子供の習い事「英語」、月謝や効果は?いつから習わせる?英語も習える「ホビングリッシュ」をチェック!

2020年度より、小学3年生から英語の授業が始まり、小学5年生からは教科として導入されることが決定している英語。「子どもが幼いうちから英語をはじめたほうがいいのかな」とお考えのパパ、ママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、子どもに英語の習い事をさせる必要性や始めさせる時期、月謝の価格や、英語の教材、英会話教室、塾の選び方について調べてみました。また、昨今人気が高まっているホビングリッシュのスクールをピックアップ! 英語学習の参考にしてみてくださいね。

子供に英語の習い事をさせる必要は?

小さい頃から英語を習っても、効果があるのか気になりますよね。早期英語教育の効果があるのかないのか、また、その理由をご紹介します。

英語_習い事1
子どもに英語の習い事をさせる効果は?

子供に英語を習わせても意味がない?

「早いうちから英語を習わせたほうがいいと思うけど…意味ないのかしら?」とお考えのママに。早期教育に必要がないという意見もあるのは確かです。しかし、意味がないことはありません。幼い頃から英語を習っておけば、英語耳や英語脳になり、親しむことができるのではないでしょうか。
ただし、週に1回1時間のレッスンでは、しゃべれるようにはならないかもしれません。言葉を覚え始めのころに身につけた英単語なども、その後の生活に必要性がなければ、忘れてしまいます。ただ、週1回の英会話教室でも、英語に触れる中で、英語を好きになって海外に目が向くようになってくれればよいのではないでしょうか。

✔︎詳しくは「教材、歌や英語教室の選び方は?プロに聞く「幼児の英語教育」おすすめ方法」をチェック!

「英語を習わせてよかった」効果を実感した理由

お友だちにあったときに「Hello」とあいさつしたり、色、食べ物や動物の名前などを英単語で言い出したときに、英語を習わせてよかった! と実感するのだそう。ささいなことですが、「うちの子、英語をしゃべってる!」と、子どもの成長がうれしく感じますよね。
また、外国人講師が在籍する英語教室に通っていると、外国の方に慣れることができます。街中で外国の方を見たときに、話しかけるなんてことも。さらに、楽しく英語を学べていれば、英語に苦手意識がなくなるということもあるようです。

「英語を習わせなくてもよかった」効果が実感できなかった理由

一方、効果が実感できなかった理由はどこにあるのでしょうか。

英語がおもしろく感じなかった、親子共々英語に興味が薄れてしまった、続けなければ英語を忘れてしまうなどが理由のようです。

英語の習い事はいつから始めさせる?

英語を習わせたい場合、いつから始めるとよいのでしょうか。

もっとも多いのは小学1年生から、次いで小学5年生

バンダイが行なった英語を学び始めた時期についての調査結果(参照:バンダイこどもアンケートレポートvol.234「お子さまの英語学習に関する意識調査」-バンダイ)があります。

それによると、学び始めた時期がもっとも多かったのは、小学一年生、次いで小学5年生という結果になりました。ここからわかるのは、小学校入学のタイミングや、英語の授業がスタートする小学校5年生から始めた方が多いということです。

その次に始めた時期が多かったのは3歳。こちらも、幼稚園入園のタイミングではじめているようです。

3歳までは自宅学習がメイン

3歳までは家で英語学習をするほうがよいかもしれません。英会話教室や英語教室には、0歳から通えるところもありますが、母子分離のクラスが増えてくるのは3歳ごろだからです。
家で英語学習をする際には、英語を学べるおもちゃやアニメDVD、CD、アプリ、絵本などを使うとよいでしょう。

3歳からは英会話教室・英語教室へ

幼稚園に入園したタイミングの3〜4歳から、習い事を始める家庭は多いようです。子どもがある程度自分のことは自分でできるようになるので、英語の習い事に通わせる時期として適しているのではないでしょうか。

小学生になってからは目的によって英語を学ぶ場所を決めよう

目的に合わせて英語を学ぶ場所を選ぶようにしましょう。例えば、英語を話せるようになってほしいのならば英会話教室へ。将来、英語の勉強で困らないようにしたいのであれば英語塾へ通わせる、というようにするのがおすすめです。目的や目標意識をもてば、子どものモチベーションも上がりますよ。

英語の習い事にかかる月謝はいくら?

英語の習い事にかかる月謝は高そうと思われる方も多いのでは?ここでは、月謝についてのデータを見ていきましょう。

もっとも多いのは8,000円台、次いで6,000円台

各英会話教室の月謝(受講料)を調べてみました。おもに4・5歳を対象にした幼児クラスだと、月謝でもっとも多い金額は8,000円台、次いで6,000円台でした。なお、レッスンプランやコースによって月謝額は異なります。ネイティブ講師だと、価格が上がることもあります。

10,000円以上の高額な月謝をかける理由は?

月謝が10,000円以上の高額な英会話教室も存在します。高いですが、高いなりの理由があるのです。それは、ネイティブな外国人の方が講師をしていること。やはり、英語にネイティブな方に習うほうが、発音などが違うと考える方が多いのではないでしょうか。また、マンツーマンレッスンだと、月謝が高くなることが多いように見受けられます。月謝は高額ですが、上達速度が早まるというメリットもあります。

3,000円程度でリーズナブルに習わせるには?

月謝を抑えたい方には「オンライン英会話」がおすすめです。英会話教室にくらべてオンライン英会話は、月謝が安いのが特徴です。また、スクールに通う必要がなく、家でできること。そして、レッスン対象時間が長いので、いつでもできることがメリットとして挙げられます。しかも、お子さまが英語を習っている姿が見られるので、どのくらい上達しているかも確認できますね。

お子さまにとってよりよい英語学習ができるよう、検討してみてくださいね。

英語の教材や英会話教室、塾の選び方

またたくさんある英語教材や英会話教室。どんな基準で選べばいいのでしょうか。

英語教材の選び方

歌のCDであってもアニメDVDであっても、媒体は特に関係なく、0~1歳、2歳までの子どもは、シャワーのように英語の音を浴びせているだけで、一定の効果はあると言います。

ただし、この手のツールは、英語の一方通行が基本です。子どもが成長して、反応を求めてくるような年齢になった場合は、教材や音楽なども乗り換えて、「双方向性」を意識した方がいいでしょう。教材やおもちゃなどに「双方向性」を求めるといっても限度があるので、子どもが遊びながら喜んで口にした英語を、親が拾って大いに反応してあげるといった行動が重要です。

✔︎詳しくは「教材、歌や英語教室の選び方は?プロに聞く「幼児の英語教育」おすすめ方法」をチェック!

英会話教室の選び方

基本的には暗記学習ではなく、英語を体験し、楽しむ中で、フォニックスを身につけられる教室がおすすめです。
フォニックスとはよく聞く言葉ですが、英語圏の子どもたちのために開発された指導方法で、1つのアルファベットに複数の読み方がある英語を上手に読み書きできるようにするための工夫のことです。
フォニックスを導入している英会話教室はたくさんあるので、この手のスクールを近所にあるか調べてみるといいですね。

✔︎詳しくは「教材、歌や英語教室の選び方は?プロに聞く「幼児の英語教育」おすすめ方法」をチェック!

英語塾の選び方

目標や目的にあった塾を選ぶのが第一です。「英単語や文法を覚えて、英語で書かれた本が読めるようになりたい」、「ある程度の英会話ができたらいいな」、「英検Jr.の受験のために」などの目標や目的意識をもつほうが、長く続けられます。

また、どんな先生がレッスンしてくれるのかも重要です。ネイティブの先生、日本人の先生、それぞれ特徴やメリットが異なります。お子様に合った先生に習ったほうが、英語が上達しますよね。

通う回数や曜日、場所もチェックしておきましょう。お子様に負担のかからないようにしてください。

英語も学べる習い事、一石二鳥の「ホビングリッシュ」にチャレンジ!

ホビングリッシュなら、英語と習い事がいっしょにできます。昨今では、人気が高まっているようです。どんなホビングリッシュがあるのかご紹介します。

英語_習い事2
英語も学べる習い事、一石二鳥の「ホビングリッシュ」にチャレンジ!

「ホビングリッシュ」とは?

「ホビングリッシュ」という言葉をご存知ですか? これは、「趣味(HOBBY)」と「英語(ENGLISH)」の造語です。ダンスやサッカーなどの習い事を英語で教えてもらいながら、楽しく両方の知識を身につけることができます。また、習い事が1つで済むのもポイントです。

乳幼児教室×英語の習い事

すべて英語で行われる乳幼児教室もあります。子どもは聞き取る能力が高いため、英語を聞いているうちに自然と話すようになるそうです。

乳幼児教室×英語のスクールには、「ジンボリー」があります。「ジンボリー」は、0歳から6歳までを対象とした乳幼児教室。年齢別、アクティビティ別に多彩なプログラムが用意されています。英語はもちろん、スポーツ、ミュージック、アートなどのプログラムを、ネイティブ講師によるオールイングリッシュで学べます。楽しみながら自然と英語が身につけられるのが特徴です。
ジンボリー

スポーツ×英語の習い事

スポーツ×英語の習い事にはいろいろあります。将来、海外で活躍するスポーツ選手になりたいお子様にもおすすめです。

「グローバルアスリート英語サッカースクール」は、ネイティブ&バイリンガルの指導員が、サッカーと英語の両方を楽しく指導するスクールです。ポイントは、サッカーで使用する英語を学ぶのではなく、日常的に使う英語をサッカーの練習を通して学ぶことです。

グローバルアスリート英語サッカースクール

 

フィットネス×英語が学べるのが「My Gym」です。ネイティブのプレイヤー(インストラクター)が英語でクラスを進行し、運動だけではなく英語も積極性もコミュニケーションスキルも向上します。アメリカで20年間培ったノウハウから構成した、月齢別の10クラスを用意。プログラムは毎週変わるのだそう。

My Gym

 

「英語 de スポーツクラブ」は、いろいろなスポーツをネイティブコーチから英語で受けられるクラブです。幼児クラスは、「走る、跳ぶ、投げる」などの動きを交えた運動遊びを英語で行うクラス。小学生クラスは、サッカーやバスケット、テニスなどのスポーツにチャレンジしたり、身体を使いながらコミュニケーションやチームワーク力を養うゲームアクティビティも行われます。

英語 de スポーツクラブ

演劇×英語の習い事

普段なら英語を話すことに抵抗があるとしても、劇で演じることで必然的に話さざるをえません。そこが演劇×英語のメリットです。また、「英語を話す自分」という役を演じる感覚で、英語をしゃべることができます。

「アートビーズ イングリッシュ」では、劇を通して、こどもたちの表現力と対話力を育む英会話プログラムです。作品を作り上げる過程で必要な英単語や英文法を習得し、実践的な言語力を身につけます。民話などをベースに書き起こされた劇に1学期ごとに取り組み、最後に発表を行うのだそう。

アートビーズ イングリッシュ

「モデル・ランゲージ・スタジオ」では、“ドラマメソッド”と呼ばれる、ドラマ(劇)の要素を取り入れた独自の指導法を行なっています。「状況設定」や「意思・感情」「想像力」などを取り入れることにより、日常で起こるさまざまなできごとを教室内で疑似体験できるので、効果的に英語を身につけられます。

モデル・ランゲージ・スタジオ

ダンス×英語の習い事

ダンスを通じて英語のリズムを体で覚えることができるのが特徴です。ダンスは、小学校の体育の授業に「表現リズム遊び」や「表現運動」として取り入れられ、中学体育の必修科目にもなっているので、リズム感を小さいうちから養っておきたいお子様にもぴったり。

英語でダンスレッスンを受けられるのが「TNGダンスアカデミー」です。ダンスと英語の技能は、一連のトレーニング活動とインストラクターとのコミュニケーションを通して、レベルアップできます。

TNGダンスアカデミー

「ファンデミーキッズ」には、『えいごdeダンス』というレッスンがあります。楽しみながら、英語のシャワーを浴びながら、ダンスもうまくなれるレッスンです。入門クラスには、アメリカで人気のある曲に合わせて英語でダンスを行います。

ファンデミーキッズ

料理×英語の習い事

食への興味は大人も子どももいっしょです。食いしん坊な子どもなら、料理を英語で習うのはいかがでしょう。大好きな食べ物の単語なら、すぐに覚えられそうです。

「Niki’s kitchen」は、日本に住んでいる外国人のご家庭でホームスティをするように楽しめるお料理教室。ウシカ先生のクラスには、キッズクラスが用意されており、火を使わず、粘土細工で遊ぶような感覚で料理をしながら英会話を学べます。

Niki’s kitchen

「RK Kitchen」は、子ども向けのお料理教室。レッスンはオールイングリッシュで行われます。英語と日本語で書かれたレシピがレッスン後にもらえます。復習にも役立ちますね!

RK Kitchen

まだまだある!〇〇×英語の習い事

スポーツ系やダンス、演劇、料理のほかにも、おもしろいホビングリッシュがあります。

音楽や楽器を使って遊びながら、言葉、体の動かし方、楽器の鳴らし方を学ぶプログラム・リトミック。このリトミックを英語で行っているのが「日本こども教育センター」です。0歳(6か月くらい)からスタートできます。また、幼児クラスではオリジナルソングとリズムでフォニックスも覚えられます。

日本こども教育センター

「Pixi Academy」では、英語で、実験や工作をするクラスがあります。スタンフォード大学の先生が作るプログラムを体験できるのは「Pixi Academy」ならではです。対象年齢は2歳半から。

Pixi Academy

子どもが英語を楽しめる習い事選びを

英語の習い事は、ネットで検索するとたくさん出てきます。英会話や英語教室だけでなく、ご紹介したホビングリッシュも選択肢のひとつです。どこがいいのか迷ってしまうかもしれませんが、まずは、子どもが楽しんで学べそうなところを基準に選んでみてくださいね。

関連リンク

バンダイこどもアンケートレポートvol.234「お子さまの英語学習に関する意識調査」-バンダイ
ECCジュニア
イーオン こども英会話
ヤマハ英語教室
ベネッセの英語教室 BE studio
セイハ英語学院
シェーン子ども英語
NOVAバイリンガルKIDS
こども英会話専門校 アミティー
子供英会話ベルリッツ・キッズ

編集部おすすめ

関連記事