家族で観たい子供向け映画を調査!小学生向けや未就学児におすすめの人気映画24選

休日や夜のリラックスタイムに親子で映画鑑賞をして過ごすのもいいですよね。子供向け映画といってもアニメや実写版、お笑い系のものからファンタジー、感動映画までとさまざま。そこで今回は、ママパパがおすすめする親子で楽しめる映画についてまとめてみました!ママパパの感想とともに紹介します。

家族で見たい!人気の子供向け映画を調査!

3~12歳のお子さんをもつママパパに子供向けの映画についてアンケートを実施。実際に子供に見せて良かったと感じた映画を教えてもらいました。小学生・未就学児向けにわけて子供向けのおすすめ人気映画を紹介します!

見ていてわくわくする映画、幸せ気分に浸れる映画、人生について考えさせられる映画、笑いあり涙ありの感動映画などさまざまなジャンルのおすすめ映画が登場します。

小学生に人気の子供向け映画18選

まずは、学びあり感動ありの小学生が楽しめる映画を教えてもらいました!

ドラえもん のび太の新恐竜

のび太が恐竜の卵を見つけて恐竜の双子の赤ちゃんキューとミーを育てることに。キューとミーを6600万年前の仲間の元に戻すためにのび太たちの大冒険が始まります。心温まるストーリーに子供たちも映画を通して新たな学びを発見するはず!

★ママパパの口コミ

「恐竜を育てることと、人になにかを求めるなら自分も努力しなければならないことを映画で表現してくれた。この映画を見て何か少しでもくみ取ってくれると嬉しい。」(40代・神奈川県・子ども2人)
「毎回内容が変わり、わくわくしていろんなことが起こるからです。」(40代・富山県・子ども3人)
「のび太の新恐竜」がドラえもん50周年記念作品として 2020年3月公開!|ドラえもんの映画ヒストリーをおさらい
国民的名作として、世代を超えて広く親しまれる「ドラえもん」。藤子・F・不二雄先生がその生涯の中で最も長く描きつづけた代表作でもあります。 ...

アナと雪の女王


世界各国の言葉で歌われた「アナと雪の女王」の主題歌は、世界中で話題となり今では子供たちから大人気のディズニープリンセスとなったエルサとアナ。きらめく不思議な魔法と美しい雪景色の映像ととともに姉妹の絆を描いた2人のプリンセスの物語です。

★ママパパの口コミ

「映像や姉妹の絆」(40代・広島県・子ども4人)
「歌がいい」(40代・東京都・子ども3人)

トイ・ストーリー


人間の知らないところで繰り広げられるおもちゃの世界。ユーモラス溢れるかわいいおもちゃのキャラクターが続々登場し、子供たちの夢が広がる映画です。おもちゃの気持ちがわかるよになったなど物を大切にする心も教えてくれます。

★ママパパの口コミ

「物を大切にするようになった。」(30代・栃木県・子ども2人)
「トイ・ストーリーは小学生の子供はもちろん、3歳児でも見てて楽しいみたいで子ども3人とも高評価です。」(30代・愛知県・子ども3人)

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲


劇場版の第1作目でもある「劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲」。人工的に作られコピーとして生まれたポケモンミュウツーが人間に逆襲!大人も涙すると話題になった一作です。毎回人気の劇場版ポケモンの最新作「ポケモンココ」は、12月に公開予定!

★ママパパの口コミ

「親子で楽しめる」(20代・宮城県・子ども1人)
「とにかく楽しそうにしてるし、『可愛い』『格好良い』といろいろな感想を話してくれます。」(30代・兵庫県・子ども1人)
『劇場版ポケットモンスター ココ』の「掟の歌」ダンスを親子で楽しく踊ろう♪ジャングルのビートにテンションMAX!
「劇場版ポケットモンスター ココ」のテーマソングを岡崎体育さんがプロデュース! 12月25日(金)の公開が今から待ち遠しい「劇場版...

Mr.インクレディブル


スーパーヒーロー廃止制度により、Mr.インクレディブルことボブと妻ヘレンは特別なパワーをもつ3人の子供と普通の家族として暮らしていたある日のこと…。悪を前にスーパーヒーローとして立ち向かい再び活躍する姿に子供たちも思わず立ち上がって応援してしまうほど!

★ママパパの口コミ

「わくわく、ドキドキの気持ちを映像、音楽で体全身で感じることができる」(40代・兵庫県・子ども1人)

千と千尋の神隠し


不思議な世界に迷い込んだ主人公の千尋が、豚となってしまった両親を人間に戻し元の人間の世界に戻るために奮闘する姿を描いています。10歳の千尋が、両親を助けるために奇妙な生き物と上手く付き合い、油屋で懸命に働くその姿をみて自分と照らし合わせて考える子供もいるようです。

★ママパパの口コミ

「子どもの知育のためにもなるので。」(30代・千葉県・子ども3人)
「いい映画」(50代・東京都・子ども2人)

天空の城ラピュタ


少女シータがもつ不思議な力をもつ謎の青い石。政府組織やドーラ一家がこの不思議な青い石を狙っているなか、シータは少年パズーに助けられます。かつて存在した空に浮かぶ伝説の城ラピュタを追う夢あるストーリーです。

★ママパパの口コミ

「夢がある」(40代・北海道・子ども2人)

名探偵コナン紺青の拳


劇場版名探偵コナンは過去23作品公開されており、新作映画が出るたびに最高興行収入記録を更新。昨年公開されたシンガポールのマリーナベイサンズを舞台にした「名探偵コナン 紺青の拳」は、過去最高の興行収入となり大人気に!2021年4月には、「名探偵コナン緋色の弾丸」が公開予定で今後も劇場版コナンから目が離せない!

★ママパパの口コミ

「普段から大好きだから」(40代・東京都・子ども1人)
「驚きと感動で、私が好きだから。」(40代・広島県・子ども1人)

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦


戦国時代にタイムスリップしたしんのすけ。ある侍に出会い城に連れていかれると、夢に出てきた簾姫が!しんのすけが様々な騒動に巻き込まれていきます。笑いばかりでなく、ラストシーンには感動の涙が待っています。映画クレヨンしんちゃんシリーズの28作品となる「激突!ラクガキングダムとほぼ4人の勇者たち」は現在大ヒット上映中です。

★ママパパの口コミ

「感動して、守ったり責任感を学べるから」(30代・愛知県・子ども2人)
「劇場版などの感動ストーリーには声をあげて泣いてます。」(30代・千葉県・子ども3人)

ザ・グレーテストショーマン


エンターテイナーであったバーナムの伝記をヒュー・ジャックマンが演じたミュージカル映画。成功と挫折、家族や友人の大切さなど人生について深く考えさせられる内容です。ミュージカルの楽しさを子供に教えてくれるという点でもおすすめのようです。

★ママパパの口コミ

「ミュージカルの楽しさを分かりやすく楽しめる」(40代・千葉県・子ども2人)

サバイバルファミリー


ある日電気、そして水道・ガスが突然止まり、東京に住むある一家が自給自足、物々交換をしながら自転車で西に向かって旅をする物語。現実に起こるかもしれないストーリーに恐怖も感じつつ、この映画を見て防災の準備・点検をする人も増えそうです。サバイバル知識が所々紹介されているので勉強にもなります。

★ママパパの口コミ

「現実に起こるかも、起こったらどうしようと思える内容で面白かった」(40代・千葉県・子ども2人)

シンデレラ


歴史をこえて世界中で親しまれているグリム童話「シンデレラ」の実写版を映画化。きらめく魔法とガラスの靴、豪華な衣装をまとい舞踏会で踊る華麗なシンデレラの美しい映像にみているだけで心も弾みます。

★ママパパの口コミ

「映像がきれいで迫力があったから。」(40代・埼玉県・子ども1人)

ズートピア


ウサギで初めて警察官となったジュディがかつて詐欺師だったキツネのニックと事件を解決していく物語。さまざまな動物がそれぞれの個性をいかしたキャラクターとして登場し、笑いあり感動ありのディズニーアニメ映画です。

★ママパパの口コミ

「何度みても色々な発見がある」(40代・新潟県・子ども2人)

天気の子


家出少年でもある主人公の森嶋帆高が特別な能力を持つ少女天野陽菜と出会います。経済的にも困っていた陽菜は祈ることで晴れにすることができる特別な能力を使って仕事を始めることに。しかし、その能力と引き換えに陽菜の身体は薄く透明に…。果たして帆高は、陽菜と再開できるのでしょうか。

★ママパパの口コミ

「とてもおもしろかったと何回も言うので。」(30代・兵庫県・子ども2人)

スタンドバイミードラえもん


何をしてもうまくいかないのび太がタイムマシンに乗って22世紀からやってきたドラえもんとの出会いの場面からスタート。エンディングのシーンは小さい頃にドラえもんを見ていたパパママはもちろん、感動で涙する子供も。3Dの映像で新しいドラえもんに出会うこともできます。

★ママパパの口コミ

「ドラえもんとのび太、泣ける」(40代・神奈川県・子ども2人)
主題歌は菅田将暉さんが歌う「虹」!映画『 STAND BY ME ドラえもん 2 』11月20日(金)公開決定
国民的キャラクター「ドラえもん」の50周年記念の年、夏の映画ドラえもん(『映画ドラえもん のび太の新恐竜』 8月7日公開)に加え、3...

魔女の宅急便


13歳の満月の夜に魔女の修業に旅立ち新しい街に住み始めた魔女のキキ。新しい暮らしと出会いにより、一人前の魔女としてキキが成長する姿が描かれています。きれいな街並み風景と音楽にも癒されます。

★ママパパの口コミ

「主人公が壁にぶち当たり、もがきながら成長する姿が描かれていて、いつか子供もそのような経験をするだろうから。」(30代・福岡県・子ども1人)

ドラえもん月面探査機


ドラえもんと月で大冒険!ドラえもんの道具で月の裏側に作ったウサギ王国に転校生のルカとのび太たちが一緒にいくことに。しかし突然宇宙船が現れ、ルカたちが連れ去られてしまいます。月面そして宇宙に興味をもつきっかけにもなりそうです。

★ママパパの口コミ

「仲間たちと力を合わせて敵をやっつける、ベタなストーリーですが大人も引き込まれます」(40代・佐賀県・子ども2人)

ブラックパンサー


超人的な身体能力をもつブラックパンサーは世界を守るスーパーヒーロー。若き国王そしてブラックパンサーの二つの顔を持つティ・チャラははたして使命を果たすことができるのでしょうか!?アメコミの実写映画版であり、多くがアフリカ系のキャストである点でも話題となった作品です。

★ママパパの口コミ

「アフリカンアメリカン初のスーパーヒーローだから」(40代・東京都・子ども1人)

未就学児に人気の子ども向け映画6選

次に未就学児におすすめの人気映画をご紹介。かわいいキャラクターが登場し、小さなお子さんでもわかりやすいストーリになっている映画です。

となりのトトロ


もしかしたらトトロに会えるかも!と子供に夢を与えてくれるジブリ映画。にょろにょろや猫バス、まっくろくろすけなどかわいいキャラクターにも癒されやさしい気持ちにしてくれます。

★ママパパの口コミ

「かわいいキャラクターが出てくるので、興味を持って楽しく見られる。」(30代・埼玉県・子ども1人)
「子どもならではのトトロに会えるかも!という夢がある」(30代・大阪府・子ども2人)

アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫


自分でアイスを作ることができないアイスの国のおひめさまバニラ姫がアイスの国を飛び出しコキンちゃんと出会います。果たしてバニラ姫はアイスが作れるようになるのでしょうか?!特に乳幼児から大人気のアンパンマンは映画デビューにもおすすめです。

★ママパパの口コミ

「何が大切か、子供にとってもよくわかる内容だから」(40代・神奈川県・子ども2人)
「色々なキャラクターに釘付けになってました。」(30代・千葉県・子ども2人)

映画 HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ


謎の怪物によって子供にさせられたプリキュアたち。小さくなったプリキュアが最高にかわいいと評判です。15周年で公開された映画で、歴代のプリキュアが出てくるのもうれしいポイント。劇場版のプリキュアでは、映画館の来場者(中学生以下)に異なるテーマのミラクルライトがプレゼントされ、映画を見ながら参加できる設定になっているのも人気の秘密です。

★ママパパの口コミ

「ペンライトがもらえるので、嬉しそうだった」(40代・大阪府・子ども1人)

カーズ


赤いボディが特徴でレースに勝つことしか考えていなかったレーサーカー、ライトニング・マックィーンが挫折とさまざまな出会いによって人生について考えるように。車好きな子供は一度はハマる「カーズ」ですが、大人も考えさせられるディズニー映画です。

★ママパパの口コミ

「話がわかりやすい。 仲間を大切にしているから。」(40代・東京都・子ども1人)

ペット


主人公の犬マックスを中心に飼い主が留守の間に繰り広げられるペットの世界。ユーモラス溢れる出来事をペット目線で描いています。かわいいキャラクターたちが次々と登場し、一本一本のふわふわな毛並みまで見えるほどのハイクオリティのCGアニメに大人も感動!

★ママパパの口コミ

「ウサギが犬を助けるシーンで優しさを学んでくれていると思うから」(30代・石川県・子ども2人)

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション


新時代の「仮面ライダーゼロワン」が平成で歴史の幕を閉じたはずの「仮面ライダージオウ」と交わる!?ゼロワン誕生に隠された秘話とジオウ終幕の日が描かれています。

★ママパパの口コミ

「テレビ版の番外編のような内容で、でも少しストーリーがつながっていて、子どもが夢中になれる」(40代・愛知県・子ども1人)
子供と見たい動物映画10選|泣けるアニメや名作洋画など子供向けをご紹介
笑いあり感動ありで、ご家族での鑑賞におすすめの「動物映画」をピックアップしました。ディズニー映画など子供に人気のアニメ映画をはじめ、吹き替え...

たまには家族みんなで映画鑑賞のひと時を

お笑い系から感動もの、学べるものまで子供向け映画もさまざまあります。家族みんなで鑑賞して、映画の内容について家族で語り合うのも映画の楽しみ方のひとつ。その時の気分に合わせてみんなで話し合って映画を選ぶのも楽しそうですね。

この冬は家族みんなでゆっくり映画鑑賞の時間をつくってみてください!

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事