ファーストシューズはいつから?いつまで履ける?選び方や注意点、男女別おすすめアイテムも

赤ちゃんは毎日どんどん成長していきますが、1歳頃になると歩き始めようになります。よちよちと歩く姿はとてもかわいらしいですよね。また、「そろそろ歩きそうだから靴の準備が必要かな」と考えるパパやママも多いと思います。今回は、赤ちゃんが初めて履くファーストシューズのサイズの測り方や購入するときの注意点、男女別の人気ファーストシューズを紹介します。

ファーストシューズはいつからいつまで?

赤ちゃんのファーストシューズは、いつからいつまで履くのでしょうか。ファーストシューズを履かせる期間について、調べてみました。

ファーストシューズとベビーシューズの違い

ファーストシューズは、赤ちゃんが初めて履く靴のことを言います。初めて履く記念の靴という意味以外にも、ファーストシューズを玄関に飾ると幸せが訪れるなど、ジンクスや言い伝え、赤ちゃんの成長を祝うなどの意味があります。

ベビーシューズは、ファーストシューズの次のステップとして選ぶ、歩きやすさを重視した靴のことを指します。

ファーストシューズはいつ頃履かせる?

ファーストシューズは、よちよち歩きが出来るようになり、「外でも歩けそうかな?」という頃に履かせてあげましょう。慣れないうちは靴を嫌がることもあるので、慣れさせるためにも早めに履かせて様子を見ることが重要です。

ファーストシューズはいつまで履ける?

ファーストシューズを履いて歩くことに慣れて、安定して歩けるようになったら、セカンドシューズ(ベビーシューズ)への切り替えが必要になります。3ヶ月に一回くらい足のサイズを測るのが良いと言われているので、そのタイミングで買い換えるご家庭も多いようです。

ファーストシューズのサイズの測り方

ファーストシューズのサイズは、どのように測ればよいのでしょうか。正しいサイズの測り方を紹介します。

足の長さを測る

立たせた状態で、メジャーの上に足を乗せ、かかとから一番長い足の指の先までの長さを測ります。ファーストシューズを扱うメーカーには、足長計がダウンロードできるサイトもあるので、簡単に測ることができます。

試し履きをする

足の長さを測ったら、測ったサイズよりも1cmくらい余裕のある靴を選びましょう。中敷きの上に足を乗せ、余裕があるか確認してみても良いでしょう。その後、靴下を履いた状態で必ず試し履きをしましょう。

実際に歩いて確認する

試し履きをしたときは、必ず歩いて確認することが重要です。サイズ的にはぴったりでも、かかとが浮いていないか、変な歩き方になっていないかなど確認しましょう。

サイズアウト、サイズアップは潔く!

赤ちゃんの足はすぐに大きくなります。足の健康は、赤ちゃんの成長や発育に大きな影響を与えます。足が痛くないか、サイズアウトしていないかなど、歩き方を確認し、サイズアップは早め早めに対応しましょう。

ファーストシューズの選び方

ファーストシューズの選ぶときは、どんなことに気を付ければよいのでしょうか。選び方を紹介します。

【1】軽いもの

歩き始めたばかりの赤ちゃんは、慣れていないため、上手にバランスがとりづらい場合も。なるべく歩きやすく、動きの邪魔にならない軽さの靴を選びましょう。

【2】つま先が上がっているもの

赤ちゃんはペタペタと足の裏全体を使って歩きます。つまずいてしまうことも多いので、足先がひっかからないような、つま先が上がっているタイプの靴がおすすめです。

【3】履かせやすいもの

動き回る赤ちゃんに靴を履かせるのは大変です。ファーストシューズはデザインだけではなく、履かせやすいものを選ぶと、お出かけもスムーズにできます。

ファーストシューズの注意点

ファーストシューズを履かせるときの注意点は、どんなものがあるのでしょうか。気を付けるべきポイントを紹介します。

【1】室内で練習する

家でよちよち歩きをしているときから履かせて、靴を履くことに慣れさせる必要があります。ファーストシューズは、基本的には室外用として作られていますが、まずは室内で履かせ、足に合っているか、危なくないかなどを確認しておきましょう。

【2】夏が買い替えの時期

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、汗っかきです。歩いていると足にも汗をかき、蒸れて不快に感じてしまうことも。夏になったら通気性のよいものを、そして歩き慣れたら、サンダルなどに買い替えを考えても良いかもしれません。

【3】どこで買うかを考える

同じサイズでも、メーカーによって様々な特徴があります。サイズだけでなく、足の幅、甲の高さ、足首の太さなどが合っているか、各メーカーのファーストシューズを確認することが重要です。

【4】プレゼントするときは大きめを

ファーストシューズは、サイズ選びが重要です。サイズを測ってもすぐに合わなくなってしまうことも。プレゼントするときは、大きめのサイズを選ぶと履く機会が多くなるのでおすすめです。

男の子に人気のファーストシューズ

男の子に人気のファーストシューズには、どんなものがあるのでしょうか。男の子におすすめのファーストシューズを紹介します。

「スリッポン AQ3113 AQ3114」(ナイキ)

スリッポン AQ3113 AQ3114
スリッポン AQ3113 AQ3114

脱ぎ履きが簡単にできるスリッポンタイプのシューズです。爪先を補強することで耐久性を強化し、赤ちゃんの小さな足を保護します。8㎝~16㎝まで1㎝刻み。

「ファーストシューズ コンフィ FIRST MSII 」(アシックス)

ファーストシューズ コンフィ FIRST MSII
ファーストシューズ コンフィ FIRST MSII

やわらかく足を守るクッション素材を使用したファーストシューズです。肌に触れる部分は吸汗速乾性に優れた、低刺激の素材を使用しています。11.5㎝・12㎝・12.5㎝・13㎝・13.5㎝。

「FIRST STAR/ファーストスター」(コンバース)

FIRST STAR/ファーストスター
FIRST STAR/ファーストスター

「はじめて、歩く。はじめて大好きになる。はじめておしゃれにめざめる。きみの最初のコンバース。」というコンセプトのもと、正しい歩行と足の正常な発育を促す機能を兼ね備えたファーストシューズです。簡単に洗える、抗菌加工中敷やファスナー付きなので脱ぎ履きも楽な設計。また、靴の脱ぎ履きがスムーズになるよう、かかとには「ビッグタグ」付き。全4色。サイズは、12㎝・12.5㎝・13㎝・13.5㎝・14㎝・14.5㎝・15㎝。

「車&リボン ダブルラッセルファーストベビーシューズ」(ミキハウス)

車&リボン ダブルラッセルファーストベビーシューズ
車&リボン ダブルラッセルファーストベビーシューズ

清涼感のあるメッシュ素材で、夏にもぴったりなファーストベビーシューズです。甲部分に「車の刺しゅう」付きで、サンダル感覚で履けます。通気性・速乾性に優れたダブルラッセル素材を使用し、履き口が大きくひろがるので脱ぎ履きも◎。また、面ファスナーなので調整して留められます。サイズは、11.5㎝・12㎝・12.5㎝・13㎝。

女の子におすすめのファーストシューズ

女の子に人気のファーストシューズには、どんなものがあるのでしょうか。女の子におすすめのファーストシューズを紹介します。

【1】「ファーストシューズ(ドットハート)」(西松屋)

ファーストシューズ(ドットハート)
ファーストシューズ(ドットハート)

立っちを始めた赤ちゃんの「室内履き練習シューズ」です。足裏には滑り止めがついています。着脱テープで、脱ぎ履きも楽にできます。2色展開。サイズは、11.5㎝・12㎝・12.5㎝。

【2】「ファースト シューズ」(ミキハウス)

ファースト シューズ
ファースト シューズ

赤ちゃんの正しい歩行をサポートするベビーシューズです。甲ベルトが開いて履かせやすいだけでなく、正しい位置で曲がる「フレックスソール」、2Eラスト設計、かかとを固定して歩行をサポート。しっかりカウンター面ファスナーで調節できるので、甲高の赤ちゃんにも安心です。サイズは、11㎝・11.5㎝・12㎝・12.5㎝・13㎝・13.5㎝。

【3】「バルクリーン2 VALCLEAN2」(アディダス)

バルクリーン2 VALCLEAN2
バルクリーン2 VALCLEAN2

アディダスの人気シリーズ、バルクリーンのベビーモデルです。大人モデルと同じデザインなので、パパやママとのお揃いのコーディネートが楽しめます。サイズは、12㎝・13㎝・14㎝・15㎝・16㎝。

【4】「ファーストシューズ」(IFME)

ファーストシューズ
ファーストシューズ

小さな子どもたちの歩きを研究した足に優しいIFME(イフミー)のファーストシューズです。高機能中敷き“ウインドラスソーサー”で、正しい姿勢のしっかりした歩行を助け、土踏まずの形成を促進します。サイズは、11.5㎝・1㎝・12.5㎝・13㎝。

【5】「ニューバランス IO508」(ニューバランス)

ニューバランス IO508
ニューバランス IO508

暑い季節も快適な通気性を発揮するベビー用シューズです。つま先がおおわれているから安心。足裏に心地よい
なみなみインソールを採用。全3色で展開、サイズは、12㎝ ・ 12.5㎝ ・13㎝・13.5㎝・ 14㎝ ・14.5㎝。

ファーストシューズは、ピッタリの一足を

赤ちゃんが初めて履くファーストシューズの選び方や注意点、おすすめの商品を紹介しました。歩くことは赤ちゃんの成長にとっても重要です。赤ちゃんの足に合わせて、一人ひとりにピッタリの靴を選んであげてください。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事