おんぶ紐は赤ちゃん&ママにもメリットいっぱい!ばってん式、リュック式2種類の特徴と注意点

近年は赤ちゃんを連れて歩くのには抱っこがスタンダードですが、おんぶにはたくさんのメリットがあります。赤ちゃんの移動手段におんぶ紐を使ってみませんか? おんぶ紐を使うメリットや特徴、注意点について解説します。

赤ちゃんがママのそばで安心できるおんぶ紐

今、赤ちゃんの移動手段で、おんぶについて見直されつつあります。おんぶは日本人にとって馴染み深いので、母親や祖母におんぶされた経験のある人も多いことでしょう。

そんなおんぶをするために便利な、おんぶ紐にはどんな特徴やメリットがあるのでしょうか。

昔ながらの子育てアイテム

おんぶ紐は昔ながらの子育てアイテム。紐で縛るだけなので家族で共有もしやすく、手間もかかりません。汚してしまっても簡単に洗うことができるのもメリットです。

現在のおんぶ紐は、柄のかわいらしいデザインのものやさまざまな機能がついたものがベビーショップで売られています。

ママのぬくもりを感じられる

おんぶは抱っこよりも体が密着するため、赤ちゃんにとってはママの体温やぬくもりをより密接に感じられます。ママの心音を聞けるので安心するともいわれており、っこよりもぐずったり泣き出したりすることが少なくないかもしれません。

ママにとっても赤ちゃんの姿が見えない分、敏感になりより赤ちゃんのぬくもりを感じるとされています。

おんぶしながら家事ができる

なぜおんぶが昔ながらの日本人に愛されていたのかというと、っこと違って両手が空くので、赤ちゃんを連れながら家事や料理をこなせるというメリットがあるからです。

加えて、おんぶの姿勢はママの負担をかなり減らすことができます。リュックは背中に背負うほうが楽であることと同じで、抱っこよりもおんぶの方が体のへの負担は軽く、長い時間赤ちゃんをおんぶしても疲れにくいのです。

赤ちゃんの知育にもつながる

抱っこの姿勢はママ側に赤ちゃんの顔が向くことが多く、視野が狭くなりがちですが、おんぶであれば周囲を見渡す余裕ができます。そのため、おんぶはさまざまな景色や物に興味を持ち、好奇心を育むことができるといわています。

ママと同じ視線から物を見ることができるため、あらゆるものが赤ちゃんの目には新鮮に映ります。それによって、ママが他の人と話すときに赤ちゃんは自分が話しているような感覚を得ることができるため、他人に共感する能力を養うことができるともいわれています。

 

おんぶ紐はいつから使えるの?

ベビーチェアなどをはじめ、赤ちゃんが使うアイテムには適齢期があります。おんぶ紐はいつから使うのが適切でしょうか? 具体的な使用時期について紹介します。

首がすわってから活用しよう

おんぶ紐を使い始めるのは、首がすわってからです。それ以前の段階で使用したことが原因で事故につながったケースもあります。

 

首がすわるのは、およそ生後4カ月頃とされています。おんぶの場合は、赤ちゃんを見ることができないというデメリットがありますので、赤ちゃんの首がすわって、自分で首を動かせるようになってからの活用を心がけてください。

 

ママも赤ちゃんも慣れていない最初のうちは短い時間から始めて、慣れてきたらだんだんおんぶの時間を長くしていくのがおすすめです。

 

商品の対象年齢を必ず確認する

商品には必ず対象年齢が書かれているため、それに従って利用するようにしましょう。中には生後6カ月以降での使用を推奨しているおんぶ紐もあるため、一概に首がすわったらと、全てのおんぶ紐が使えるようになる、というわけではありません。

 

早い段階から使う場合は対面抱き・前向き抱き・横向き抱き・おんぶの使い分けができる4wayタイプがおすすめです。

 

赤ちゃんが重くなってくると紐やママへの負荷が大きくなってきますので、重量制限などについても併せて確認するようにしてください。

 

どんなおんぶ紐がおすすめ?

おんぶ紐には用途やシーンに合わせていくつかの種類があります。その中で代表的な「ばってん式」と」「リュック式」について紹介しますので、購入する際の参考にしてください。

自宅で使う場合は装着が簡単な「ばってん式」

「ばってん式」は、昔ながらのオーソドックスなタイプ。胸の前でおんぶ紐をばってんにして子どもを背負います。慣れると装着が簡単ですし、体に赤ちゃんが密着しやすいので安心感があります。

その一方で、慣れるのにはある程度のコツが必要であることと、胸の形が強調されやすいのが欠点です。抵抗のあるママさんは、次に紹介する「リュック式」の方がよいかもしれません。

胸が強調されにくいのは「リュック式」

胸が強調されることに抵抗があるママには、リュック式のおんぶ紐がおすすめです。ママの首元への負担が減るので楽に背負うことができます。

リュック式の注意点は、バッテン式と比べて赤ちゃんとの密着具合が減りますので、赤ちゃんの変化が分かりにくいということです。

赤ちゃんが後ろに反りやすいため、最初からリュック式でおんぶするのは危険が伴います。赤ちゃんがおんぶにある程度慣れてからリュック式に切り替えるようにしてください。

リュック式のおんぶ紐にセーフティーボードや正面で結ぶ紐が備わっている商品もあります。

LUCKY 1934 オンバックスキャリーベーシック

おんぶ紐のブランドである『LUCKY 1934』から発売されている『オンバックスキャリーベーシック』は、赤ちゃんとママの両方の負担を和らげてくれるおんぶ紐としておすすめできます。

おんぶ紐の注意点

おんぶ紐は、ママから赤ちゃんが見えないという点からいくつかの注意点があります。赤ちゃんの事故やケガにつながらないためにも、次のことを踏まえておく必要があります。

【1】赤ちゃんにヘルメットなしで自転車に乗るのは危険

自転車で赤ちゃんと一緒に移動する際、おんぶをするなら必ず赤ちゃんにヘルメットを着用させるようにしましょう。

東京工業大学の実験によれば、ヘルメットをしていない赤ちゃんが転倒した場合、骨折する基準値の10倍以上の衝撃を受けることが検証されています。死亡事故につながる可能性も少なくはないのです。

赤ちゃんは自分で頭を守ることができません。赤ちゃんにあうヘルメットがない場合は無理に自転車には乗せずに別の移動手段を使うことで、赤ちゃんの命を守ることができます。

【2】赤ちゃんの脚は開きすぎないように

おんぶするときには、赤ちゃんの脚は開きすぎず、閉じすぎないことが重要です。赤ちゃんはまだ筋肉が発達していないため、脚を開きすぎた状態や、閉じすぎた状態が続くと股関節脱臼の原因になることがあります。

和式トイレに座るようにM字の形を作るようにしてください。最初1人でおんぶするのが難しければ、身近な人に手伝ってもらうようにしましょう。

おんぶが楽しくなるおしゃれなおんぶ紐

おんぶはっこと比べると、している人が少ないため、気後れしてしまう人がいるかもしれません。そこで、おんぶが楽しくなるようなかわいいデザインや使いやすいおんぶ紐を紹介します。

北極しろくま堂のおんぶひも「ニートゥーニー(背当て幅広タイプ)頭あて付き」

『北極しろくま堂』はベビースリング・っこ紐の通販ショップです。かわいらしい模様やカラーリングのおんぶ紐が多くリリースされています。

特に『おんぶひも ニートゥニー』という商品は、腰紐も長く、体型が大きな子どもをおんぶするのにもおすすめの商品です。

シンプルで使いやすい gran mocco ベーシック

熊本県天草地方では、古くから『もっこ』というおんぶ紐が伝統的に使われていました。このもっこの機能が現代でも使われやすいように改良されたのが、『gran mocco』です。

gran mocco ベーシック 濃藍色

おんぶだけではなく、抱っこやチェアベルト、おむつの交換など、gran moccoはさまざまなシーンで活用できます。外出時の荷物を減らせるので、赤ちゃんと外へ気軽にでかけるのにも便利。

「ベーシック」以外にも、おんぶに負担がかからないように改良された「フォレスト」もありますので、用途にあわせて選ぶとよいでしょう。

公式HP>>

 

デザイン&カラバリ豊富 エルゴベビー

エルゴベビーは2003年にハワイで生まれました。現在では世界の50カ国以上で販売されていて、アメリカやヨーロッパの安全基準にも適合している安全性の高い商品です。

抱っこ紐と兼用で選ぶなら

おんぶ紐の中には、抱っこと兼用で利用できるものもあります。抱っことおんぶで紐を別にするのが手間だと感じるママにはおすすめです。

エルゴベビー OMNI360 クールエア ヘッドサポート+よだれパッド+うさみみ(歯固め)付

赤ちゃんが座りやすいように設計されているだけでなく、ママの負担がかかりそうな肩ストラップやウエストベルトにはパッドが入っていて紐が食い込まないように考えられています。

またシンプルなデザインから花柄まで多くのデザインとカラーバリエーションを備えていて、ママだけでなく、子育てを手伝うパパにもおすすめです。

おくるみ付きで長く使える グレコ ルーポップゼロ

『グレコ ルーポップゼロ』は抱っこ紐としてだけでなく、おくるみとしても使えるので、新生児期から長く使える商品です。

グレコ ルーポップゼロ モノトーンボーダー おくるみインサート付き

 

抱っこ紐として使う場合も、おくるみ方式のまま上半身を優しく包み、足の動きも邪魔しない姿勢を保つことで赤ちゃんに安心感を与えることが可能で、赤ちゃんを寝かしつけるのにも効果を発揮します。

腰ベルトがついているので、ママの体にかかる負担を分散させることができます。長時間の抱っこやおんぶでも疲れにくく、はじめての抱っこやおんぶにも安心して利用できる商品です。

おんぶ紐は忙しいママの味方

おんぶの姿勢は両手が自由になるので、まだ目が離せない赤ちゃんを背負いながら家事や雑用を行うことができます。おんぶはママにも赤ちゃんにも負担がかかりにくいので、外出で長時間背負う場合にも適した姿勢です。

 

おんぶ紐は、そんなおんぶの姿勢をサポートしてくれます。色々な機能を備えているものも多く、赤ちゃんの成長にあったおんぶ紐を使うことで、育児もかなり楽になります。ママと赤ちゃんにぴったりの理想のおんぶ紐を使って、子育てにかかる負担を軽くしてみてください。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事