1歳から英語を身近に! 英語の知育おもちゃ素材別セレクション

英語の知育おもちゃイメージ、アルファベットの積み木
「我が子をバイリンガルに育てたい!」と思っているママパパは多いのではないでしょうか?幼いころから英語に触れさせたいのであれば、英語の知育おもちゃがおすすめです。英語は母国語ではないのでどうしても難しく感じがちですが、おもちゃであれば、子どもも楽しく学ぶことができます。今回は、遊びながら英語を感じられる知育おもちゃを紹介します。

子どもが夢中になって英語を覚える

子どもは興味のあることは夢中になって取り組み、多くのことを吸収していきます。子どもの興味の対象が英語の知育おもちゃに向けば、好奇心を刺激し、遊びのなかで自然と英語を身につけることが可能に!

また、幼いころからおもちゃを通じて楽しく英語に触れていけば、学校で本格的な英語教育が始まったときに、苦手意識を持つことも少なくなります。

勉強ではなく遊んでいるうちに覚えることができる

勉強が好きな子はそうは多くはありません。勉強が好きではない子に英語学習を無理強いしても、反発して嫌いなるなど逆効果です。知育おもちゃであれば、遊んでいるうちに自然と英語を覚えることができ、子どもも積極的に取り組むのでどんどん吸収していきます。

英語を学べる知育おもちゃの種類はさまざま

英語が学べる知育おもちゃにはさまざまな種類がありますが。代表的なのは、アルファベットや英単語が描かれた積み木などの木のおもちゃです。知育効果を最大限を引き出すには、子どもの興味を引き、かつ成長に合った英語の知育おもちゃを選ぶことが大切です。

英語を知育できるおもちゃ【木のおもちゃ】4選

積み木やパズルは、手先の良い訓練になるだけでなく、想像力やバランス感覚を育むなどの高い知育効果を期待できるおもちゃです。英語を学べると同時に、木のぬくもりも感じられるおもちゃを紹介します。

アルファベットさいころつみき – くもん出版


28個のさいころ型の積み木が入ったセットです。積み木の6面には、大文字と小文字のアルファベット、英単語、発音、意味、絵が描かれており、積み木遊びだけでなく、言葉遊びも楽しめます。同じ文字の積み木が複数入っているので、文字並べ、名前作り、クロスワード、しりとりなど幅広く遊ぶことができ、アルファベットや英単語を楽しく学ぶことができます。小中学校で学ぶ263語のことばリストやローマ字表も付いており、長く遊べるおもちゃです。積み木のサイズは3cm×3cm×3cmなので、小さい手でも扱いやすい大きさです。
対象年齢は3歳以上。

木のパズル A・B・C – エド・インター


大文字アルファベットのパズルで、積み木としても遊べるセットです。木製で角も丸く処理されているので、小さいお子さんでも安全です。アルファベットをはめ込んだり、アルファベットを組み合わせて文字を作ったりして遊ぶことで、自然と英語に親しむことができます。
カラフルなアルファベットをめくると、関連した単語と絵が描いてあります。小さい子どもでも簡単につかむことができる大きめのピースです。
対象年齢は3歳以上。

アルファベット ペグパズル – Hape(ハペ)


世界60ヶ国以上で愛されているHape(ハペ) の、学んで遊ぶおもちゃです。知育教育が盛んなドイツ生まれで、子どもの発達に応じて、自然に身に付く力を育むことから、多くの幼稚園で使われています。世界各地にある自社工場では、安全・安心に関するノウハウがあり、ST、ASTM、CEなどの玩具安全基準をクリアしています。
こちらのパズルは、アルファベットにペグ(棒)が付いているので、小さなお子さんも簡単につまむことができます。アルファベットの下には、可愛らしいイラストが描いてあり、何が出てくるか想像したり、当てっこをしたりして遊べます。何度も繰り返していくうちに、自然と英語とイラストが結びつきます。
対象年齢は3歳以上。

アルファベット アバカス – Hape(ハペ)


木製のプレートに色とりどりのアルファベットと数字が描かれています。プレートをくるくると指で回すと、アルファベットの裏側は、可愛らしい絵と英単語、数字の裏側はスペルになっています。思わず隣のプレートも回したくなるようなカラフルな色合いで、子どもの興味を引き付けます。指先を使うので、脳を刺激しながら遊ぶことができます。
対象年齢は3歳以上。

英語を知育できるおもちゃ【その他】2選

積み木以外のおすすめの英語の知育おもちゃを紹介します。子どもに興味を持ってもらえるおもちゃを選んでください。

はじめて英語 ディズニー&ディズニー・ピクサーキャラクターズ おしゃべりいっぱい! ガチャ® – タカラトミー


おしゃべりする10個のキャラクターボールが付いた、ディズニー&ディズニー・ピクサーキャラクターのカプセルトイのおもちゃです。ボールをマシーンに入れてレバーを引けば、数を教えてくれるので、1~9までの数字を学ぶことができます。問題に合わせてボールを出すクイズ機能も付いています。120種類のおしゃべりが収録されており、ディズニーが大好きなお子さんにはぴったりです!
対象年齢は1歳以上。

Laugh & Learn® スマートステージチェア – Fisher-Price(フィッシャープライス)


英語と日本語の50以上の歌やおしゃべりが楽しめる椅子のおもちゃです。子どもの年齢に合わせて3つのレベルが設定できます。1歳からのレベル1は、椅子に座ったり立ったりすることで、楽しい歌やおしゃべりを聴くことができ、感覚の発達を促します。1歳6ヶ月からのレベル2は、クイズに答えることで、数、反対語、動きを学ぶことができ、考える力を伸ばすことができます。2歳からのレベル3は、ごっこ遊び、言葉遊び、宝物探し遊びなどを通じて、子どもの言葉の発達を促します。座面を開けると歌やおしゃべりが流れるなど、子どもの好奇心を引く仕掛けが盛りだくさんで、長く遊べるおもちゃです。
対象年齢は1歳以上。

知育おもちゃを使って英語を身近に感じよう

英語の知育おもちゃの最大のメリットは、遊びながら英語を学べることです。幼いころから取り入れていけば、英語をより身近に感じられるので、本格的な英語教育が始まったときに苦手意識を持つことも少なくなります。英語好きになってくれると嬉しいですね。ママパパも子どもと一緒に英語の知育おもちゃで遊んで、楽しく英語を学んでみてはいかがですか?

文・構成/HugKum編集部

知育動画おすすめ11選|トイレトレーニングや英語学習などに役立つ動画は?
スマートフォンやタブレット、パソコンの普及により、「テレビやゲームよりも、YouTubeで動画を見てる時間の方が長い」というお子さん...
1歳から英語をスタート!おすすめの教材・おもちゃ・DVD・絵本で楽しく学ぼう
英語に早くから親しんでもらうためにも、英語教育を幼少期からスタートさせる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、1歳から始めるのにぴった...
幼児期から英語をスタート!おすすめの教材・DVD・歌・アプリ・おもちゃ・幼児英語教室をピックアップ
さまざまな幼児向け英語教材がありますが、「どれがいいのかわからない」、「気軽に英語に触れられるものはないかな?」とお考えのパパ、ママは多いの...

編集部おすすめ

関連記事