離乳食にきのこは使える?おすすめきのこと下処理方法、きのこだしの取り方、時期別レシピまで

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。秋が旬の野菜でもある「きのこ」。香りがよく、触感も美味しく、料理に少し入れるだけでアクセントになるきのこですが、離乳食にはいつから使うことができるのでしょうか?今日は、きのこを食べられるようになる時期、使う時の注意点、離乳食きのこレシピを紹介します。

 

離乳食にきのこは使える?いつから?

離乳食メニューにきのこを使うのは、離乳食後期からがおススメです。離乳食後期に食べられるようになる野菜は、さやいんげん、チンゲン菜、春菊、水菜などもありますが、きのこは弾力もあり噛みちぎりにくいこともあるので、それらの野菜をチャレンジした後にしましょう。離乳食メニューや大人メニューを作る時に、余裕があれば食材の色の意識を取り入れてみます。赤青黄緑黒の5色があると、彩り豊かになります。きのこは「黒」に分類されます。黒が入ると一気にメニューの彩りが締まります。きのこの独特の風味と色合いは、いつものメニューを更に美味しく仕上げてくれますよ。

きのこだしはいつからOK?

きのこのだしと言えば「干ししいたけ」。干ししいたけだしは離乳食初期から使えますが、干ししいたけそのものは、硬いため離乳食期はNGです。

きのこはアレルギーがある?

きのこでアレルギーになることは、少ないとされています。きのこに限らず、初めて食べる食材は、小さじ1の少量からスタートし、少しずつ量を増やしていきましょう。

使ってもいいきのこの種類と下処理法

離乳食に使いやすいきのこと言えば、しいたけ、しめじ、まいたけ、えのき、なめこです。この5つのきのこをそれぞれどのように使うか解説します。すべてのきのこに共通する下処理は、石づきを切り落とすことです。洗うときのこの風味が落ちるので、目視で汚れがなければ洗わなくてもOKです。

しいたけの場合

石づきをとった後、布巾で汚れをふき取る。内側の襞にゴミがある場合は傘をたたいて落とす。軸は大人の場合、割いて食べられるが、赤ちゃんには弾力があり食べにくいため使わない。

しめじの場合

石づきをとった後、手で小分けにした後に、縦半分に割いて、赤ちゃんの月齢に合わせて切ると離乳食に使いやすい。

まいたけの場合

石づきをとった後、手で縦に割いてから赤ちゃんの月齢に合わせて切ります。

えのきの場合

石づきをとった後、手でほぐして赤ちゃんの月齢に合わせて切ってから離乳食に使う。

まいたけの場合

石づきをとった後、熱湯にサッと入れて茹で、余分なぬめりを取り赤ちゃんの月齢に合わせて切ってから離乳食に使う。

離乳食にNGなきのこ、使用するときの注意点

2~3mmのみじん切りから始める

離乳食後期の食材は5㎜程度に切るのがお約束ですが、きのこは弾力があり、噛みちぎりにくいので、最初は23㎜のみじん切りからスタートします。赤ちゃんの食べる様子、便の様子を見つつ徐々に大きさを変えていきましょう。

弾力の強いエリンギは離乳食期はNG

エリンギはきのこの中でも弾力が強いので、離乳食期はNGの食材です。

離乳食のきのこだしのとり方

干ししいたけだしの作り方

<材料>

干ししいたけ 5

水 500ml

<作り方>

1.干ししいたけの汚れを取り除く。

2.分量の水にをつけ、上からラップを落とし、干ししいたけの全体が水につかるようにする

3.一晩、冷凍庫に入れて戻す

上記の戻し汁をだしとして使います。戻した干ししいたけは大人の料理に使いましょうね。

離乳食の時期別きのこレシピ

離乳食後期以降 なめこのおろし汁

なめこのとろみで食べやすいとろみスープに仕上がりました!

<材料>

煮干しだし 200ml

豆腐 15g

なめこ 5g

にんじん 15g

<作り方>

・豆腐 5㎜~7㎜角

・にんじん、皮をむいて5㎜~7㎜の長さの千切り

・なめこ、ザルに入れて湯通し5

1.煮干しだしに、にんじん⇒なめこ 豆腐の順に入れて煮る。

2.味噌、極わずかで風味づけ

離乳食完了期・鮭と野菜の蒸し物

切って蒸すだけ簡単メニュー。味付けなしで野菜の素材の甘みをいただきます。

<材料>

生鮭 20g

玉ねぎ 20g

もやし 10g

しめじ 5g

<作り方>

・鮭、皮と骨を取って軽く塩をしてキッチンペーパーで包む

・玉ねぎ 1㎝厚さに切る

・しめじ半分に割き1cm長さ

・もやし半分の長さ

1.耐熱皿に材料を入れて、蒸し器に入れて蒸す

 

いつものメニューのちょっとしたアクセントにもなるきのこを活用してみてくださいね!

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在14歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、21年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで3000人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事