赤ちゃんが離乳食時期に入るお母さん必見! おすすめローチェア8選


赤ちゃんが離乳食を開始する時期がきたら、ローチェアの出番です。ローチェアにもいろいろなタイプがあってどれを選んで良いのか、迷ってしまうことも多いですよね。今回は、離乳食時期に使い勝手の良いおすすめのローチェアをご紹介しますので、ローチェア選びで悩んでいるママの参考にしてみてください。

離乳食時期に必要なローチェアとは?

まだきちんと座ることができない赤ちゃんは、家庭に置いてある普通のテーブルに座って離乳食を食べることができません。そんなとき役に立つのがローチェアです。ローチェアなら赤ちゃんに合った大きさや形に作られているため、動きが不安定な赤ちゃんでも安心して座らせることができます。通常の椅子では支えが不十分で心配ですが、ローチェアであれば赤ちゃんを囲むような形で作られているので、離乳食を食べるときにも安心して座らせることが可能です。

ローチェアの選び方

ローチェアを選ぶとき、まずはどのようにして離乳食を食べさせたいかを考えてみてください。ダイニングテーブルで大人と一緒に食べさせるのか、床の上に赤ちゃん用のテーブルやローチェアを置いて食べさせるのか、などによってもローチェアの選び方は変わってきます。ご家庭の食事スタイルにあったローチェアを選ぶことが大切です。

素材で選ぶ

ローチェアの素材には、木製、ポリウレタン製、スチールパイプ製などがあります。しっかりとした安定性を求めるならば木製を選ぶべきですが、木製となると重みもあり持ち運ぶには少し大変です。ポリウレタン製やスチールパイプ製であれば比較的軽く持ち運びも便利になるので、外出先で食事をとる機会の多いご家庭にはとても重宝します。

収納時の形で選ぶ

ローチェアのタイプには、折り畳んでコンパクトに収納できるものと、折り畳めないものがあります。折り畳めないタイプのローチェアは場所をとるので赤ちゃんの食事のとき以外はしまっておきたい人は折り畳めるタイプのものを選び、必要なときにだけ取り出して使うようにするとよいでしょう。

使用する期間にあわせて選ぶ

ローチェアの中には、離乳食を食べる年齢にはローチェア・自分で食事をとれる年齢になったらハイチェアと成長に合わせて高さを調整できるタイプのものがあります。離乳食を食べる時期だけの短期間に使用するのか、勉強をする年齢になるまでの長い期間で使いたいのかを考えてから購入すれば、後悔することも少なそうですね。

 

離乳食時期には持っておきたい! おすすめローチェア8選

離乳食の時期にはかかせないローチェアは、赤ちゃんの急な動きもカバーしてくれる安心かつ安全な造りの商品を選ぶことがなによりも大切です。安全なものを選んだら赤ちゃんの好む色のローチェアを選んであげるのもよいかもしれません。赤ちゃんもママも楽しい気分で離乳食の時間を過ごせそうですね。

スマートローチェア/APRAMO

和室やリビングなどの床に置けばローチェアとして使え、ダイニングチェアに固定すればブースターとしても使用可能。骨組みが三角で安定していること、角のない丸みのある造りであることなど赤ちゃんのことを考えて作られたAPRAMOのローチェアです。離乳食を置くトレーはエコPP材質を使用しているため安心して使え、組み立て式なので持ち運びも便利、色はブルー・レッド・ピンク・イエロー4色から選べます。対象年齢は6カ月以上。

アーチ木製ローチェア/大和屋

赤ちゃんがぶつけてもケガをすることのない丸みを帯びた形のローチェアは、使わないときにはコンパクトに折りたたむことができるので余計な場所をとりません。しっかりとした重みがあるので、動きのはげしい赤ちゃんでもちょっとのことでは倒れない構造です。安定感に加えて安全ベルトもついてさらに安心して使えます。対象年齢は6カ月以上。

プレミアムベビーチェアmamy/カトージ

座面の高さは3段階、ステップの高さは5段階にわずか5秒で調整が可能で、離乳食を食べ始めた赤ちゃんはもちろんのこと、勉強を開始する年齢になったら学習机としても利用できます。テーブルトレーはいつでも取り外し可能なので、赤ちゃんが食事をこぼしてもそのまま流しへ持っていき洗い流せて衛生的です。対象年齢は7カ月以上。

ごきげんお食事クッションR /リッチェル

赤ちゃんの動きが不安定なころは5点ベルト、赤ちゃんの動きが安定してきたら3点ベルトと、赤ちゃんの成長に合わせて体をしっかりと支えながら椅子に固定できるリッチェルのごきげんお食事クッションRは、ほどよい硬さのクッション性のため赤ちゃんも快適に座ることができ、座面の高さは4段階まで調整が可能です。クッションカバーの表面には水をはじきやすい素材を使用してあるので、汚れてもサッとふき取ることができます。対象年齢は10カ月以上。

くまのプーさん お食事ローチェア/錦化成

赤ちゃんに使うものだからこそ日本製にこだわりたいママには、錦化成株式会社のくまのプーさんお食事ローチェアがおすすめ。赤ちゃんの成長に合わせてテーブルの位置の変更が可能で、汚れたらすぐに取り外して洗えるのでとても衛生的です。ローチェアの脚の部分には滑り止めもついており、フローリングの床の上でも安心して使用できます。色はブラウンタイプとイエロータイプの二種。対象年齢は6カ月以上。

バンボベビーソファ/バンボ社

バンボベビーソファは、赤ちゃんが座るとオリジナルのカーブが背中とお尻をそっと包み込んでくれるので、赤ちゃんが自分では簡単に抜けだせない仕組みになっています。抜け出し防止用ベルトの取り付けが可能で、バンボ専用のプレイトレーを後つけもできます。動き回る赤ちゃんにも安心な構造なので、離乳食を食べさせるときにも重宝します。対象年齢は5カ月以上。

カリブベビーチェア/KARIBU


品質と安全性を最優先した製品造りで世界中から愛されるカリブのローチェアは、赤ちゃんのお尻にやさしくフィットし、太ももの部分がゆったりとした造りになっているのでムチムチした赤ちゃんの足でも空間に余裕があります。汚れがついてもタオルでふくだけでさっときれいにできて衛生的です。カラーのバリエーションも多いので、赤ちゃんの好きなカラーを選んでみてはいかがでしょう。対象年齢は4カ月以上。

2WAYごきげんチェアK/リッチェル

床にそのまま置けばローチェアとして使え、ダイニングの椅子に取り付ければハイチェアとしても使えてとっても便利。椅子に取り付けるときは専用の固定ベルトでしっかり支え、床で使うときには四隅のゴム脚がついていて安心です。テーブルが取り外し可能で、お掃除も楽に行えます。対象年齢は7カ月以上。

離乳食はローチェアを使って楽しく食べよう

ローチェアの多くは赤ちゃんがどんなに動いても安全な構造になっており、動きのはげしい赤ちゃんがひっくり返ってしまう心配もほとんどなく、安心して離乳食を食べさせられます。トレーの取り外しが可能なものや、ベルトでしっかりと赤ちゃんを支えてくれるものなど、さまざまなタイプのローチェアがあります。赤ちゃんにとって使い心地の良いものを選び、親子で楽しい食事タイムを過ごしましょう。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事