年末の挨拶で関係をよくしよう! ママ友(パパ友)が喜ぶ距離感とプチギフトも

ママ友・パパ友の間で行われる年末の挨拶に、頭を悩ませているママ・パパはたくさんいます。そこで、挨拶をするかしないかの判断ポイント・挨拶の方法・おすすめギフトについてまとめました。ママ友・パパ友とよい関係を保つための、ベストな方法を探してみましょう。

ママ友(パパ友)同士で年末年始の挨拶は必要?

年末年始が近づくと、大掃除に新年の準備、義実家への挨拶などでママ・パパたちは大わらわです。そんな中、頭を悩ませるものの一つが「ママ友・パパ友への年末の挨拶」ではないでしょうか。

「きちんと挨拶をしなければいけないの?」という、そもそもの疑問から解決していきましょう。

必須の挨拶ではない

前提として、ママ友・パパ友への年末の挨拶は必須ではありません。しなかったからといって特にマナー違反になるわけではないので、あまり重く考えなくて大丈夫です。

最近では「個人情報を教えたくない」という人も少なくありません。家を行き来するような仲でもなければ、むやみに住所を聞かないでおくという配慮も必要といえます。

顔を合わせる機会があれば、そのついでに簡単な挨拶をする程度で十分でしょう。もし、相手から「挨拶に伺いたい」と言われたら、こちらも住所を聞いておくとよいですね。

お互いの距離感によって判断しよう

もちろん、節目にはきちんと挨拶をしておきたいという人もいるでしょう。ただ、知り合ったママ友・パパ友全員に挨拶するというわけにもいきません。

ご近所・幼稚園や学校・習い事など、所属するコミュニティーが多いほどママ友・パパ友は増えますし、子どもの数だけママ友・パパ友も倍増します。

挨拶をする人・しない人の線引きポイントは「密な付き合いがあるかどうか」という点です。親しく付き合っている人や、子ども関係で今後も長く付き合いが続きそうな人には、丁寧に挨拶をしておくと好印象でしょう。

年末の挨拶は「よいお年を」?

年末の挨拶でよく聞くセリフといえば「よいお年を」が真っ先に頭に浮かびます。決まり文句のようなものなので、特に意識せず使っている人がほとんどではないでしょうか。

しかし実は、「よいお年を」が適切ではないタイミングがあるのです。そこで、この機会に正しい言葉の意味を把握しておきましょう。

残りと新しい1年に対する言葉

昔の人々は、1年間でたまったツケを年末に支払い、大掃除をして歳神様を迎える準備を整えていました。この忙しい時期に「お互い大変ですけどよい年を迎えられるように頑張りましょうね」と言い合っていたのです。

つまり、「よいお年を」とは「よいお年をお迎えください」という意味になります。新年が明けた年始に使うのはもちろん、新年の準備がすでに終わっている大みそかに使うのも、本来であれば正しいタイミングではありません。

ただ、「言葉は生き物」というように、その時代によって意味も変わっていくものです。もしかしたら今後「本年もよいお年をお過ごしください」の意味で新年に使われるのが一般的になる日が来るかもしれませんね。

直接の他にLINEやカードでもOK

社交的なママ・パパさんだと、親しくしているママ友・パパ友もたくさんいるでしょう。そうなると、直接全員に挨拶して回るのは大きな負担になってしまいます。そんなときは、LINEやカードを利用すると便利です。

「LINEではそっけなくなるのでは?」と心配な場合は、スタンプを使って華やかにしてみてはいかがでしょうか。相手の名前を入れ、子どものことにも触れておくと、より心のこもった文面になります。

SNSが普及した現代だからこそ、あえてカードで挨拶するというのも特別感があるでしょう。

仲良しさんにはぜひ!おすすめプチギフト

特に親しくしている仲良しなママ友・パパ友には、メッセージにちょっとしたギフトを添えるのもおすすめです。相手に気を遣わせない、でも「もらうとうれしいプチギフト」を紹介します。

何枚あっても困らないタオル

値段も手頃で邪魔にならないギフトといえば「タオル」です。優れた吸水性のあるものや、ふわりとした手触りのものなど、少しこだわりのあるタオルを贈ると喜ばれるでしょう。

タオルはどこの家庭でも使うものですし、子どもが小さいうちは何かと出番が多いアイテムなので、何枚あっても困りません。テーブルに常備して、こぼした飲み物をサっと拭えるおしゃれな「ふきん」もおすすめです。

赤ちゃん用バスタオルおすすめ12選|可愛くて機能的なものを選ぼう。自宅用にもギフトにも
赤ちゃん用バスタオルって、大人用と違うの? 出産準備に赤ちゃんのお風呂グッズは欠かせませんよね。赤ちゃん用バスタオルは、赤ちゃんの敏感...
子供用ハンカチまとめ|おすすめのミニタオルハンカチやハンカチ入れポーチの作り方をご紹介
幼稚園や保育園、小学校に持っていく子供用ハンカチ。ポケットに収まりやすいよう、薄手でコンパクトなものが理想です。 この記事では...

お部屋を彩る生花

「生花」はいろいろな場面でのお礼に使いやすく、人気が高いギフトの一つです。インテリアに彩りを添え、空間をパっと華やいだ印象にしてくれます。

「ほしいとは思うけれど自分ではなかなか購入しない」という人も多いでしょう。そういったアイテムほど、ギフトでもらうとうれしいものです。

≫花キューピット公式HP

≫日比谷花壇公式HP

手間をかけてしまわないか心配であれば、ボトルの中に植物を入れた「ハーバリウム」なら置いておくだけで水やりの世話も要りません。

チョコや果物など消え物もおすすめ

おすすめギフトの三つ目は「消え物」です。スイーツなら子どもも一緒に楽しめるので、ママ友・パパ友に贈るのにぴったりといえるでしょう。もちろん「趣味に合わなかったらどうしよう」といった心配も無用です。

オーガニックな素材にこだわったものや、デザインの凝ったものにすると、よりギフトらしくなります。「クッキー」「チョコレート」「ジャム」など、見た目にも楽しいスイーツを探してみましょう。

プチギフトにぴったり!名前やメッセージ入りのオリジナルお菓子が作れるサービスをご紹介
ブライダルのプチギフトや出産の内祝い、異動や退職などさまざまな場面で、ちょっとしたギフトを贈りたくなりますよね。 市販されてい...
プレゼント用お菓子レシピ27選|もらって嬉しいプレゼントお菓子、クリスマス向け、手軽に渡せる日持ちするお菓子を徹底紹介
持ち寄りやちょっとしたアニバーサリーなどにさらりとお菓子をプレゼントできるママって憧れますよね。自分がもらっても嬉しい可愛いお菓子、大量に手...

気持ちよい挨拶で一年の締めくくりを

情報交換や子ども同士の付き合いなど、ママ友・パパ友とは普段から何かと助け合っていることでしょう。「今年も一年ありがとう」という気持ちを伝えるのに、年末の挨拶はとてもよい機会といえます。

挨拶をするのは面倒でも、仲良しのママ友・パパ友から挨拶があるとうれしいと感じる人は案外多いものです。大事なママ友・パパ友には「あなたのことを大切なお友達だと思っています」という意味を込めて、新年もよい関係を築いていきましょう。

構成・文/HugKum編集部

年末年始の帰省に褒められ「鉄板土産」を言いたい放題!【HugKumスイーツ調査隊・年の瀬の陣】
みなさん、帰省するときの手土産やお年賀ってどれにするか決めていますか? HugKum編集部では「次回の会議に、みんなのイチオシの手土...

編集部おすすめ

関連記事