子育てしながら英語を勉強。子供と一緒に覚えたい英語フレーズはこれ!

小さいうちからなにか英語をはじめたいけれど、なにか家庭内で簡単にできることってないかしら? とお考えのパパ、ママは多いものです。そんな方にぴったりなのが、子育てに英語を取り入れる「子育て英語」です。この記事では、子育てに英語のフレーズを取り入れるメリットや、子育てしながら、親子で英語を勉強するための本、アプリ、すぐに使えるフレーズもご紹介します。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

子育てに英語のフレーズを取り入れるメリット

言葉は日常生活で聞いたり、使ったりするうちに覚えていきます。それは日本語だけでなく、英語でも同じです。簡単な英語のフレーズを子育てに取り入れるとどのようなメリットがあるのかご紹介します。

子育て英語1
子育てに英語のフレーズを取り入れるメリットは?

英語学習を取り入れている・取り入れたい家庭は約75%

ここで、あるデータをご紹介します。ベビカムが実施したアンケート(「お子さまの習い事について」2016.3実施)によると、お子さんに「英語を習わせたい」と思っている人は64.7%。「現在習っている」という人と合わせると75.3%という結果が。ママの4人に3人がお子さんの英語学習に興味を持っていることがわかります。(回答数:490)

その英語を家庭で、より身近にするものが、簡単な英語のフレーズを子育てに取り入れる「子育て英語」なのです。お子さまの本格的な英語学習の前に、子育て英語で肩慣らしをするのはいかがでしょうか。

親子で英語が勉強できる

子育てに英語を使うと、親も子どもといっしょに英語を学ぶことができます。これは、一人で英語を勉強するよりも楽しいですし、はるかに効果が期待できそうです。また、大人が英語を学ぶのに、子育て英語は適した環境であると言えます。それは、どこかに通うこともなく、費用もそんなにかかりません。子育て英語は、親子ともども、英語が自然に話せるようになれるチャンスなのです。

子供も親も楽しめる、コミュニケーションが身近になる

英語を親子で楽しむ時間は、親子のコミュニケーションをとる時間にもなります。また、スキンシップをとるときに、簡単な英語のフレーズを使うのも有効です。たとえば、おむつを替えるときに、

Let’s change your nappy.

と赤ちゃんに話しかけるといいですね。

親の英語レベルはさほど関係ない

英語が苦手な親でも問題はありません。なぜなら、子どもは正しい発音とそうではない発音を聞き分けることができると言われています。ですので、正しい発音のDVDやアプリなどを子どもにしっかり聞かせておけば問題ありません。のちに、子どもから発音を指摘されるなんてこともあるかもしれませんね。

日常会話に使う英語のフレーズが覚えらえる

意外にも、日常で話す日本語のフレーズは同じものが多いのにお気付きでしたか?たとえば、「おはよう」、「おかえり」などの挨拶はもちろん、「幼稚園に行く時間だよ」、「歯磨きしたかな?」、「おやつを食べよう!」など、子どもに話しかけるフレーズはほぼ同じものなのです。この、日常でよく使う日本語を英語のフレーズに変えれば、毎日使うのですぐに覚えることができます。
たとえば、

「お腹が空いた?」なら、Are you hungry?

「お昼寝しよう」なら、Let’s take a nap.

といった具合です。

このフレーズは、英語でなんて言うの?

育児中によく使うフレーズをご紹介します。ぜひ、使ってみてくださいね。

子育て英語2
このフレーズは、英語でなんて言うの?

例文:「どうしたの?」

What’s wrong?

「どうしたの?」は育児で定番のフレーズです。子どもになにかよくないことを感じたり、不調を感じたときにWhat’s wrong?と声をかけてみましょう。

例文:「今日はどうだった?」

How was your day?

英語には「おかえりなさい」という直訳がありません。そこで、

How was your day?

と子どもに聞いてみましょう。また、

Did you have good day?

「楽しかった?」と聞くのもいいですね。

例文:「おもちゃ片付けなさいね。」

Clean up your toys.

日本語だと、つい怒っていいがちなこんなフレーズも、英語なら、優しく言えそうです。clean up〜で、〜を片付ける、きれいにする、という意味があるので、本を片付けて欲しいのなら、

Clean up your book.

となります。

例文:「もうおなかいっぱい?」

Are you full?

食事が終わりを迎える直前や、食事をやめてしまったときに使ってみてください。食べ終わった時には、

Are you finished?

と聞くのもいいでしょう。

また反対に、「おなかすいた?」と聞きたいときは、

Are you hangry?

と言ってみましょう。

例文:「明日の準備をしましょう。」

Let’s get ready for tomorrow.

これも、毎日使うフレーズですよね。Let’s と言う単語を聞くと、反射的になにかしたくなりませんか? Let’s はやる気を起こさせる魔法の単語かもしれませんね。

例文:「朝ごはんだよ。/寝る時間よ。」

It’s time for breakfast./It’s time for bed.

time for〜は、〜の時間という意味になります。「おやつの時間だよ」と言いたいのならば、

It’s time for snack.

というフレーズを使ってみてください。

子育てしながら、親子で英語を勉強するための本

ここでは、子育て英語を楽しんで勉強できる、おすすめの本をご紹介します。

DVD付 サイモン博士の気持ちが伝わる子育て英語フレーズ1,200 (Ski journal culture)

DVD付 サイモン博士の気持ちが伝わる子育て英語フレーズ1,200 (Ski journal culture)
DVD付 サイモン博士の気持ちが伝わる子育て英語フレーズ1,200 (Ski journal culture)

ウチの子をバイリンガルにする方法が満載の「英語子育て」DVDブックです。DVDでは暮らしの中のさまざまな子育てシチュエーションを映像化し、130シーン以上も収録されています。紹介する子育てフレーズはなんと1,200以上。さらに英語の基礎の教え方や、親子での英語でのいろいろな遊び方、英語での絵本の読み聞かせ、優れた教材、英語育児でよくあるママ・パパのQ&A、などの細かい部分もフォローされています。

井原さんちの英語で子育て―超使いやすい! 表現集の決定版

井原さんちの英語で子育て―超使いやすい! 表現集の決定版
井原さんちの英語で子育て―超使いやすい! 表現集の決定版

英語子育て入門書の決定版です。コテコテ日本人ママが実践している英語子育てのノウハウや役立つ表現をやさしく紹介。毎日やさしく子どもに語りかける英語表現が、イラスト(マンガ)豊富な見やすい誌面と、CDの音声で簡単に身につけられます。3歳の息子の成長や著者の苦悩も載っており、思わずクスリと笑いつつも、勇気を分けてもらえるはず!

ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A

ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A
ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A

アルク人気ウェブサイト「ヘンリーおじさんの英語子育て質問箱」の掲示板の内容が、単行本化! 実際に英語子育て中のママからの質問が元になっているので、日常生活に密着し、共感を呼ぶものばかり。ネイティブの解説だから、細かいニュアンスまでわかります。「子どもがやさしく、強く育つ」ことをコンセプトに、愛情いっぱいの英語表現を数多く紹介されています。

CD・DL付 完全改訂版 起きてから寝るまで子育て英語表現600

CD・DL付 完全改訂版 起きてから寝るまで子育て英語表現600
CD・DL付 完全改訂版 起きてから寝るまで子育て英語表現600

200万部突破の「起きてから寝るまで」シリーズに、「子育て編」の完全改訂版が登場。英語が口からぱっとでないパパ・ママのための日常会話入門に最適です。あなたと子どもの日常をまるごと英語で言うだけで、スピーキング力がぐんぐんアップ。言いたいことを英語でどう表現するか考えるくせがつき、日本語→英語に変換するスピードも上がります。

子育てしながら、親子で英語を勉強するためのアプリ

本だけでなく、アプリにも親子で英語を楽しめるものがあります。さまざまな子育てのシーンで使える英語フレーズなどが満載のアプリをご紹介します。

親子de英会話

アプリ1
親子de英会話

「親子de英会話」は、幼児と保護者向けの英語学習アプリです。英語初心者のママが監修しているのが特徴。親子でつまづくことなく楽しく続けられるよう、最初から最後までわかりやすさにこだわり、日常の中で自然と取り入れられる英会話をアプリを通じて学ぶことができます。
フレーズは、ママから集めた、日常会話をもとにしています。お子さん目線の英会話だからとっても簡単です。さらに、生活に欠かせない13種類のシーンに、シーンごとのアラーム付き。いそがしいママ・パパをサポートしてくれます。
親子de英会話

英語で子育て

アプリ2
英語で子育て

子育ての色々なシチュエーションで使える英語のフレーズを繰り返し聴きながら練習できます。対象年齢別(0~3歳、3~6歳、小学生)で、朝から夜寝るまでの日常英会話フレーズが全部で2000個以上も。0〜3歳向け、3〜6歳向けはママ・パパの語りかけフレーズ、小学生向けは親子の会話フレーズになっています。お子さんの返答も学びたいときは小学生向けがおすすめです。少し難しいフレーズも解説つきなので安心。かけ流しモードでBGMとして聴くこともできます。検索を使えば自分の知りたいフレーズがサクサク探せるのも特徴です。
英語で子育て

親子英会話

アプリ3
親子英会話

日本で日常、子育てでよく使う単語やフレーズをシチュエーション別に簡単に探して使えるアプリです。子供と一緒に写真を見ながら英語を学ぶこともできます。グリーンリーフにアカウントを登録する必要はなく、ダウンロードしたらインターネット環境なしで、使えるのも魅力です。
ママなら子育ての合間に、パパなら通勤の合間に、子供に話しかけたいフレーズを覚えることができます。また、動物や乗り物、食べ物の単語の写真が表示されるため、シチュエーションを選ばずに、写真を見せながらその単語を使ったフレーズで話しかけることもできます。また、子供だけでも、写真を見ながら単語を覚えることも可能です。
親子英会話

子育て英語にチャレンジ!

英語の成績が悪かった、アルファベットを見るのも苦手…というママやパパでも、子育て英語にチャレンジしてみましょう。家の中でなら恥ずかしくもありませんし、発音を気にしなくてもOKです。今回ご紹介した本やアプリ、フレーズを使えば、すぐにはじめられます。子どもといっしょに英語を楽しみましょう。

 

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事