コーヒーを水筒に入れると味が変わるのはなぜ? 美味しく持ち運ぶ注意点と選び方

水筒でコーヒーを持ち歩くと、酸っぱくなりがち。当記事では、その理由やコーヒーに向いている水筒などをご紹介します。また、スポーツドリンクは金属製の水筒に入れると金属が溶け出し危険だと注意喚起がありましたが、同じく酸性のコーヒーはどうなのでしょうか。

水筒に淹れたコーヒーがまずい…

コーヒーを水筒に移したら、飲む時になんだかまずい……。そんな経験はありませんか? 水筒でコーヒーを持ち歩くと、酸っぱくなりがちです。その理由は、時間にあります。

焙煎が完了した時点で劣化が始まるから

実はコーヒーはとてもデリケート。焙煎が完了した時点で劣化が始まってしまうほどです。コーヒーを淹れた瞬間が一番新鮮な飲み物なのですね。

では、どうしたら水筒に入れたコーヒーを美味しく飲み続けることができるのでしょうか。

コーヒーを水筒で持ち歩くときの注意点

コーヒーを水筒で持ち歩く際、どうしても飲むとき時間が経ってしまうので、おいしさを保つには注意が必要なのです。

味がまずくなるのは、酸化したから

水に触れた瞬間、空気に触れた瞬間「酸化」が始まります。コーヒーは元々フルーツのようなさわやかな酸味を持ちますが、この酸化は酸味とは全くの別物。風味が失われ、酸っぱく感じてしまうのです。

もしも水筒にコーヒーを入れるのなら、温かいコーヒーは酸化がより進みやすいので、アイスコーヒーのほうがどちらかというとおすすめです。

ほかにも、空気に触れていると酸化がより進みやすい傾向にあるので、できるかぎり水筒に満杯まで入れると良いでしょう。最近人気の小さめサイズの水筒などがぴったりです。

また、コーヒーはできる限り豆で購入し、挽きたてを淹れると風味を保ちやすくなります。ちなみに、挽いたコーヒーは密閉容器に入れて保存しておくのも大切なポイントです。

金属製の水筒にコーヒーを入れる危険性は?

数年前、酸性であるスポーツドリンクを、金属製の水筒に入れると金属が溶け出し危険だと注意喚起が出たことがあります。現在も避けたほうが良いとは言われていますが、同じく酸性のコーヒーはどうなのでしょうか。

結論としては、現在は、金属製水筒に飲み物を入れる際は取扱い説明書をよく確認すること、また水筒内部によほど大きな傷がついていない限り、金属が溶け出すといった心配はないようです。

参考:東京都福祉保健局

美味しく持ち運ぶには雑菌とニオイに注意

どんな飲み物でも、まず注意すべきは雑菌です。しっかり洗い、乾燥させた水筒を使いましょう。

特にコーヒーは水筒にニオイが残りやすいので、使う時に確認することをおすすめします。もちろん、使った後もニオイが取れるまでしっかりと洗いましょう。

カフェオレにも注意が必要

カフェオレにして水筒に入れるのはNG。ミルクは後入れにしましょう。牛乳は雑菌が繁殖しやすいため、混ぜた状態で持ち歩かないほうが◎。

ただ、水筒に入れて酸っぱくなってしまったコーヒーは牛乳を足すと緩和されるという裏ワザもあります。

コーヒー用水筒の選び方

出先でもおいしいコーヒーが飲みたい!という方に、コーヒーに適した水筒の選びのコツをご紹介します。

匂いがつきにくいものを選ぶ

コーヒーは水筒に匂いがつきやすいため、テフロン加工など、匂いや汚れがつきにくい素材を使ったものを選ぶと良いでしょう。

密閉性が高いものを選ぶ

密閉性が高い水筒は、酸化を遅らせることにもつながります。また、コーヒーがカバンの中でこぼれてしまった……という大事件も防げます。

コーヒー専用ボトルを選ぶ

最近は、コーヒー人気やSDGsの高まりを受け、コーヒー専用の水筒が続々と登場しています。コーヒーの香りと味を保てるよう工夫されたコーヒー用水筒なら、コーヒーの味を変えずに、持ち歩けることでしょう。

▼こちらの記事もチェック

コーヒータンブラー持参だと割引も? おしゃれ・蓋付き・コンビニ用などおすすめタンブラー12選!
コーヒータンブラーとは? タンブラーとは本来はグラスのことで、主に取っ手や脚の無い大きめなコップを指します。コーヒータンブラーはコーヒーを...

コーヒーにおすすめの水筒5選

サイズや内部の素材、密閉性が高いなどの観点で、コーヒーを持ち歩くのにおすすめの水筒を紹介します!

カフア コーヒー ボトル QAHWA

テフロン加工でホットもアイスコーヒーもOK! コーヒー専用の水筒なので、さまざまな工夫も施されています。例えば内側はテフロン加工。汚れが付きにくい上、匂いも移りにくいです。また、飲み口が広くなっていいる点も◎。コーヒーの香りを楽しみつつ飲むことができます。

セラミック 加工 ワンタッチ式

内面が金属臭を抑えられるセラミック加工のため金属臭がせず、コーヒーを長時間入れても味や香りが変わることなく楽しめます。(※金属臭の感じ方は個人差があります)また、水をはじきやすいセラミック加工のためすぐに乾きお手入れも簡単。真空二重構造で保温・保冷どちらにも対応しています。

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ

カラバリもサイズも豊富なサーモスの水筒。350mlなら約170gと、かなり軽量です! フタはワンタッチオープンで飲みやすく、魔法びん構造だから保温保冷どちらでも使えます。

タイガー魔法瓶 スクリュー マグボトル

200mlのミニサイズ水筒です。重さはたった110g! 持ち運びにもぴったりですね。ステンレス素材を使用し、フタは抗菌仕様です。真空二重構造が長時間保温・保冷してくれます。

象印 ステンレスマグ

マホービンといえばの象印。内部がフッ素コーティングされ、汚れを落としやすく、サビに強いです。しかも、こちらのタイプはフッ素コートが二重になっています! 飲み口もしっかりカバーされていて安心。回すだけでフタがきっちり閉まるのも嬉しいポイントです。

水筒でおいしいコーヒーライフを楽しもう

水筒でコーヒーを持ち運ぶには少しコツが必要です。しかし、外出先でもおいしくコーヒーが飲めれば嬉しいですよね。また、水筒に入れて、コーヒーを持ち歩けばプラカップの削減やコーヒー代の節約にもつながります。水筒と一緒に楽しいコーヒーライフをお過ごしくださいね。

あなたにはこちらの記事もおすすめ!

【身近なSDGs】ママライターが脱プラ生活にトライ!「マイタンブラー&ストロー」をカフェ注文で出してみたら…?
環境問題に対して、何かしたい気持ちがあっても、具体的なアクションに移すことは難しいですよね。筆者も行動に移せずにいた一人ですが、子ど...

文/宇野なおみ 構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事