クレンジングオイルは間違った使い方だと効果が半減? 正しい使い方や注意点を解説します!

クレンジングオイルで肌が荒れてしまった…合わなかったのかな?という経験はありませんか?

高い洗浄力を持つクレンジングオイルは、使い方を間違えると肌荒れの原因になることがあります。

クレンジングオイルは肌との相性も大切ですが、正しい方法で使うことも健康な肌を保つためには重要です。今回は、クレンジングオイルの正しい使い方を解説します。

クレンジング剤の種類

化粧を落とすクレンジング剤にはオイル、ミルク、ジェルなどさまざまなタイプがあり、洗浄力の強さが異なります。

クレンジングオイル

オイルベースのクレンジングは、濃いメイクもしっかり落とせます。洗浄力が強いので、しっかりメイクをする方におすすめ。すすぎは念入りに行い、クレンジング後はしっかりと保湿するようにしましょう。

まつげエクステはオイルクレンジングに弱いので注意が必要ですが、クレンジングオイルの中には対応している商品もあります。

クレンジングリキッド

クレンジングリキッドは水ベースのクレンジング剤。洗浄力は強めで、オイルよりもさらっとした使用感です。クレンジングオイルが合わないけれど、メイクはしっかり落としたいという方や、クレンジングオイルに弱いまつげエクステをしている方におすすめです。

クレンジングジェル

ジェル状のテクスチャーが肌に優しいクレンジングです。他のタイプに比べて肌への摩擦が弱く、優しく洗い上がります。さらっとした使用感が好きな方にもおすすめ。オイル入りや低刺激など、さまざまなタイプがあります。

クレンジングバーム

保湿に優れた、なめらかな使用感のクレンジング。しっとりとした洗い上がりが好きな方におすすめです。バーム状のものをスパチュラなどですくい、手で柔らかくして使います。ジェルよりもしっかり落とせるものが多いのも特徴的です。

クレンジングミルク

ミルクタイプのクレンジングは低刺激で肌に優しく、どちらかといえば洗浄力も低めなのが特徴です。落としやすいメイク用品を使う方や、肌になるべく負担をかけたくない方におすすめ。ミルクの油分で比較的しっとりとした洗い上がりになります。

クレンジングオイルの正しい使い方と注意点

クレンジングオイルはメーカーの指定する用法、用量を守ることが基本ですが、共通する使い方や注意点もあります。

説明をよく読み、用法と用量をきちんと守ろう

クレンジングオイルは使用時に手や顔が乾いていないといけないものや、濡れていても使えるもの、W洗顔の要・不要など、メーカーによって使い方が異なります。

効果を実感する為には推奨される使い方をきちんと守りましょう。

使用量や使い方を守らないと、メイクをきちんと落とせなかったり、肌荒れの原因になったりするので注意が必要です。

クレンジングはTゾーンから乗せよう

皮脂などの汚れがたまりやすい鼻や、おでこなどのTゾーンから先にクレンジング剤を乗せ、乾燥しやすくメイクが薄く乗っている頬などは最後に乗せましょう。

時間差を作ることによって、刺激に弱い部分への負担を減らすことができます。

特に目の周りの皮膚は薄く繊細です。アイメイクをしっかりとしている日は、目元専用のポイントメイクリムーバーを先に使い、その後にクレンジングオイルで顔全体のメイクを落としましょう。

こすらず、手早く落とそう

クレンジングオイルは洗浄力の強さが特徴です。肌をゴシゴシとこすったり、クレンジングにかける時間が長すぎたりすると、肌に負担がかかる恐れがあります。

クレンジング剤を肌に乗せたら、指の腹で優しく円を描き、なでるようにして馴染ませて手早くメイクを落としましょう。

すすぎはぬるま湯で!

クレンジングオイルのほとんどのメーカーが、すすぎにぬるま湯を指定しています。

すすぎの水が熱すぎると肌の油分を落としすぎて乾燥を招き、また冷たすぎる水ではメイクを充分に落としきれず、肌荒れの原因になることも。

すすぎの際は、熱すぎたり、冷たすぎたりする水は避けましょう。

クレンジング後にはしっかりスキンケアを!

念入りに汚れを落としたクレンジング後の肌は、いつもより乾燥しがち。また洗顔後からスキンケアまでの時間が空いてしまうと、肌の水分が逃げてしまいます。

クレンジング後は、化粧水や乳液で速やかにしっかり保湿しましょう。

男性もクレンジングオイルは必要なの?

メンズ用化粧品や日焼け止めを使っている男性にも、クレンジングは必要です。

化粧品や日焼け止めが肌に残っていると、乾燥や肌荒れの原因になってしまうので、1日の終わりにはしっかり落とすことが大切。

普通の石鹸では落ちにくいものが多いので、洗顔の際にはクレンジングを使いましょう。

人気のクレンジングオイル6選

ファンケル マイルドクレンジングオイル

独自の「するんとオフオイルα」と「毛穴つるすべオイル」で、しっかりメイクから毛穴汚れまですっきりと落とせる大人気のアイテム。

使用後はざらつきが消え、つるつるの肌になると評判です。また洗顔後にありがちなツッパリ感も無く、しっとりとした洗い上がりに。

メイク落としの1番最初に使ってください。濡れた手でも使えます。

シュウウエムラ アルティム8∞スブリム ビューティー クレンジングオイル

人の皮脂と同じ成分が含まれる日本産椿オイルが使用された、98%が自然由来成分で出来ているクレンジングオイルです。

スキンケア成分が約75%配合されており、使うほどに肌が綺麗になったとの声も。肌への摩擦0のなめらかな使用感で、メイクがするっと落ちます。

メイクを落とす機能だけでは物足りない方におすすめです。クレンジング後の洗顔は不要。乾いた手で使ってください。

THREE バランシング クレンジングオイル

オーガニック化粧品の国際基準「COSMOS」を取得した、THREEのバランシングラインのクレンジングオイルです。

サラサラとしたテクスチャーの精油・植物油ベースのオイルは、その成分のほとんどが天然由来。

精油の香りに包まれながら、メイクや皮脂汚れを優しく浮かせて落とし、洗い上がりはしっとりとした肌になります。良い香りに癒されたい方、肌への優しさこだわりたい方におすすめ。乾いた手で使用してください。

ドクターシーラボ ナチュラル クレンジングオイル

ホホバ種子油、マカデミア種子油、ヒマワリ 種子油、ハトムギ油など7種類の植物オイルが配合された、自然派クレンジングオイル。

無鉱物油・パラベン、アルコールフリーで肌に優しい処方です。メイクだけでなく、古い角質や毛穴汚れにもアプローチし、くすみの無い肌へ導きます。

植物由来のクレンジングオイルが気になる方におすすめです。濡れた手でも使用できるので、お風呂で手軽に使えますよ。

カウブランド 無添加メイク落としオイル

牛乳石鹸でおなじみのカウブランド発のクレンジングオイル。防腐剤や品質安定剤、鉱物油、アルコールフリーでとことん低刺激にこだわっています。

人の肌と同じ構造の保湿成分で、優しくうるおいますよ。低刺激なクレンジングオイルをお探しの方におすすめです。濡れた手でも使えます。

肌ラボ 極潤オイルクレンジング – ロート製薬

高純度オリーブオイルと独自の「スーパーヒアルロン酸」「肌吸着型ヒアルロン酸」を配合した、優しい使用感のクレンジングオイルです。

うるおいを守りながらメイクを落とし、使用後もしっとりとした肌が続きます。コストパフォーマンスと保湿を重視する方におすすめです。

鉱物油、アルコールフリー。乾いた手で使ってください。

クレンジングオイルを正しく使って美肌を作ろう!

洗浄力の強いクレンジングオイルですが、正しく使えば肌に負担をかけずにしっかりとメイクをオフできます。

またメーカーごとに美肌成分が配合されていたり、肌への負担を低くする工夫がされていたりと、メイクを落とす以上の効果を期待できますよ。

効果的なスキンケアには、自分に合うクレンジングを正しく使うことが重要です。あなたの肌を美しくしてくれるクレンジングオイルを探してみてくださいね。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事