、患部を冷やし、保湿してあげるなどのケアが必要です。

▼こちらの関連記事も

乳幼児のうっかり日焼け、原因や対処法は?皮膚科医・友利先生に聞いた!
海や山などのレジャー遊びが楽しい夏。紫外線対策をしたつもりでも、うっかり日焼けをすることがあります。特に乳幼児は紫外線の影響を受けや...

1位:あせも

「子どもの肌のお悩み」の最多1位となったのは、457もの票を集めた「あせも」でした。

あせもとは、高温多湿の環境で、汗管の中に汗がつまり、皮膚の中に汗が留まることで起こる赤く小さな発疹のこと。特に、体幹、額、うなじ、わきの下、ひじの内側、ひざの裏などに現れやすいものです。

汗はこまめに拭き取り、汗をかいた場合は着替えるようにして、未然に予防しましょう。ローションやクリームであらかじめ保湿しておくことも効果的です。

その他には「虫刺され」「怪我の跡」等、外傷的なものも

今回は、乳幼児を育てるママパパ1000人が抱える「子どもの肌のお悩み」をランキング形式でお伝えしてきました。お子さんにも当てはまるお悩みはありましたか?

アンケートには、「その他」として「虫刺されが多い」「怪我の跡」のような、外傷的なものも寄せられています。ママパパがどんなに気をつけていても、なにかと心配事の多い子どものお肌。注意深く見守りつつ、もしも心配な場合は、一度専門家に相談してみましょう。

あなたにはこちらもおすすめ

赤ちゃんに本当に必要なスキンケアは?肌トラブルは食物アレルギーの引き金に。皮膚科医・友利先生に聞いたおすすめスキンケア9選
デリケートな赤ちゃんの肌、なぜスキンケアが必要? 赤ちゃんの肌がスキンケアが必要な大きな理由は、2つあります。詳しくみていきましょう。 ...
【医師監修】「子どもの脱毛」が増加中!医療脱毛は何歳からできる?気をつけるべき点は?皮膚科専門医が解説
子どもの脱毛が増えている理由 近年、大人だけではなく、子どもがレーザー脱毛を施術するケースが増えているようですが、どのような背景がある...

文・構成/羽吹理美

編集部おすすめ

関連記事