離乳食の10倍粥、作り方は?いつまで食べる?アレンジレシピも

離乳食でよく聞く10倍粥って!?

米:水が1:10のお粥のこと。赤ちゃんでも消化しやすい

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。

赤ちゃんが離乳食で一番初めに食べる食べ物と言えば「おかゆ」です。離乳食初期は、大人が普段食べているおかゆではなく、米:水が1:10の「10倍かゆ」を食べます。今日は10倍かゆについてお話しますね。

 

離乳食の10倍粥はいつまで食べる?

離乳食初期の2か月間食べます。最初は裏ごしを

10倍粥は、離乳食初期の2か月間食べます。最初の1カ月は10倍粥を裏ごしした10倍つぶしかゆを食べ、2カ月目は10倍かゆを食べます。

その後、お米の割合が少し多いものへと移行してきます。

離乳食の10倍粥、裏ごしの仕方を教えて

裏ごし後、ヨーグルト状になるまでのばして

最初の1カ月の10倍つぶしがゆは、10倍かゆを裏ごし器で裏ごしします。裏ごしした10倍粥はのりのように粘っこくなります。このままでは食べにくく飲み込みにくいので、10倍粥を裏ごししたら、おもゆかお湯でトロトロのヨーグルト状にしましょう。

 

10倍粥の次のステップは?

次は7倍粥ですが、様子を見て9倍、8倍でも

離乳食初期に10倍つぶしがゆ、10倍粥を2ヶ月かけて食べたら次のおかゆにチャレンジです。

離乳食中期は米:水が1:7の7倍かゆを食べ始めますが、10倍粥から急に7倍粥にすると戸惑ってしまう子もいます。9倍かゆ、8倍粥と日にちをかけて徐々に水分量を減らしながらステップアップしていきましょう。

 

 

離乳食の10倍粥を鍋で炊く方法

鍋や土鍋でおいしいお粥を炊いてみよう!

おかゆは、土鍋やフタのあるフチの厚い鍋で炊くととてもおいしく作ることができます。以下の分量なら、少し小さめの鍋を用意しましょう。

<材料>

  • 米 15
  • 水 150ml

<作り方>

  • 1.お米を3回程度洗って水を切り、30分浸水します
  • 2.フタをした鍋を強火にかける
  • 3.沸騰したら弱火にして20~30分炊き、その後火を止めて10分蒸らします
  • 吹きこぼれそうなときは蓋を少し開けましょう。途中で、焦げていないか心配になったらふたを開けてかき混ぜてもOKです。

10倍粥をもっと簡単に炊く方法はありますか?

耐熱容器を使えば、大人ご飯のついでに!

土鍋で炊くおかゆが美味しいのはよくわかる!けれど、鍋で10倍粥を作ると少量ではなかなか作りにくく、どうしても量が膨れ上がります。出来立ての10倍粥をもっと手軽に作るのは、大人のごはんと一緒に炊飯器で炊く方法です。耐熱の小さい容器を準備しましょう。

  • 1.大人用のお米を洗いいつものように炊飯器に入れる。
  • 2.赤ちゃん用のおかゆの米と水の分量を耐熱の器に入れ、炊飯器の中央に入れる
  • 3.炊飯器をスイッチオン

これだけで少量のおいしいおかゆの出来上がりです!

 

赤ちゃんが10倍粥に飽きたときのアレンジレシピ

時にはトッピングも。赤ちゃんが楽しめるアレンジを探して

赤ちゃんが10倍粥に飽きてしまったら? 時には10倍粥にトッピングするのも一つの方法です。赤ちゃんが好んで食べてくれる食材をトッピングしていましょう

・かぼちゃがゆ

<材料>

  • 10倍かゆ
  • かぼちゃ 10g

<作り方>

  • ・かぼちゃの皮、種、ワタを取り除く
  • 1.お湯でかぼちゃを湯がく
  • 2.裏ごししておかゆの上にのせる

 

・しらすとにんじんのおかゆ

<材料>

  • 10倍粥
  • しらす 5g
  • にんじん 5g

<作り方>

  • ・しらすはお湯でゆがいて塩抜きする
  • ・にんじんは皮をむいて茹でやすい大きさに切る
  • 1.お湯でにんじんを湯がく
  • 2.裏ごししておかゆの上にのせる

10倍粥の作り方をマスターすれば、その後の7倍粥、5倍粥も水の分量を変えるだけ。手順は同じです。毎日の離乳食づくりに役立ててくださいね。

 

 

 

文/中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

 

編集部おすすめ

関連記事