親子で作ろう!旬の完熟トマトを使った「トマトそうめん」【うまうまおやこキッチン】

親子で一緒に料理をすることは、家族の幸福感につながります

手先を使うことが脳を活性化することはよく知られていますが、五感をフルに使う料理は、子どもの感性も育てます。ママにとっては、親子で料理をすることでコミュニケーションが増え、お手伝いを促すきっかけになるなど、様々な効果が実感できることにもなり、親子で料理をする機会が多いママほど、「家族が幸せである」と感じています(「東京ガス 都市生活研究所」アンケート調査)。

「東京ガス 食情報センター」が監修・料理指導をしている「うまうまおやこキッチン」では、時間と手間をかけずに、お子さんと楽しめるレシピをご紹介しています。

作り方のプロセスには、「五感アイコン」でお子さんに注目してほしい調理ポイントを示しています。

旬の野菜を使った、夏にピッタリな「トマトそうめん」

トマトなどの夏野菜は暑さに強く、夏の太陽をたっぷりと浴びて栄養を蓄えます。旬のものは、栄養価が非常に高く、しかも流通量が多いので低価格で手に入ります。環境にやさしいエコ・クッキングとしてもおすすめです。

完熟トマトと豆乳のスープがおいしいそうめん!つるっと食べられて暑い夏にピッタリです。

 

旬のトマトを食べよう!

夏のトマトは栄養がたっぷり。グリルで焼くと、うまみも甘みもアップします。

焼きトマトは水分が飛んでシワシワ。でも味は濃くなっておいしい!

トマトは冷凍すると旨みや栄養価がアップ!冷凍保存のやり方&アレンジレシピ
トマトを冷凍保存するメリット 夏野菜の代表トマトは、野菜の中でも特に冷凍保存がおすすめの野菜なんです。冷凍することで、鮮度を長持ちさせ...

材料(4人分)

そうめん…4束(200g)

完熟トマト…中2個

豆乳…3/4カップ

【A】

だし汁…3/4カップ

みりん…1/2カップ

薄口しょうゆ…1/4カップ

五感アイコンの見方

調理体験を通じ、五感をフルに使うことで感性を育てます。作り方のプロセスには、「五感アイコン」でお子さんに注目してほしい調理ポイントを示しています。

作り方

 

① トマトを横半分に2つに切り、グリルに並べる。

トマトを焼いて…

②①をグリルで7分ほど焼き、皮を剥いてよく潰す。

よく潰します。

③鍋に【A】を入れ、火 にかける。沸騰したら、火を止め、少し冷まして豆乳を加え、②と合わせて冷やす。

だしと豆乳を混ぜて

④鍋にたっぷりのお湯を沸かし、そうめんを茹でる。茹で上がったらざるに上げて冷たい水で洗い、水気をよく切る。

ぬめりを取るように手でこする。

 

⑤器にそうめんを盛り、③を注いで、好みの具を盛り付ける。

今回は鶏のささみ、キュウリ、トマト、錦糸卵、オクラを乗せます。

 

 

 

焼くと、トマトの酸っぱさがやわらぎます。

 

 

 

▶ 東京ガス料理教室

東京ガスでは親子・子ども向けの料理教室を開催しています。調理体験を通して、食の知識や包丁・コンロの使い方などが身につくとともに五感が磨かれ、子どもたちの「生きる力」がはぐくまれるプログラムを展開しています。

お弁当におすすめ!プチトマトのレシピ13選|マリネやおつまみにもなるような人気メニューを厳選
お弁当に欠かせないプチトマトですが、そのまま入れるだけという人も多いのでは?今回はお弁当にぴったりなプチトマトのレシピを幼児誌『ベビーブック...

『小学一年生』2019年8月号 監修・レシピ・料理指導 /東京ガス食情報センター 撮影 /鈴木智哉 モデル /情野遥樹 構成 /和田明子 

編集部おすすめ

関連記事