夏休みの学童保育は普段と違う? 過ごし方やメリットとデメリットを解説

夏休みの学童保育は、預ける時間や料金設定が通常期と異なる場合があります。規則正しく充実した夏休みを過ごせる一方で、お弁当作りなどの手間が生じることもあるでしょう。メリット・デメリットやほかの選択肢を知り、夏休みの過ごし方を検討しましょう。

夏休みの学童保育は何が違うの?

「学童保育」は、共働きで日中に子どもの面倒が見られない家庭にとって、とても強い味方です。

特に、学校の授業がない夏休みの学童保育は、子どもを安心して預けられる上に、子どもが充実した時間を過ごせる貴重な場といえるでしょう。

夏休み中の学童保育利用を検討している人は、まず通常の学童保育と夏休みの学童保育の違いを確認しておきましょう。

1日の過ごし方

通常スケジュールの学童保育は、学校が終わってから始まります。しかし、夏休みは学校の授業がないため、朝から受け入れを行っています。

子どもたちは、それぞれ午前中に夏休みの宿題や自主勉強をしたり、静かに読書をしたりして過ごします。余裕があれば、施設の掃除や学校でプール授業をするところもあるでしょう。

その後、自宅から持参したお弁当を食べ、午後は自由時間です。施設によっては、昼寝の時間をとっていたり、3時のおやつがあったりするケースもあります。

ほかにも、夏らしく流しそうめんや夏祭りなど、みんなで楽しむイベントを行う施設もあります。

時間と料金

通常期と夏休みでは、学童保育で預かる時間が大きく異なります。夏休みの預かり時間は8時ごろ~18時ごろまでとしている施設が多くなります。

また、施設の利用人数などによっては「夏休み限定」で学童保育への入所希望を受け付けている場合があります。

その場合の料金に関しては、通常期と変わらない料金設定のところもあれば、預かり時間が異なる分、夏休みの特別料金を設定しているところもあります。

これらは、運営団体や自治体によって異なるため、きちんと確認しておきましょう。

出典:学童保育クラブ・夏休み短期利用:目黒区公式ホームページ
出典:夏休み期間限定放課後児童クラブ入会申し込みについて(2020年6月8日)/彦根市

学童保育とはそもそもどんなもの?主な3つの種類と特徴、選び方のポイントを解説
小学生が放課後に利用する「学童保育」とは、一体どのようなものなのでしょうか?小さな子どもがいるワーキングママや共働き家庭のパパが知っ...

夏休みに学童保育を利用するメリット

学童保育を夏休みに利用するメリットについて解説します。どれも子どもの健やかな成長に大きく貢献するものばかりです。

規則正しい生活が維持できる

夏休みの学童保育は、子どもたちに「規則正しい生活」をさせるためにも役立ちます。夏休みは、毎日あった学校の授業が休みになることで、生活のリズムが崩れてしまう子どもは多いものです。

しかし、学童保育に通うことで、子どもたちは毎朝決まった時間に目覚め、決まった時間勉強に励むことになります。

学童保育が8時台~18時台までと、ほぼ通常期に近いスケジュールであることも、子どもたちの生活リズムを保つことにつながります。

新しい友達ができる

夏休み中の学童保育は預かり時間が長いため、子どもは普段よりも友達と交流する時間が増えます。同年代の子ども同士はもちろん、異なる学年の生徒や他校の生徒など、子ども同士でじっくりと仲を深めることができるでしょう。

また、いつもは学童保育に行っていない子どもの場合、夏休みの間だけ学童保育に通うことで、新しい友達をつくることもできます。

夏休み限定の子どもを受け入れている学童であれば、いつも通っている子どもにとっても、新しい友達ができるよいきっかけとなるでしょう。

いろいろなイベントに参加できる

夏休みに入って自由な時間が増えると、何も予定がない子どもたちは時間を持て余してしまいます。しかし、学童保育は同年代の子ども同士でいろいろなイベントに参加できるところが魅力です。

普段であれば自由時間に鬼ごっこやかくれんぼで遊んだり、読書やお絵かきをしたりして過ごしますが、夏休みとなれば夏祭りや花火大会、キャンプなどさまざまな行事がある学童保育もあります。

学童保育ってどんなところ?何時まで?習い事との両立は?現場から潜入レポート
学校帰りの子どもたちが、おうちの人が迎えにくるまでのあいだ、家庭と同じように、緊張感なく過ごせる場所、それが学童保育です。 「...

夏休みに学童保育を利用するデメリット

夏休みの学童保育に通わせることは、よいことばかりではありません。夏休みに学童保育を利用することによって生まれるデメリットを解説します。学童保育の利用を検討している人はあらかじめ理解しておきましょう。

毎日のお弁当作りが大変

ほとんどの学童保育では昼食が用意されないため、自宅からお弁当を持参する必要があります。親にとっては、学校給食があった夏休み前と比べると、早起きしてお弁当作りをしなければならないため負担は増えてしまうでしょう。

どうしても忙しい場合には、市販のお弁当を購入して持たせるという方法もありますが、なるべくなら作ってあげたいと思いプレッシャーに感じる人も多いものです。

施設によっては、お弁当の宅配サービスを利用していたり、配達を許可している場合もあるので、一度確認してみるとよいでしょう。

出典:FCNのお弁当-FCN株式会社-
出典:放課後児童クラブのお弁当発注システム 「バンビーランチ」が夏休みからスタート!(令和元年7月9日発表) – 奈良市ホームページ

習い事に通わせにくい

習い事によっては、夏休みの間は日中にレッスンを行うなど、いつもとは違ったスケジュールを組んでいることもあるでしょう。学童保育に通っていると、このような習い事への通学がしにくくなることが考えられます。

親が仕事を休んだり、早退するなどして調整することも可能ですが、むずかしいこともあるでしょう。

その場合、学童保育が終わってから習い事に行かせるというスケジュールになりますが、子どもの帰宅時間や夕食時間が遅くなってしまいます。

さらには就寝時間も遅くなるようでは、夏休み中の生活リズムが崩れてしまうことも考えられます。

行くのを嫌がる子も

夏休み中、学童保育に行くのを嫌がる子どももいるでしょう。

特に、普段は学童保育に行っていない子どもの場合、仲のよい学校の友達とは会えず、新しい友達をつくらなければならない状況は、子どもにとってストレスです。新しい環境や学校とは違った雰囲気に、怖がる子どももいるでしょう。

また、夏休みにも関わらず決められたスケジュールで生活しなければならないことや、常に指導員に見られていることに息苦しさを感じる子どももいます。

嫌がる場合は学童保育以外の選択も

夏休み中に子どもの面倒を見てもらう方法は、学童保育だけではありません。選択肢をいくつか知っておきましょう。

祖父母に預ける

可能であれば、祖父母の家に預けることも検討してみましょう。食事の面倒のほか、勉強や友達と遊びに行くこともしっかりと把握していてもらえるため、安心して預けられるでしょう。

近くに住んでいる場合は、両親の仕事の間だけお願いすればよいので、頼りやすいのもメリットです。遠方に住んでいる場合も、祖父母と子どもが共に大丈夫であれば、夏休みの間は泊りがけで見ていてもらう方法もあります。

ママ友にお願いする

信頼のおけるママ友・パパ友がいれば、子どもを預かってもらえるようにお願いしてもよいでしょう。同じく小さな子どもがいる家庭であるため、子ども同士で楽しく遊んで過ごすこともできます。

ただし、あまりに頻繁に預けすぎたり、一方的に頼ったりしては人間関係のトラブルを招くことにもなりかねません。

お礼の品を渡したり、逆に自分がママ友・パパ友の子どもを預かる機会を作ったりして、持ちつ持たれつのよい関係を心がけましょう。

ファミリーサポートを利用する

短期間や急な預け入れが必要になった場合は、「ファミリーサポート」を利用するという方法もあります。

ファミリーサポートは市町村やNPOが運営しており、育児のサポートを受けたい人と、サポートを提供したい人が助け合うサービスです。

利用料金は運営する組織によって幅がありますが、自治体が運営するファミリーサポートの平均は1時間につき600~1000円程度の料金設定が多く見られます。予算と相談しながら計画的に利用しましょう。

周りの協力を得ながら夏休みを乗り切ろう

夏休みに入ると、毎日の生活スケジュールは大きく変わります。学童保育をうまく活用すれば、子どもにとって夏のよい思い出づくりに役立つでしょう。

子どもに充実した夏休みを過ごしてもらうためにも、夏休みの学童保育のメリット・デメリットを知り、利用するときの参考にしましょう。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事