哺乳瓶を消毒するなら電子レンジが便利。専用ケースの選び方や注意点

赤ちゃんの口に直接触れる哺乳瓶は、使用後はしっかり消毒したいですね。哺乳瓶消毒の必要性や主な消毒方法、メリット・デメリットをまとめました。定評のある電子レンジ消毒のやり方や注意点、おすすめの商品も具体的に紹介します。

哺乳瓶の消毒はなぜ必要なの?

赤ちゃんが生まれると沐浴や授乳・おむつ替えなど、わかりやすい「赤ちゃんのお世話」以外にも、欠かせない日々の作業が増えるものです。哺乳瓶の消毒は、こうした作業の一つといえます。

なにかと手のかかる赤ちゃんのお世話や家事などに追われる中で、「哺乳瓶は念入りに洗っているから消毒は必要ないのでは?」と疑問を感じることがあるかもしれません。なぜ使用後の哺乳瓶を消毒する必要があるのでしょうか?

赤ちゃんは免疫力が低いため  

母乳やミルクには豊富な栄養源がある分、菌が増殖しやすいといわれています。哺乳瓶や乳首に残った母乳やミルクから発生した菌は、どれほど丁寧に洗っても完全には落としきることができません。

菌がついた状態の哺乳瓶に再び母乳やミルクを注ぐと、菌への栄養となりどんどん増殖を繰り返します。

一方で赤ちゃんは大人に比べると免疫力が十分ではありません。菌がついた哺乳瓶から母乳やミルクを口にすると、菌が体内でさらに増殖し、さまざまな感染症を引き起こす可能性もあります。

免疫力が低い赤ちゃんを病気のリスクから守るためにも哺乳瓶の消毒を行いましょう。

消毒はいつまですべきか

哺乳瓶を使う間は、赤ちゃんが大きくなっても哺乳瓶の消毒をした方がよいのでしょうか。

哺乳瓶の消毒は赤ちゃんが生後4カ月くらいまでは必須といわれています。一般的に、生後4カ月ごろの赤ちゃんになると、おもちゃや日用品など身の回りにあるものを口に入れるようになります。

哺乳瓶を消毒してもそれ以外の場面で菌に触れる機会が増えることから、この頃を境に消毒をやめるママが増えてくるようです。しかし、生後4カ月ごろは、持って生まれた赤ちゃんの免疫力が徐々に低下する時期でもあります。

菌やウイルスに感染すると、大人より重症化する危険性も高いでしょう。哺乳瓶の消毒は哺乳瓶を使っている間、もしくは赤ちゃんが1歳を過ぎるころまでは続けた方が安心です。

哺乳瓶のさまざまな消毒方法

哺乳瓶の消毒にはさまざまな方法があります。代表的な三つの消毒方法、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

薬液消毒のやり方

薬液消毒は、専用の薬剤を溶かした消毒液で、水洗いした哺乳瓶を消毒する方法です。薬液消毒では哺乳瓶を薬液につけておくだけで殺菌が完了します。

水道水と薬液、専用のケースがあればできる手軽な消毒方法です。消毒液から取り出した哺乳瓶をすぐに使用できるので、その点もメリットの一つでしょう。

一方で、薬液の殺菌力が強い分、においが気になる人もいます。その場合は、使用前に哺乳瓶をゆすぎましょう。

また、消毒の所要時間が平均1時間かかることもデメリットです。さらに、薬液消毒を入れ替えるたびに薬剤を用意する必要があり、煮沸や電子レンジ消毒に比べるとコスパが悪いといえます。

煮沸消毒のやり方

沸騰したお湯の中で哺乳瓶を10分ほど煮る煮沸消毒は、古典的ながら、どの家にもあるものだけで消毒可能なため愛好者が多い消毒方法です。短時間で消毒が完了する点もメリットでしょう。

ガラスの哺乳瓶は、沸騰したお湯に急に入れると割れる危険性があるため、お鍋に水を張った時点で入れるのがポイントです。その後、水が沸騰してから10分煮沸させます。

しかし、プラスチックの哺乳瓶や乳首などの部品は沸騰したお湯に入れられるのは3分ほどです。このように煮沸消毒は哺乳瓶や部品の材質によってやり方や煮沸時間が異なります。

手順やタイミングを確認する面倒さと、誤ると哺乳瓶が劣化する恐れがあったり、思わぬ事故につながったりする恐れがあります。消毒中その場を離れられないことがデメリットです。

電子レンジ消毒のやり方

電子レンジ消毒は、専用のケースに洗った哺乳瓶を入れて電子レンジで加熱して消毒する方法です。電子レンジ消毒は短時間で消毒できることと、消毒中その場を離れられることがメリットとして挙げられます。

1度専用ケースを購入すれば繰り返し使えるため、コスパ面も優秀です。電子レンジと専用のケースがあればどこでも手軽に消毒できる点も魅力といえるでしょう。

デメリットを強いてあげるとすれば、電子レンジ消毒直後は哺乳瓶がかなり熱くなるため、冷めるまで待たなくてはならない点です。哺乳瓶を冷ます時間を考えて、消毒を早め早めに済ませる必要があります。

電子レンジが1番手軽

三つの哺乳瓶消毒方法の中でメリット・デメリットを比較すると、最も手軽でコスパがよいのは電子レンジでの消毒です。電子レンジ消毒の専用ケースは、そのまま哺乳瓶の保管ケースとして使えるタイプもあり、授乳から消毒・保管までの家事・育児がスムーズになりそうですね。

哺乳瓶の電子レンジ消毒グッズの選び方

現在人気の高い電子レンジ消毒のグッズはさまざまなタイプが出回っています。ライフスタイルや保管するスペースの広さなどを加味して自分に合ったものを選びましょう。

電子レンジ消毒グッズを選ぶときにチェックするポイントを紹介します。

哺乳瓶の入る本数で選ぶ

電子レンジ消毒の容器は、持っている哺乳瓶の本数に合わせた大きさを選ぶとよいでしょう。コンパクトな哺乳瓶1本分のサイズや3本以上哺乳瓶が入るサイズもあります。

携帯したいか、自宅に据え置きするのか、想像しながら選べばOKです。

電子レンジや置き場所に合わせて選ぶ

大きめの電子レンジを使っている人やキッチンに十分なスペースがある人は、大きめの電子レンジ消毒グッズでも邪魔に感じないかもしれません。しかし、そうでない場合はしっかりサイズをチェックして電子レンジ消毒グッズを選ぶようにしましょう。

電子レンジに入らなければ消毒できませんし、消毒のたびに出したり片づけたりを繰り返す必要があるサイズだと消毒自体が億劫になる可能性もあります。

哺乳瓶の電子レンジ消毒におすすめのグッズ

さまざまなタイプがある哺乳瓶の電子レンジ消毒グッズのなかでも、評価の高いおすすめの商品を見ていきましょう。哺乳瓶をあまり使わない人や消毒にかかるコストを抑えたい人にぴったりの代用品も紹介します。

2WAY仕様 ピジョン 電子レンジスチーム&薬液消毒ケース  


育児グッズの大手メーカーピジョンの哺乳瓶消毒ケースは、電子レンジ消毒と薬液消毒の2WAY仕様です。電子レンジ消毒なら所要時間はたったの5分で済みます。哺乳瓶以外でも、電子レンジ使用可の材質ならマグやおしゃぶりなども消毒可能です。

縦型にすれば、薬液消毒用のケースとしても利用できます。哺乳瓶の汚れ具合が気になるときは薬液消毒用の薬剤でしっかり殺菌しましょう。電子レンジ消毒用と薬液消毒用、二つのケースを用意しなくてよいので小さめのキッチンでも使えます。

縦横、どちら向きでも自立するのも使いやすいポイントです。部品の取り外しが可能で、しっかり洗えます。

蒸し器としても使える レック Dream Collection 消毒器


所要時間は3分と超時短の電子レンジ消毒を実現したレックの消毒器です。哺乳瓶1本用のためコンパクトな作りで、小さめの電子レンジを使用している家庭でも扱いやすいでしょう。哺乳瓶の保管ケースとして帰省や旅先にも携帯しやすいサイズ感でもあります。

部品が少なくシンプルな作りなので、丸洗いしやすく衛生的です。蒸し器としても利用できるので、哺乳瓶消毒をしなくなっても離乳食やおやつ作りの相棒として役に立ちます。

消毒後は保管ケースに コンビ 除菌じょ~ずα


コンビの除菌じょ~ずは、白と茶色の落ち着いた色合いのかわいらしい見た目が特徴です。消毒後に保管ケースとしてキッチンやダイニングに置いていても、部屋の雰囲気を壊しにくいでしょう。

乳首やパッキンなどは、小物ケースにまとめて消毒できます。消毒後にばらけにくく、部品をなくしづらいのがうれしいポイントです。

哺乳瓶3本まで一気に消毒できる大きめサイズです。ミルク育児やフラットタイプの電子レンジを使用する家庭に向いています。

身近にあるタッパーや食品袋で代用も

哺乳瓶の電子レンジ消毒には、専用のケースを使うのが簡単で安心です。しかし、帰省先などに持参し忘れることがあるものです。

また、普段は母乳で哺乳瓶を使わないけど、ママの体調不良などで急に哺乳瓶を使うこともあるでしょう。こうした場合でも哺乳瓶はしっかり消毒したいですよね。

このようなときは、電子レンジに対応したタッパーや食品袋で代用もできます。ポイントは、哺乳瓶を入れても蓋やジップが閉まるサイズのタッパーや食品袋を用意することです。

その中に1~2cmほどの高さまで水を張り5分程度加熱すれば消毒が完了します。あくまで代用品を使った消毒方法なので、知識として知っておくのがよいでしょう。

電子レンジで哺乳瓶を消毒する際の注意点  

電子レンジでの哺乳瓶消毒方法には、気をつけたい注意点が二つあります。実際に電子レンジ消毒を試す前に頭に入れておきましょう。

消毒の前の洗浄はしっかりと

消毒前は、哺乳瓶をしっかり隅々まで洗いましょう。薬液消毒は強い殺菌力で汚れを分解します。煮沸消毒の場合はお湯と煮沸の勢いで汚れをはがし落とすことが可能です。

しかし、電子レンジ消毒の場合、汚れが残ったまま電子レンジで温めると雑菌の増殖を招きます。ミルクカスや赤ちゃんのよだれなどを、専用スポンジなどでしっかり洗い落としてから電子レンジ消毒をしましょう。

加熱後の火傷に気を付ける

電子レンジ消毒は、スチーム効果を利用した消毒方法です。消毒後はケースや哺乳瓶がかなりの高温になります。取り出すときに火傷しないように注意しましょう。

また電子レンジ消毒後すぐに哺乳瓶を使って授乳すると、赤ちゃんに触れて火傷させたり、哺乳瓶の中味の温度が上昇したりする可能性があります。しっかり冷ましてから使用するのがポイントです。

哺乳瓶を清潔に保とう

赤ちゃんに栄養を与えるはずの授乳で菌やウイルスに感染させたくないですよね。赤ちゃんに十分な免疫力がつくまでは、使用後の哺乳瓶は消毒をし、清潔に管理しましょう。

手間や時間、お金のかかる消毒方法は、続けるのが負担になる可能性があります。専用容器で加熱するだけの電子レンジ消毒なら、手軽にきちんと消毒ができますよ。

哺乳瓶を使う頻度や保管場所、電子レンジのサイズなどを加味して、使いやすい電子レンジ消毒グッズを選びましょう。

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事