離乳食のヨーグルトはいつから?食べるときの量や注意点は?中期・後期のおすすめレシピ

離乳食のヨーグルトはいつから?注意点は?

牛乳からつくられるヨーグルトはアレルギーに問題がなければ中期頃から使えます。 タンパク質カルシウムが多く含まれ、なめらかで多くのレシピに活用できる食材ですが、酸味があるため甘みのあるフルーツや野菜と一緒に与えるのがおすすめです。

与えてはいけないヨーグルトの種類はある?

フルーツが入っているものや飲むヨーグルトなどのヨーグルトは砂糖がかなり含まれてるため、味に慣れていない離乳食の時期には甘すぎます。離乳食では砂糖の入っていないプレーンヨーグルトを使うようにしましょう。

一度に食べさせる量はどのくらい?

初期はまだ与えず、中期になったら、他の乳製品合わせて50gまでにしましょう。後期も同様に、乳製品と合わせて50gほどが良いでしょう。 

ヨーグルトは食べやすいため、それだけでおなかがいっぱいにならないように、食材を和えたり離乳食のとろみに利用するなど、単品で使うより調理して利用することがおすすめです

また、乳製品は赤ちゃんの胃には重いため、毎日与えるのではなく、2,3日に一度程度にしてようすをみましょう。

ヨーグルトの調理法や保存方法

ヨーグルトは中期になった頃から、そのまま食べられます。賞味期限を守り、できるだけ開封したての新鮮なものを食べるようにしましょう。加熱前のお肉や、野菜にあらかじめ和えておくと、パサつきが抑えられ、食べやすくなります。 

冷凍保存は水分が多いためシャーベット状になります。解凍すると水っぽくなるためおすすめできません。

離乳食で使うヨーグルトにおすすめの商品

市販のプレーンヨーグルトは、メーカーによって酸味やまろやかさなどの違いはあるため、味になれるという観点からもいろいろな味を試してみてもいいと思います。ただし加糖でないプレーンヨーグルトを与えましょう。

ブルガリアヨーグルト

スーパーなどでも比較的手に入りやすい、ポピュラーな商品です。

プレミアム湯田ヨーグルト

岩手県産の生乳を使用。なめらかなので赤ちゃんにも親しみやすい食感。

豆乳グルト

乳アレルギーの赤ちゃんには大豆で作った豆乳ヨーグルトという選択肢も。


 ヨーグルトを使った離乳食のおすすめレシピ

 <離乳食中期> にんじんとさつまいものヨーグルト和え

にんじんとさつまいもの甘味にヨーグルトの酸味がよく合います。さっぱりとしたサラダ感覚で召し上がれ。

◆材料(1食分)

にんじん 20g

さつまいも 20g

ヨーグルト 20g

◆作り方

1. にんじん、さつまいもをレンジで1分加熱し、やわらかくします。

2. 1をさいの目にカットして、器に入れてヨーグルトと和えます。

器に盛りつけてできあがり。

 

 <離乳食後期> 野菜マッシュのヨーグルトサンド

かぼちゃときゅうりの色がキレイ。ヨーグルトの酸味がさっぱりとしているので、たくさん食べられます。小さくカットして、手づかみ食べを楽しんで。

◆材料(1食分)

冷凍かぼちゃ 30g

にんじん 15g

じゃがいも 10g

きゅうり 10g

ヨーグルト 50g

しょうゆ 少々

◆作り方

1. 冷凍かぼちゃ、にんじん、じゃがいも、きゅうりをそれぞれレンジで1分加熱し、やわらかくします。

2. にんじんをみじん切りにして、かぼちゃのマッシュと、半量のヨーグルトにあわせ、パンにはさみます。

きゅうりをみじん切りにして、ジャガイモマッシュと残りのヨーグルトに合わせ、パンにはさんで2色のサンドイッチを作ります。

3. 小さくカットしてできあがり。

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事