『子供用カメラ』で独創的な世界を写真に!いつから持たせる?種類やおすすめの商品を解説!

スマホやデジカメでいつでも写真を撮れる時代に生まれてきた子供たち。ママやパパが写真を撮っている姿を見ると、「僕も!」「私も!」とやりたくなりますよね。

最近は子供用のカメラといっても本格的なものもたくさん出てきました。子供たちにとって使いやすいカメラとはどのようなものなのでしょうか? おすすめの商品をご紹介します。

 

子供用カメラはいつから使える?

子供の好奇心は無限大。早ければ2歳ぐらいから、パパやママの持っているカメラに興味を示す子供もいることでしょう。でもまだ手が小さいこともあり、本物のカメラは重くてうまく扱えません。落として壊してしまわないかパパやママもヒヤヒヤしてしまいますよね。

そこでオススメなのが子供用のカメラ。子供が小さなうちは機能のついていないおもちゃのカメラで問題ありませんが、早ければ3歳ごろの子供から扱えるタイプのカメラも売られているので、子供の興味の度合いに合わせて選んであげると良いでしょう。子供が撮る写真には子供ならではの独特な世界が広がっているので、パパやママも子供の目線で物事を見ることのできる良いチャンスですよ。

子供用カメラはどんな種類がある?

子供用カメラといっても、機能やデザインも豊富で色んな種類のものが売られています。どれを選んで良いのかわからないという方もいるのでは? ここでは主にどのようなタイプがあるのかご紹介します。

子供用カメラで人気のものは主にこの3タイプ

おもちゃタイプ

カメラの機能もついているけど、おもちゃの要素が大きいタイプ。画素数などカメラとしての機能はあまり良くありませんが、子供が喜ぶキャラクターがモチーフになっていたり、ゲーム機能が搭載されていたりと、子供にとっては魅力的な要素がたくさん詰まっています。

子供の興味の度合いにもよりますが、3歳くらいの子供の場合は、おもちゃタイプで十分に楽しめるでしょう。

防水機能付きタイプ

好奇心旺盛でアクティブなキッズには防水タイプがおすすめ。雨の日の様子や水の中の魚を撮ってみたいという子供もいることでしょう。子供用のカメラの中には水中撮影が可能なタイプもあるので、海やプールやキャンプ、雪山などにも安心して持っていけます。

コンパクトデジタルカメラ

より本格的な撮影をしたいというキッズや、本物を持たせて大事に使わせたいというパパやママには、カメラとしての機能が優れているコンパクトデジタルカメラがおすすめ。小さいので子供の手の中にもしっかりと収まります。顔認識機能や手振れ補正機能、ズーム機能など、本格的なカメラの機能が搭載されているものが多く、長く使えます。子供がカメラの扱いに慣れてきたら、こちらのタイプを与えても良いかもしれません。

子供用カメラ『おもちゃタイプ』

それではタイプ別におすすめの商品をご紹介しましょう。まずは小さな子供のファーストカメラにもおすすめのおもちゃタイプから。

アガツマ『アンパンマン はじめてデジカメ にこにこ写真館』

アンパンマン好きにはたまらないのがこちらの『アンパンマン はじめてデジカメ にこにこ写真館』。おもちゃのような見た目に反し、しっかりとカメラ機能が搭載されています。アンパンマンのおしゃべり付きなので、まだ幼い子供でもすぐに使いこなすことができるでしょう。セルフタイマー機能や自撮りもできるタイプ。また、21種類のアンパンマンの可愛いフォトフレームを使った撮影もでき、子供同士でも十分に楽しめます。

対象年齢:3歳~

フィッシャープライス 『キッズ タフ デジタルカメラ スリム』

子供の小さな手にも収まりやすい、フィッシャープライスのデジタルカメラ。落としたり乱暴に扱ったりしても頑丈で壊れにくい設計になっています。また、ファインダーが2つついているのも特徴的。両目で覗いて撮影することができます。カラーはブルーの他にキュートなピンクのデザインもありますよ。

対象年齢:3歳~7歳

DROGRACE 『キッズカメラ2.0インチタイプ』

可愛いデザインが特徴的のDROGRACEのキッズカメラ。こちらもファインダーが2つ付いているタイプ。シリコンで覆われているので衝撃にも強く、小さな子供でも楽しむことができます。フレームは40種類、フィルターも7種類あるので、色んな雰囲気の写真を撮ることができます。

デザインはピンクの他にレッド、グリーン、ブルーの3タイプ。子供の好みに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

対象年齢:3~4歳ごろ~

クロスワン 『キッズカメラ X3000』

5歳くらいの子供を対象に作られたこちらのカメラは、カメラや動画の機能の他にも、知育ゲームが40種類も含まれています。また、撮影した人物を登場人物として加工し遊べるフォトゲームも含まれていて、子供が楽しめる要素がたくさん入っているのが特徴的。

クロスワンのカメラは、他にも両目ファインダーの3歳以上の子供向けタイプと、カメラの質とゲームのレベルがアップしている7歳以上の子供向けタイプも売られていて、年齢に合わせて選べます。

対象年齢:5歳~

すぐに確認できる!『チェキ』も子供用カメラとして人気!

写真を撮った側から写真が出てくるインスタントカメラ『チェキ』。20年前に発売されたものですが、未だに人気の高い商品です。パーティーシーンでよく見かけることも多い同商品ですが、最近では、子供にも人気が高く、さまざまなキャラクターとのコラボ商品も出ています。お友達と一緒に撮影して、出てきた写真に絵を描いたりシール貼ったりと、コラージュして遊ぶ子供も多く、小学生くらいの女の子にも人気です。

“チェキ” instax mini 8+(プラス)

こちらのチェキはコロンとしたフォルムが可愛く、10代の女の子からも大人気! 自撮りミラーが搭載されているので、いつでもどこでも友達と一緒に写真を楽しめます。ハイキーモードで明るさの調整も可能。女の子らしいパステルカラーの全5色が揃っています。

“チェキ” instax mini HELLO KITTY

こちらは、ハローキティとコラボしたチェキです。本体がキティの顔の形になっていて、ストラップもキティモチーフのものに。また、キティのフレームになっている可愛いフィルムも一緒に売られているので、キティちゃん好きにはたまらない商品となっています。

 

キャラクターとコラボしたアイテムの他にも、スリムな形になっているものや、男の子が欲しくなるようなシンプルでかっこいいデザインのものまで、種類も幅広いので、親子で一緒に楽しむのもおすすめです。

アクティブに使える!『防水タイプ』の子供用カメラ

最近では防水タイプのカメラが増えてきていますが、ここでは水中撮影が可能なものを紹介します。

DROGRACE 『キッズカメラ 防水タイプ』

水深30mまでの撮影が可能の防水タイプの子供用カメラです。落としても割れにくい設計になっているので、元気いっぱいの子供にぴったり! フィルターやフレームも豊富なので、色んな写真を楽しめます。本体は5cm×5cmの大きさで、子供にも使いやすいサイズです。デザインも全部でレッド、イエロー、グリーン、ブルー、ピンクの5種類。

対象年齢:4、5歳ごろ~

Pellor 『子供用 デジタルカメラ』

こちらも、海やプールで水中撮影ができるタイプ。800万画素でズームも4倍まですることができるので、子供でもきれいな写真を撮影することができます。ボタンも押しやすく、録画をすることもできるので、友達同士で楽しい思い出をたくさん収められます。

対象年齢:4、5歳ごろ~

小学生高学年まで使えるコンパクトカメラ

小学生になったら、画質が優れ、より細かなところまで撮影できるコンパクトデジタルカメラがおすすめです。

ニコン 子供用デジタルカメラ 『COOLPIX W100』

ニコンが子供用に開発したデジタルカメラ。水深10mまで撮影が可能。防塵性能も、耐衝撃性脳も高く、安心して子供に使わせられる本格派カメラです。有効画素数1317万画素と高性能なため、水中でもキレイな写真を撮影することができます。また、写真を面白く見せるマンガ効果から、幻想的な雰囲気に見せる効果まで、表現の幅を広げる加工メニューが17種類も搭載されていて、写真を楽しむ要素も盛りだくさん。誤って削除してしまうことを防ぐ『削除ロック』機能など、親にとって嬉しい機能も付いていて親子で楽しめるカメラといえるでしょう。

FUJIFILM デジタルカメラ『XP120』

こちらは子供用に作られたものではありませんが、アウトドアで大活躍する要素が満載のデジタルカメラです。水深20mまで撮影可能! 衝撃にも強く、さらには寒さにも強いので、元気いっぱいの子供でも安心して使うことができます。画素数は1640万、光学ズームは5倍。アウトドア好きな大人にも、細かな画質にもこだわるキッズにもおすすめです。

キヤノン コンパクトデジタルカメラ『Power Shot SX620HS』

写真を撮ることが好きで、子供向けのカメラに物足りなさを感じはじめた子供におすすめなのがこちらのカメラ。こちらは防水防塵タイプのカメラではないので、アウトドア向けではありませんが、子供が持つのにはサイズ的にぴったりのコンパクトデジタルカメラです。有効画素数は約2,020万画素、光学ズームは25倍。ズームでも美しい写真を撮影することができます。

 

子供が楽しめる要素がたくさん詰まったトイカメラから本格的な写真が撮れるカメラまで、子供におすすめのカメラをご紹介しました。子供が撮った写真には、驚きと発見がたくさん詰まっています。そういった子供ならではの感性を共有できるのも、子供にカメラを与えるメリットのひとつ。親子で写真を撮って見せあって感想を言いあうのもおすすめです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事