トマトを使った時期別離乳食レシピ。皮や種の下処理や保存方法も

トマトは離乳食初期から食べられる!

トマトはビタミンCβカロチン多く含み栄養価の高い食材なので、積極的に取り入れたいもの。皮や種を取り除けば離乳食初期からOKな食材です。 

ミニトマトも初期から

ミニトマトも甘みがあり、赤ちゃんにとって食べやすいです。普通のトマトと同様に皮と種が残りやすいので取り除きます。 そのまま与えてしまうとのどに詰まることがあるので必ずカットして与えましょう。

下処理(皮や種の取り方)や冷凍・保存方法

【トマトの下ごしらえ】

初期中期は舌触りが悪く飲み込みにくいため、種や皮を必ず取り除きます。ある程度の固さが大丈夫になってきたら少しずつ加えて練習します。
食べ初めは裏ごししてお湯でのばしたものを与えましょう。初めは赤ちゃんにとってなれない酸味があるため、おかゆや甘みのある野菜と合わせて食べるのもおすすめ。 塩分無添加のトマト缶やペーストも使いやすいです。

トマトの湯剥きは、に少し切れ目を入れて熱湯にくぐらせると剥きやすくなります。切れ目をいれて電子レンジで20秒加熱しても皮がむけます。初期ではカットしてから裏ごしにすると、皮と種がとりやすいですよ。 

ちなみに、ミニトマトはそのまま冷凍すると、解凍する際に簡単に剥けます。 

【トマトの冷凍保存】

湯剥きした種を取り除きカットした状態で冷凍します。トマトソースなど多めに作った場合は袋にいれて平らに伸ばし、菜箸などで筋目をいれて冷凍すると使う分だけ割って使うことができ、便利です。

離乳食初期|トマトのレシピ

 ミニトマトがゆ

◆材料

ミニトマト 2個

10倍がゆ ごはん大さじ1杯分

◆作り方

1.ヘタを取ったトマトを水を入れた器に入れてレンジで20秒加熱し、皮と種を取り除き、すりつぶします。

2.10倍かゆにのせて出来上がり。

 

離乳食中期|トマトのレシピ

 トマトのチーズ焼き

◆材料

トマト中玉 1/2個

スライスチーズ 1/4枚

パセリ 少々

◆作り方

1.中玉トマト半分をスライスして種と皮を取り除きます

2.耐熱に並べてスライスチーズ4分の1枚をちぎって上に載せオーブントースターで2分半加熱します。

3.チーズとトマトがやわらかくなったら出来上がり。トマトとチーズを混ぜながら与えましょう。

 

離乳食後期|トマトのレシピ

 ミネストローネ

◆材料

じゃがいも10g

人参10g

玉ねぎ10g

鶏ひき肉10g

トマト缶 大さじ2

砂糖 少々

◆作り方

1.野菜をさいの目に切り、鍋に鶏ひき肉とひたひたになるくらいまで水を加え人参がやわらかくなるまで煮込みます。

2.あくを取り除き、トマト缶大さじ2を加えさらに10分コトコト煮ます。酸味が気になる場合は砂糖少々加えて味を調えます。

人肌くらいの温度にして食べさせましょう。

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

 

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事