離乳食にマカロニはいつから?アレルギーなどの注意点や量の目安、使い方&おすすめレシピを紹介

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。グラタンやサラダに入れて美味しいマカロニは子どもが好きな食材の一つです。離乳食に使う時の注意点やおすすめレシピを紹介します。

離乳食にマカロニはいつから?

離乳食にマカロニはいつから与えて良いのでしょうか。まずは始める時期の目安と注意点をお話しします。

マカロニは離乳食中期から

マカロニにチャレンジする目安は、離乳食中期の後半ごろです。順番としては、パンがゆや食パンなどの小麦の食品を何度か食べ、体調に変化なく順調に食べることができたらマカロニにチャンレンジできます。

アレルギーにも注意して

マカロニは小麦の食品です。小麦はアレルギー表示7品目の一つですので最初は慎重に与えます。どの食品も共通しますが、マカロニも最初に食べるときはひとさじからスタートさせ、食べた後は身体に変化はないか身体観察をするようにしましょう。

アレルギー以外の注意点

マカロニなどのパスタ類は、うどんよりも固くてコシがあり、茹でてもやわらかくなりにくいので、月齢が低いほど長く湯がき、小さく刻むことが基本になります。

時期別のマカロニの量の目安

では、各時期のマカロニの目安量です。乾麺をゆでると、おおよそ2.5倍に膨れ上がります。

離乳食中期

離乳食中期はマカロニを食べ始めの時期です。最初はひとさじからスタートします。

乾麺だと12~13g程度。茹でたものは30g程度を目安に与えましょう。

離乳食後期

離乳食後期になると、離乳食の献立のメインでマカロニを取り入れてもいいでしょう。

乾麺だと25~30g程度。茹でたものは60~80g程度を目安に与えましょう。

離乳食完了期

離乳食完了期になり、前歯で食べ物を噛み切れるようになってくると、やわらかく茹でたマカロニをそのまま手づかみで食べられるようになります。

乾麺だと30g程度。茹でたものは80g程度を目安に与えましょう。

離乳食のマカロニの基本の使い方

離乳食に使うマカロニの基本の使い方、茹で方やおすすめの食材、保存方法についてお話しします。

マカロニの茹で方

マカロニの茹で時間はあくまで大人用。離乳食に使う時は袋の表示の2倍を目安に湯がきます。茹でるときは、大人は塩を入れることもありますが、離乳食には塩なしでゆでます。茹でた後に細かく刻むのは、なかなか手間がかかりますので、乾燥している時に細かく砕いてから湯がいてもOKです。

マカロニと合わせるおすすめ食材

マカロニはさまざまな食材と合わせて美味しいです。

肉や魚

肉魚は、鶏肉や鮭、しらす、ツナなど。

野菜

ブロッコリー、トマト、玉ねぎ、にんじん、ほうれん草、コーンなど。
かぼちゃやきな粉を使えばおやつにもなります。

茹でたマカロニの保存方法

茹でたマカロニは、1回分を小分けして容器に入れ冷凍、冷蔵保存できます。

冷蔵保存のポイント

冷蔵したマカロニは加熱してから与えます。また、2日以内に食べきるようにしましょう。

冷凍保存のポイント

冷凍したマカロニはもう一度茹でるとよりおいしく仕上がります。また、1週間以内に食べきるようにしましょう。

時期別おすすめマカロニレシピ

離乳食中期 かぼちゃのマカロニグラタン

材料

マカロニ(ゆでたもの) 30g
かぼちゃ 15g
牛乳 20ml
カッテージチーズ 5g

作り方

1.茹でたマカロニを小さく刻む。かぼちゃは、皮、種、ワタを取り除き1㎝幅に切る

2.かぼちゃをお湯で湯がいて軟らかくなったら取り出し細かくつぶす。

3.器に、2、マカロニ、牛乳、カッテージチーズを入れ混ぜ合わせ、トースターで3分温める

離乳食後期 マカロニトマトサラダ

材料

マカロニ(ゆでたもの) 30g
トマト 10g
卵 15g
ヨーグルト 10g

作り方

1.茹でたマカロニを5㎜に切る。トマトは茹でて皮と種を取り除き5㎜に切る。卵は固ゆで卵にして5㎜に切る。

2.1とヨーグルトを和える

離乳食完了期 マカロニきなこ

材料

マカロニ(ゆでたもの) 30~40g
きな粉 小さじ1
きび砂糖 小さじ1/4

作り方

1.マカロニを表示の倍の時間ゆがいて湯切りする

2.きな粉ときび砂糖と混ぜ合わせる

離乳食完了期 マカロニ青のり

材料

マカロニ(ゆでたもの) 30~40g
青海苔 適量
しらす 5g

作り方

1.マカロニを表示の2倍の時間ゆがいて湯切りする。しらすは湯がいて塩抜きする

2.1と青のりと混ぜ合わせる

離乳食のマカロニに関するママパパの体験談

HugKum編集部では、0~2歳の子を持つママやパパを対象に離乳食でのマカロニについて、アンケート調査しました。離乳食でマカロニはどのように調理したか、工夫していることやアレンジ方法のアイディアをを教えていただいたきました。

マカロニサラダやグラタンにする

一番多かったのはマカロニサラダやグラタンなどの定番料理を赤ちゃん向けの味付けにして食べさせたという回答でした。柔らかく茹でて、細かく切って赤ちゃんも食べやすいように調理すると美味しそうに食べてくれたようです。

「柔らかく茹でると、美味しそうに食べる」(30代・神奈川県・子ども2人)
「マカロニサラダやペンネグラタンにした。好んで食べてくれた」(20代・埼玉県・子ども1人)

牛乳で煮る

マカロニを牛乳で煮るというアイディアも。マカロニはホワイトソースなどのクリーム系と相性がいいので、赤ちゃんも美味しく食べられそうですね。

「牛乳で煮る。よく食べた」(30代・愛知県・子ども2人)

きなこをまぶしておやつにする

前述のレシピでも紹介したような、きなこをまぶしておやつ感覚であげると赤ちゃんも食べやすく、パクパクと食べてくれたとの声も。

「きなこをまぶしておやつ。ぱくぱく食べた」(30代・千葉県・子ども2人)

食べなれた野菜とスープにする

赤ちゃんが食べなれている好きな野菜と一緒にスープを作るのもおすすめです。好きな野菜と一緒なら食べやすく、抵抗なく食べ進めてくれそうです。

「スープの具にして、キッチンバサミで食べやすく切って出しました。好きな野菜と一緒にスープに入れると、特に抵抗なく食べました。」(30代・滋賀県・子ども1人)

離乳食に人気のマカロニはこれ!

続いて、離乳食では実際にどんな商品のマカロニを使っているかも聞いてみました。ママやパパから特に人気の集まった2商品をご紹介します。

らくらくまんま ベビーのマカロニ

9か月の赤ちゃんから食べられる和光堂のマカロニは柔らかく、面倒な下ごしらえもいらないので手軽に使いやすいので人気です。赤ちゃんが食べやすいようにあらかじめ短くカットされています。

「大きさや柔らかさが子供用なので、記載通りに作れば良いので重宝した」(40代・宮城県・子ども1人)

マ・マー 早ゆで3分サラダマカロニ

離乳食ではマカロニの茹で時間を倍にして柔らかくするため、早ゆでの商品があると便利。ママーの早ゆでマカロニは使いやすく味も美味しいとの声が聞こえてきました。

「はや茹でなので柔らかくなるのが早く使い勝手が良い。」(20代・大阪府・子ども2人)
「茹で時間が早いことが使いやすい。美味しい。」 (30代・神奈川県・子ども2人)

普段の離乳食にマカロニも取り入れて、いろいろな味や食感を楽しんでください!

 

離乳食にグラタンはいつから?おすすめ具材や取り分け方法、ホワイトソースの簡単レシピも
こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。今回のテーマは「グラタン」。大人も好きな方多いのではないでしょうか??私の保育所でもグラタン...

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在15歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、22年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する和の離乳食パクパクセミナー、離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで4000人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事