ママも使える♪保育園鞄(かばん)におすすめなトートバックやリュックの選び方、使い勝手のいい人気の鞄をピックアップ!

保育園の入園準備を始めると、着替えやおむつなど、毎日の通園時の荷物の多さにビックリするパパママも多いのではないでしょうか。持っていくものは保育園から説明されますが、保育園鞄(かばん)はどんなものを選べばよいのでしょうか。今回は、保育園鞄(かばん)にピッタリの形、大きさなど、保育園鞄(かばん)の選び方や、おすすめの鞄(かばん)を紹介します。

保育園鞄(かばん)の選び方

保育園への持ち物は、保育園から指定・指示されるものがほとんどです。しかし、持ち物を入れる鞄(かばん)については、「持ち物が入ること」「大き目のもの」など、ざっくりとした説明しかされないことも。保育園鞄(かばん)を選ぶときには、何に注意すればよいのでしょうか。

◆必要な大きさを確認する

成長に合わせて荷物の量は違いますが、着替えやおむつなどの保育園への持ち物はたくさんあります。季節によっては、バスタオルやタオルケットなども必要になるので、1~2泊程度の荷物になる場合も。たくさんの荷物が入る、大きめの鞄(かばん)を選びましょう。

◆おすすめの形と選び方

保育園から持って帰る荷物は、日によって数も重さも変わるので、お迎えに行ったときに臨機応変な対応が必要になります。保育園鞄(かばん)のおすすめの形は、トートバッグとリュックサック。トートバッグ形ならどんどん詰め込めるし、リュックサック形は両手が空くので、子供を抱っこしたり、手をつなぐことができます。

◆持ち手やストラップが付いていると便利

保育園鞄(かばん)を選ぶ場合、斜め掛けショルダー、長さの変えられるストラップが付いているととても便利です。持ち手も少し長めのものを選ぶと、肩にかけることができるのでおすすめです。

保育園鞄(かばん)にピッタリ!おすすめトートバッグ

保育園鞄(かばん)にピッタリのトートバッグにはどんなものがあるのでしょうか。

★おすすめポイント

子ども連れのママの持ち物をリサーチして作られているマザーズバッグを中心におすすめを紹介します。トートバッグは肩にかけられる長めのストラップで、雨の日にも使いやすい防水タイプを選べば間違いありません。またトートやリュックも、間口が大きく開くタイプで軽いものを選ぶと使いやすくて保育園の送り迎えも格段に楽になります。

JPpro「 防水ナイロントートバッグ」

JPpro 防水 ナイロントートバッグ
JPpro 防水 ナイロントートバッグ

長めのストラップで肩にかけやすく、防水で丈夫なトートバッグです。外側にポケットが付いているので、鍵やティッシュなどすぐに出し入れできます。

OUTDOORMASTER 「マザーズバッグ」

OUTDOORMASTER マザーズバッグ
OUTDOORMASTER マザーズバッグ

リュックサックとしても、手提げとしても使える保育園鞄(かばん)です。中のものが良く見え出しやすい大きな開閉口が特徴です。濡れた服やタオルなどを入れても安心の防水袋もついています。ママに嬉しい機能がいっぱいです!

Lee 「マザーズバッグ」

Lee マザーズバッグ
Lee マザーズバッグ

ワンポイントにLeeのロゴが付いた26L(リットル)と大容量のトートバッグです。軽いキャンバス地なので、荷物をたくさん入れても、ラクラク運べます。

働くママにもおすすめの保育園鞄(かばん)

保育園の持ち物だけでなく、仕事の荷物もある働くママには、どんな保育園鞄(かばん)がよいのでしょうか。

★おすすめポイント

どんな天候にも対応できるナイロン素材、荷物が減った時にはコンパクトに畳めるポケッタブル、荷物や状況に合わせてリュックにもなる3WAYバッグなど、機能重視で選ぶのが正解。通勤バッグもあるので、できるだけ軽量であることもポイントです。

SmartTravel 「折りたたみ防水ボストンバッグ」

折りたたみ 防水ボストンバッグ
折りたたみ 防水ボストンバッグ

ナイロン素材で突然の雨や、水に濡れた物も入れられるボストン型のバッグです。荷物を出したら、小さく折りたためるので、保育園からそのまま仕事に行くときも邪魔になりません。

NewtonRoad 「3wayバッグ」

3wayバッグ
3wayバッグ

リュック、ショルダーバッグ、トートバッグと、3通りに使えるバッグです。ナイロン素材で軽いだけでなく、大容量でたっぷり収納できます。内側と外側にそれぞれポケットもあるので、小物も収納できます。シンプルな形なので、パパが持ってもおしゃれに決まります。

flip&tumble「24-7バッグ」

flip&tumble24-7バッグ
flip&tumble24-7バッグ

使い終わったらボールのようにコンパクトに収納でき、いつでもどこでも持ち歩くことができるバッグです。バックの持ち手には滑り止めのショルダーパッド付いているので、重いものを入れても手が痛くなりにくいです。汚れたら洗濯機で洗うこともできます。

用途に合わせて機能的なものを選ぼう

持ち物の量、誰が使うかなど、パパママで話し合い、お気に入りの保育園鞄(かばん)が見つかるといいですね。軽さや天候を選ばないナイロン素材という2点は、抑えておきたいですね。子供はもちろん、パパママも保育園の通園が楽しくラクになるバッグをぜひ選んでください。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事