子供の絵の具セットの選び方や中身は?コンパクトなものから、大人にもおすすめの本格派まで

写生大会や美術の授業など、子供が学校で必要となるのが、絵の具セットです。そこで、絵の具セットの中身と水彩画を描くのに必要なアイテム、絵の具セットの選び方をチェック。子供用に人気のコンパクトなものから、大人や本格派にもおすすめの絵の具セット、中身だけの書い足しアイテムをご紹介します。

絵の具セットの中身、必要なものは?

絵の具セット
子供が学校で使う絵の具セット

水彩画を描くときに必要なアイテムが一式そろっているのが、絵の具セット。では一般的に絵の具セットに入っているアイテムをここで確認してみましょう。

絵の具

まず絵の具セットで必ず必要となるのが、絵の具です。子供向けの絵の具セットなら、12色~24色程度の色がそろっているのが一般的でしょう。本格派の絵の具セットなら、色のバリエーションもさらに多くなります。

パレット

絵の具を出してまぜるときに使うのが、パレットです。絵の具を入れるスペースが小さく別れているタイプや、大きなスペースがたくさんあるタイプなど、自分が絵を描くときにどんな使い方をするかによって、好みのパレットの大きさなどもあるでしょう。

絵の具セットには、筆も一緒にセットになっています。子供向けの絵の具セットなら、2~3本の筆が入っていることが多いです。これ以外に、細い筆や太い筆などを使いたい場合は、自分で購入して使ってもいいでしょう。

筆洗バケツ

使った筆を洗って別の色を塗るときに必要となるのが、筆洗バケツです。バケツの中も、いくつかのスペースに区切りがつけられていることが多いです。

バッグ

絵の具セットは、中身を一式仕舞えるバッグがセットになっています。女の子向けのかわいらしいバッグから、男の子向けのキャラクターもの、大人用のシンプルなタイプなど、さまざまなデザインがあるので、子供用なら子供が好きなデザインのバッグを選ぶといいでしょう。

習字セットで美文字に!道具の名前や、お手入れ法は?男の子・女の子&大人用をセレクト
小学校3年生から「書写」の授業がはじまります。そのとき必要となってくるのが習字の道具です。そこでこの記事では、習字セットの中身の名前、必要な...

絵の具セットの選び方

では子供用に絵の具セットを用意しなければいけないときなど、どんな基準で絵の具セットを選んでいけばいいでしょうか。絵の具セットといっても、実にたくさんの種類があるので迷ってしまうものです。次のようなポイントでそれぞれをチェックしてみて、子供にあったものを選ぶようにしてみましょう。

学校指定のもの・内容物がそろっているか

子供が絵の具セットを学校の授業で使う場合、学校が絵の具セットのメーカーなどを指定していることもあります。その場合は、指定にあったものから選ばなければなりません。また絵の具セットに入っているアイテムが、学校が指定しているものと合致するか、確認もするようにしましょう。

手入れしやすいか

絵の具セットのアイテムには、絵の具の汚れがつきやすいものです。だから汚してしまってもすぐに落とせてお手入れがしやすいものが一番。特に絵の具セットのバッグについては、ナイロンやラミネート加工してあるものなどで、絵の具がついてもさっと拭き取りやすいものがおすすめです。またメッシュ素材のバッグなら通気性が良いので、中に湿気がこもってカビが発生したり、ニオイがついたりすることも予防できます。

子供が好きなデザインか

子供が使うのなら、絵の具セットも子供が好きなものを選ぶようにしてみましょう。また小学校で使うなら、低学年から卒業まで使うことを考えて、どんなデザインにすれば長い間使えるか子供と相談しながら考えて決めるといいでしょう。

より本格的な水彩画を描くために必要なものとは?

子供向けや初心者用の絵の具セットで絵を描きはじめて、もっと本格的にやってみたくなると、絵の具や筆の種類を増やしたいと思うようになるはずです。そんなときは、お手持ちの絵の具セットに、絵の具と筆を何種類か追加で購入してみたり、もっと本格派向けの絵の具セットを購入するなど検討してみましょう。

読者調査からわかった小学生の習い事、人気ランキング発表!男の子、女の子別の1位は?
『小学一年生』読者アンケートで小学生の習い事を実態調査! 4月。小学生になると、子どもは自分自身で身支度をするようになり、多くの子は子...

子供用に人気のコンパクトな絵の具セット

では子供におすすめの絵の具セット10品をご紹介しましょう。どれも子供向け絵の具セットとして定番のもので、子供が持ち運びしやすいコンパクトなタイプです。

絵の具セット(KLUGER)

通気性のよいメッシュ素材のバッグは、男の子にピッタリのクールなデザイン。底面はビニール製になっているので、水滴や汚れに強く、アクティブな男の子が使っても長持ちしそうです。


絵の具セット ドリーミーキャット(サクラクレパス)

絵の具12色と筆2本、パレットなどの一式がそろった絵の具セットです。表も裏もかわいい猫モチーフバッグで、女の子が喜びそう。道具はすべてバケツの中におさまるコンパクトタイプです。


絵の具セット(LIFE TAKES BRAVERY)

杢調生地がかっこいい、大人っぽい印象のバッグがセットになったタイプ。生地は撥水仕様なので、水や絵の具がついても簡単に落とせます。ショルダーベルトつきで、バッグを肩にかけてもOK。


絵の具セット ポケットピンク(サクラ)

大きく開くバッグで、中身の出し入れが簡単にできます。バッグ中央のポケット部分には好きな写真などを入れることができます。入学祝いなどの贈り物にもピッタリです。


絵の具セット(ぺんてる)

水洗バケツを丸ごとすっぽり納めることができて、ワイドオープンのバッグで出し入れもラクラクできます。絵の具は、力が弱い子供でも絞り出しやすいソフトチューブタイプです。


水彩えのぐセット(PUMA)

スポーツやファッションブランドとして人気の「PUMA(プーマ)」の絵の具セットだけあって、シンプルでクールなバッグが印象的。通気性のよいクッションメッシュ生地が使われています。


MY PRETTY LITTLE THING 絵の具セット

キュートなものが大好きな女の子にピッタリの、かわいらしい雰囲気の絵の具セット。書道セットとあわせて注文することもできます。


レジェンドドラゴン絵の具セット

青白い炎を噴き出しているドラゴンが描かれた、かっこいいバッグの絵の具セット。手さげ・ショルダーの両方で使える2ウェイタイプです。


学童 水彩えのぐセット(呉竹)

水彩絵の具12色と筆2本、パレット、筆洗バケツなどの基本が入った絵の具セット。バッグは手さげタイプと、ショルダーバッグタイプの2通りの持ち方ができます。


絵の具セット(Letter From Ocean)

小学校低学年の子供が持っても負担にならないショルダーベルト付き。スケッチケースはクッション材が入っているので中身を守ります。ネーム部分も見えないようにプロテクトが付いています。


親子で水彩画を楽しもう!大人や本格派におすすめの絵の具セット

子供だけでなく、大人も一緒に使えるような絵の具セットです。本格的に絵を描きたいと思う方におすすめのアイテムです。

本格派水彩セット

クサカベの「専門家用透明水彩絵の具12セット」と、水彩画に適した「レッドセーブル筆3本セット」、スケッチブック、ヒツセンなどの一式がセットになっています。


固形水彩絵具 プチカラー 72色セット(サクラクレパス)

固形水彩絵具と筆、パレットなど、水彩画に必要な道具がそろった本格派向けのスケッチセットです。コンパクトタイプだから、外出先や旅先への持ち運びも簡単にできます。


透明固形水彩絵具 / プチカラー水筆入り48色セット(サクラ)

48色の固形水彩絵具と水筆、スポンジのセット。固形水彩絵具は発色に優れているので、絵の仕上がりにも満足がいきそう。付属のパレットは、右、左、手前の3方向にセットすることができます。


透明水彩セット(呉竹)

固形透明水彩14色、水筆ぺん、ペンをコンパクトにしたセットです。水彩画を描くほかに、祝儀袋や年賀状などを書くときにも使うことができます。


ホルベイン固形水彩 画材セット

散歩した先や旅先でスケッチを描くことが好きな方にピッタリなのが、この画材セット。パレット部分はミニイーゼルとして使用できるので、外出先で絵を描くこともできます。


絵の具セットの中身だけ買い足したい

絵の具セットを購入したけれど、筆や絵の具などの一部のアイテムだけを書いたしたいときは、こちらのアイテムなどを参考にしてみてください。

絵の具 ポリチューブ入りエフ水彩(ぺんてる)

1本単位で注文できる、ぺんてるの絵の具。片手で開け閉めできるキャップと、ソフトなチューブなので、子供でも使いやすいタイプです。15色以上の色がラインナップしています。


ヴァンゴッホ水彩画筆(サクラクレパス)

ポリエステルとOX毛を混毛した、水彩デザイン筆です。


水彩画用アルミパレット(ターレンス)

26個分の仕切りがついたアルミ製パレット。画材メーカーとして世界で知られるターレンス社製です。



絵の具セットは親子で選ぼう

小学校の授業で必要となる絵の具セットは、学校が指定するメーカーのものを用意してもかまいませんが、子供が楽しんで絵を描けるように、ぜひ親子で選んでみてはいかがでしょうか。家族そろって一緒に絵を描く楽しみ方ができるし、家族のコミュニケーションがそこから広がっていくかもしれませんよ。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事