集団登校で友達とトラブルに。毎日、小一の娘の通学の付き添っているのですが…【愛子先生の子育てお悩み相談室】

子育ては日々悩みの連続ですね。保育者歴47年、常に子どもに寄り添い、ママたちからの信頼も厚い自主幼稚園「りんごの木」の柴田愛子さんが、豊富な経験を元に、悩めるお母さんにアドバイス。

友達とのトラブルから、私が一緒に行かないと泣いて登校しません

毎日、小学校には通っているのですが、私が一緒に登校しないと泣いて行かない状態です。一緒に登校してわかったのですが、途中で同じ学年(1年生)のAちゃんに会うと校帽を深くかぶってうつむき、私の手をぎゅっと握ってきます。先日、上の子が「Aちゃんに何か言われたみたいよ。仲間に入れなくて寂しいみたいだよ」と言われました。今は、Aちゃんと時々、学校で遊んでいるようですが、登校のとき娘が納得するまでついて行ったほうがいいでしょうか。(1年生の女の子のママ)

集団登校にこだわらなくてもいいのでは。子どもの気持ちを尊重してあげて

一緒に登校することで、子どもの状況がわかってよかったです。

子どもが「お母さんについて来て欲しい」と言い、お母さんが大変でなければ続けていいと思います。お母さんが同行すると、相手の子の様子もわかりますよね。

かつて、寂しさから友達をいじめていた子がいました。いじめられている子の親は、心配して一緒に登校していたのですが、次第に親にべったり甘えるようになり「さびしい」と自分の気持ちを素直に伝えてきたそうです。でもそこまで付き合うのは、時間もかかるので親としては覚悟がいります。

集団登校は、便宜上、先生や親が考えたやりかたです。もし、集団登校でトラブルが起きているなら集団登校にこだわらなくてもいいと思いますよ。不安なときは背中を押さないほうがいいです。つんのめってしまいますからね。心の準備ができたら自ら進んで行くでしょう。

 

下の子が生まれてから、上の子の態度にイライラ!家事、育児がこなせなくて…【保育者歴46年・柴田愛子先生の子育てお悩み相談室】
子育ては日々悩みの連続ですね。保育者歴46年、常に子どもに寄り添い、ママたちからの信頼も厚い自主幼稚園「りんごの木」の柴田愛子さんが、豊富な...

柴田愛子 しばた・あいこ

保育者。自主幼稚園「りんごの木」代表。子供の気持ち、保護者の気持ちによりそう保育をつづけて36年。小学生ママ向けの講演も人気を博している。ロングセラー絵本『けんかのきもち』(ポプラ社)、『こどものみかた』(福音館書店)、『あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます』(小学館)など、多数。

やってませんか「過干渉」?子供の力を伸ばす子育てとは?【保育歴46年・柴田愛子さんの教え】
子供は自分で育つ力をもっています。とはいえ、目の前の我が子は頼りなくて。つい先回りして手を差し伸べてしまうのは期待や願いがあるからこそ。親の...

イラスト/海谷泰水

編集部おすすめ

関連記事